フォトエッセイ 写真でつくる絵本

ユリの木の花、なんとなく、アラジンの魔法のランプ連想してしまった

投稿日:

 

可愛いねユリの木の花 イソップ物語、アラジンの魔法のランプみたい

子供の頃、寝る前にお袋が読んで聞かせてくれてたの
そんな思い出が、何かの弾みでフッと、浮かんでくることが多くなってきたのは、だんだんと、子供かえりしているのだろうか…

久保君 最後にもう一冊作ってくれないか そんな電話が

別に魔法を使った分けではないけれど、前に本を書いた人から久しぶりに電話があって、
「最後にもう一冊出したいのだけれど、やってくれるかと」
嬉しいね、やればおそらくそれが僕の最後の仕事になるだろう。
しかし、400字詰め原稿用紙にして約300枚、これからそれを取材して書くのだから、気力、体力を充実させなければね…

まだ決定したわけではないのに、気持ちははや、そっちの方に向かっている。

ここに来て、そういう話がポツリポツリと、
高齢の僕に、そう言って声をかけてくれるだけでも嬉しいよね。
昔、お世話になった先輩の編集者がよく言っていた。
「久保君ね、必要になった時に思いだされる、それは極めて重要なことなんだよと」今さらながら、その言葉が身にしみる。

「なぜか、君のことが気になります」

文末にそう書いた年賀状、長いこともらってたけど…
この先輩、本当にいろんなことを教えてくれた。
なのに僕はよく喧嘩して
「もう、あなたの仕事はしません」なんて。
でも、1週間位すると「久保ちゃん、そろそろお茶飲まないか…」そういって、仕事を廻してくれた。
PHPから出した素晴らしい本を送ってくれたのが最後の通信で、あれからもう随分時間が経っているが、元気しているのだろうか、ちょっと気になる。

思えば、実に多くの人に支えられて生きてきた。

そんな思いで話を知り合いとしていたら、
「あなたは本当に不思議な人だった」と、つくづく言われてしまった。
僕はそんなに変わっているとは思わないのだけれど、人からみると、やっぱりちょっと変な奴みたい(笑い)
そうそう、元カミには「安楽院気楽居士」という戒名をつけられているし…
よし、人がそう思っているのなら、最後まで、それを貫いてやろうじゃないか…

本 どうなるかまだ分からないけれど、
連休明けに一度会いましょうといことになっている。
テーマ それは言えないけれど、僕のやりたいテーマなので、いい方向に行って欲しいと、
普段は信じないといいながら、心の中で、
「南無観世音菩薩様 南無地蔵尊菩薩様」
と、お袋に教わった御まじないを唱えている僕でした。

-フォトエッセイ, 写真でつくる絵本

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

テーブルの上の片づけ、究極の方法、とにかく一旦、下に下ろして何にもなくするだった

最後はやっぱりエイヤー 時間がある時にゆっくりやろう
そんなこんなで、ちょこちょこやってると、時間ばかり浪費して、最後には大きな箱を持ってきて、そこに全部放り込むということになってしまうのだけど、これで、片づけとか整理とか言えるのかねぇ…
でも、見た目は綺麗だよ…
だめだこりゃ、僕には、片づける才能がない。
やっぱり、掃除屋さん頼むしかないかもね…
でも、細かいところは自分でやるしかないしねぇ、
結論、見た目はキレイなったけど、中身はグチャグチャ、
これってまるで僕の人生そのものだなハハハ…

アンデスメロンに牛乳 信じられないかもしれないが、とっても美味しい

目次 メロンに牛乳、この組み合わせ、ちょっと首をかしげるよね。ユーチューブで見て、ウッソーと思いながら、やってみたんだけど、驚いたね。安売の店にまだあったら、もう少し買っておいて冷凍しとこう。牛乳 調 …

吾は菊也、そんな感じ

目次結構、主張してるよね、この花カメラマンと写真作家、何が違うのでは、写真作家というのは、どういう人ということで、通常は、 プロとして写真を撮って口を糊しながら、同時に作家としてという方法を取るのであ …

思索の空間 ベンチで君、何思う

目次ベンチのある風景…とても好きなのベンチ、今や僕の、仲のいい友達なの。 ベンチのある風景…とても好きなの 思索、もの思いにふけること… 別に大したことを考えているわけではないんだけど、 こういう所で …

思いつきでやったゴーヤの塩揉みとカニ缶(ズワイ蟹)の相性が抜群でとても美味しい

目次火を使わない僕の手料理酒の肴に抜群だけど、僕は一人では酒、飲まないのでパンの友にこの相性も抜群で、SNSに載っけたら、「あれはいい」とゴーヤの塩揉みのポイントは 火を使わない僕の手料理 フッと思い …

広告


 

名前:クボッチ

写真好き トレンドを中心に書いていきます