フォトエッセイ 写真でつくる絵本

ユリの木の花、なんとなく、アラジンの魔法のランプ連想してしまった

投稿日:

 

可愛いねユリの木の花 イソップ物語、アラジンの魔法のランプみたい

子供の頃、寝る前にお袋が読んで聞かせてくれてたの
そんな思い出が、何かの弾みでフッと、浮かんでくることが多くなってきたのは、だんだんと、子供かえりしているのだろうか…

久保君 最後にもう一冊作ってくれないか そんな電話が

別に魔法を使った分けではないけれど、前に本を書いた人から久しぶりに電話があって、
「最後にもう一冊出したいのだけれど、やってくれるかと」
嬉しいね、やればおそらくそれが僕の最後の仕事になるだろう。
しかし、400字詰め原稿用紙にして約300枚、これからそれを取材して書くのだから、気力、体力を充実させなければね…

まだ決定したわけではないのに、気持ちははや、そっちの方に向かっている。

ここに来て、そういう話がポツリポツリと、
高齢の僕に、そう言って声をかけてくれるだけでも嬉しいよね。
昔、お世話になった先輩の編集者がよく言っていた。
「久保君ね、必要になった時に思いだされる、それは極めて重要なことなんだよと」今さらながら、その言葉が身にしみる。

「なぜか、君のことが気になります」

文末にそう書いた年賀状、長いこともらってたけど…
この先輩、本当にいろんなことを教えてくれた。
なのに僕はよく喧嘩して
「もう、あなたの仕事はしません」なんて。
でも、1週間位すると「久保ちゃん、そろそろお茶飲まないか…」そういって、仕事を廻してくれた。
PHPから出した素晴らしい本を送ってくれたのが最後の通信で、あれからもう随分時間が経っているが、元気しているのだろうか、ちょっと気になる。

思えば、実に多くの人に支えられて生きてきた。

そんな思いで話を知り合いとしていたら、
「あなたは本当に不思議な人だった」と、つくづく言われてしまった。
僕はそんなに変わっているとは思わないのだけれど、人からみると、やっぱりちょっと変な奴みたい(笑い)
そうそう、元カミには「安楽院気楽居士」という戒名をつけられているし…
よし、人がそう思っているのなら、最後まで、それを貫いてやろうじゃないか…

本 どうなるかまだ分からないけれど、
連休明けに一度会いましょうといことになっている。
テーマ それは言えないけれど、僕のやりたいテーマなので、いい方向に行って欲しいと、
普段は信じないといいながら、心の中で、
「南無観世音菩薩様 南無地蔵尊菩薩様」
と、お袋に教わった御まじないを唱えている僕でした。

-フォトエッセイ, 写真でつくる絵本

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

この葉っぱを見た瞬間に、ペルソナと勝手に命名してしまった

目次モンステラ(マドカズラ4号)というのだそう初めて体験したカルチャーショックウン、僕の好きなのはベルイマン…なんちゃってね当時は、芸術論を熱く語る人が多かった先日、友人の画伯に頼まれて、絵の複写をし …

シャムの舞姫、グロッパ・ウイニティーショウガ科の花らしい

目次「シャムの舞姫」江戸時代末期、この国で活躍した日本人がいるひとつの花から、思わぬ歴史の話が、面白いね 「シャムの舞姫」 これといって特徴はないのだけれど、なんとなく惹かれると思ったら、そうなんだ、 …

ラクウショウ 呼吸根というけれど、葉っぱじゃなくて、なぜ根なの

目次ラクウショウ(落羽松)という植物の呼吸根なの。写真はその呼吸根。つまり、生きるための工夫らしい。円空仏とは  円空は生涯で12万本以上の仏像を彫ったと言われてといる。 これはねぇ、マニアックな世界 …

葉っぱ

目次自然の作るアート自然は最高のミュージアムひっつき虫をヒントにつくられたマジックテープ。なぜ、どうしては子供だけのものではない。大人になってこそ、必要なのだ 自然の作るアート 面白いよね、この模様。 …

紅いのは百日紅、夏の名残の花なんだけど、やっぱり秋だよね

目次秋の印象上田敏 堀口大学 金子光春堀口大学の秋の歌というのもある 秋の印象 赤と黄色と、更けゆく秋の空気感… 美しさの中に憂い感があって、思わず、 「ああ 秋なんだな」と言ってしまう。 秋と言えば …

広告


 

名前:クボッチ

写真好き トレンドを中心に書いていきます