コラム フォトエッセイ 写真エッセイ 雑記

ヒヨドリ、羽を広げると、本当に美しい

投稿日:

羽を広げた写真が見せたくて、再び登場願ったの

この写真、昨年もアップしているのだけれど、昨日
「ヒヨドリ、パット見た目、地味だが羽を広げると、とっても美しい」と書いたので、
やっぱり、どの位美しいかを知ってもらうために、もう一度、登場願ったのである(笑い)

それにしても、よく撮れたよね、こんなシーン、自分でも驚いているハハハ…

電子書籍でつくった、
「ブルブルとチェリーブロサッム」というタイトル、
これは、豆しば書房の豆しばさんがつけたもの。

「ネェネェ クボさん、ヒヨドリのこと調べたら英語でブルブルというんだって、で、私考えたの、ブルブルとチェリーブロッサムという写真集というか、写真絵本というか、そういうのいいと思うんだけど、やってみない」といきなり

「OH 可愛いね、いいけど写真が難物だな」
「エー、プロなんでしょう」
「昔の話だよ(笑い)」
「…」
「大丈夫よ撮れるよ」
「撮れるかなぁ、そんなの今まで撮ったことがないけど、やって見るか、暇人だし」
「やろうよ、やろうよ…」
「ヨッシ 挑戦ダァー」

それから連日公園に通って、何度も何度も失敗しながらやっと捉まえたのがこれ。

一枚撮れると、調子に乗って、飛ぶ瞬間ばかりを狙って、
ハッと気配を感じたら、シャッターを押すを繰り返していたら、段々タイミングが合うよになってきて、
感覚って面白いねぇ…
しかし、こういうのって、ハウツーにはならないよね、
「何度もなんども撮っていたら、タイミングがつかめるようになってくる」なんてね、
だって、皆が知りたいのは、楽して撮れることだものね、
でも、ハウツーというのは、その人が捉まえた感覚、その人だからできることであり、
ハウツーを読んで、なる程と思える人は、すでに、そのことに精通している人なのである。
体で覚えるものは、体に覚えさせるしかないといのが、僕の考え方なのである。

僕は、三脚も使わなければ、連写も使わない

古い感覚(概念)かも知れないけれど、
ファーストシャッターで決まらない写真は、連射しても意味がない、そう思っているのである。
尤も、人の写真などを見ていると、連射だから撮れたなと思うものもあったりするんだけどね、僕は連射は使わない…
おそらくそれは、フイルム、現像料が高かったから、そういう無駄はできないというのが、体に染みついているのかも知れない。
こうして撮った写真に
「僕ブルブル、日本ではヒヨドリと言われるけれど、ブルブルの方が気に入っているの。だから、これからはブルブルと呼んで」
こんな文章を書いてデータを豆しばさんに渡したら、
そこから、イメージを膨らませてくれ、言葉もファンタジックにしてくれて電子書籍にしてくれたの。
やっぱり、人の感覚が入り、いろいろ話していると、なんとなくよくなっていくよね、本づくりは、それが楽しい。
だって、コーヒーとかお酒とか飲みながら、そんな話で盛り上がっていると、クリエーターとしての感覚になってくるもの…(笑い)
そうなの、僕はそういう雰囲気が好きなのである。

-コラム, フォトエッセイ, 写真エッセイ, 雑記

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

雑文 日記について

目次記憶が撮らせる白いバラアドセンス資格取得は すごいビジネスチャンスを得たということらしい。やっぱりうまい昭和の書き手「日記とは、ペンを手にした瞑想である」串田孫一さんの思いで 記憶が撮らせる白いバ …

時計草、そこから今日もまた次々に頭に浮かんでくることを素直に書いて楽しむ

目次時計草、そこから連想されたのは映画「時計じかけのオレンジ」だったヌーヴェル・ヴァーグとは、 僕が学生の時代は、昭和40年頃、この時代、何か知らないけれど面白い時代だった、こういうことが、気軽に書け …

スパティーフィラム 神秘的な花だなと思ったら、名前がやっぱり仏炎苞

目次花の名前を書くのは、正直言って勇気がいる白い部分は花ではなく、花は真ん中のブツブツの棒のようなところらしいこの花を見た瞬間、白が命と感じ、それを撮ったこの花にはやっぱり神秘がよく似合う知的欲求はい …

秋陽(しゅうよう)に照らされ キラリと光る カラスウリ

目次しゅうよう(秋陽)か、いい言葉だな郷愁とは、多分、そういうのを言うんだろうね…思い出というのは、もしかしたら、頭の中で編集された記憶…いつまでも忘れられないおばちゃんとの別れ しゅうよう(秋陽)か …

ポピー ヒナゲシ 虞美人草 物語を知ってしまうと、まさにという感じ 

目次この花を有名にしたのは夏目漱石。虞とは、始皇帝亡き後、覇権を争った「項羽と劉邦」の項羽の妾のこと分らないね、人生は… 「四面楚歌」といいながら、実際には、楚の兵隊はそんなにはいなかったらしい。死ぬ …

広告


 

名前:クボッチ

写真好き トレンドを中心に書いていきます