discover essei Like the discovery smartphone camera

花月庵 武蔵関(練馬区)で人気の蕎麦屋さん

投稿日:

撮った記憶はあるのだけれど…スマホの中にあった

写真を拡大して見ると読めるんだけど
黒板(緑版だけど)に白のチョークで
「3月25日(金)は 息子が卒業式のため
お休みさせていただきます
6年間がんばった息子に
たくさん おめでとうを伝えたいと思います!!」と
いいねぇ、
なんとなく
ホンワカ…
ホノボノとするねぇ…

こういう店だから繁盛するんだね…

自分の気持ちとお客様への気配り、
最近ではもう廃れた文化と思っていたが…
嬉しくなるねぇ…
僕が行ったのは春分の日
知合いの女性が
僕が行っては入れなかったら…
そう思って、
予約してくれていたからスンナリ入れたが
お昼に行った時には、
表でお客さんが何人も待っていた…

僕が食べたのは蒸籠、

僕は蕎麦は蒸籠と決めているの…
この日食べたのは信州の蕎麦…
とっても美味しかった。
信州蕎麦といえば、
有名な都都逸があるよね…
「信州信濃の新そばよりも 
ワタシャあんたのそばがいい」なんてね…
粋だねぇ…

それで思い出した

ある女性と蕎麦談義になってね
その女性がいうには、
浅草
雷門を背にして約50メートルほど行った右側に、
古い蕎麦屋があって、
「今まで食べたなかで、そこを超える店を知らない」というので、そこへ
確かにうまい。
旨いけど、
3かきしたら一枚(ザル)が終りだから、
入った瞬間に、
「3枚」というように注文しとくの、
その頃値段は確か、
1枚600円だった、
すると、
二人合わせて3600円、
それにお酒やら板わさ、天ぷらとっていたらねぇ…
しかし、しかし、しかし…
昭和の男はそんな無粋なことは決していわない(笑い)
そして翌日、
信州安曇野に美味しい蕎麦屋があると言ったら、
「行こう」ということになって、
車を走らせたの
着いたのが閉店間際、
なんとか食べられたのだけど、
「やっぱり浅草の方が断然美味しい」と(笑い)
帰り、
塩山の山の中を…
気がつけばガソリンが…
心細い思いで運転したのを思い出してしまった…
考えてみれば、
蕎麦を食べるために安曇野まで、
本当に本当に本当にだよね…
でもね、
そこで食べたカジカの天ぷら、
おいしかったよ…
エッ…

何んの話をしてたんだっけ、

そうそう、
武蔵関の蕎麦屋さんの気配りだったね…
ウン そう、
そういう文化がだんだんと薄れてきたのが今から4、50年程前頃からか…
その頃、気配りの勧めとか、一期一会とか…
そういう言葉が流行語になっていたもの…
僕の知り合いなんかね
「木を配るのが大切なんだ」とか、
分けのわからんことを、
で、
理由を尋ねると
「きくばりの勧め」という本が話題なの…
あほらしい…
でも、でも、でも…
やっぱりね、
そういう心遣い、
機微というのかねぇ…
大切だと思うのは、
年のせいなのだろうか… 

-discover, essei, Like the discovery, smartphone camera

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

スマホカメラで撮影、青空にオブジェ(彫刻)が印象的

君はどうなの、
そういわれると、
「裸の写真、大好き」です。
こんなことを言うと、
顰蹙かうねきっと…
でもね、
手とか、
脚とか、
その象徴の写真も撮ってるよ…
発表しないけどね、
そこにはまた、
特別の美しさがあるの…
本当に美しい…
そういうことを知らなきゃ、
花の写真、
撮れないでしょう…

地湧金蓮 黄金の蓮 神々しいよね 300日咲き続けるのだそうな

幸せは求めるものではなくて感じるもの
「じっとしててもそんな気分になる時 あるでしょう…」
「うんあるある」
それが感じられるようになったら、
それが幸せなんだ━と僕は思うの…
この写真(アップした写真)を見ていると
なんとなく なんとなくそんな感じがしてくるの
だからこれは「幸せの花」
僕はそのように思ってるのだけれどどうだろうか…

運動靴、ズック、スニーカー、シューズ何か違いはあるのか

時代とともに、呼び名が変わるの面白いね…
パンプス ボトム…
古い世代の僕たちには無用の言葉だよね…笑い
しかし しかし しかし…
僕たちが子供の頃に履いていたアメゴム底の布製の靴
あれ結構好きだったけど…
安くていいよねあれ…
でもやっぱり、
高級スポーツシューズ、
その履き心地の良さは格別のもの…
だって、

疲れないもの…
脚から歳を取る(衰える)というが、
まさなまさにまさに━と感じるこの頃である。

バンという名の水鳥 嘴が黄色なのが特徴とか

バンは「番」に「鳥」で「鷭」と書く
野鳥の一種で、
クイナ科の鳥らしい。
クイナは「水鶏」と書く。
英名で「Common Moorhen」
moorhenは沢地や荒地を指す
つまり、
沢地や荒地にすむ鶏という意味で、
別名を「waterhen」(水鶏)というのだとか
英名がついているということは、
イギリスの鳥なんだろうか…

スマホで撮影、ビルの壁が花壇、これも寄せ植え?

大きな壁面に作られた垂直の花壇
だって、
これ(写真の花壇)
横 数十メートル
高さ 数メートル
とんでもなく大きな、
壁面花壇だもの…
小さい規模だと、
御苑の僕のいる何軒か隣の壁もそうなっているけれど、
こんな大きなのを見たのは
初めて…

広告


 

名前:クボッチ

写真好き トレンドを中心に書いていきます