トレンド 写真でつくる絵本

「あつ森」でもオオゴマダラ盛り上がったらしい出現場所や捕まえ方など

投稿日:

オオゴマダラは日本最大級の蝶らしい。

写真を撮っているとよく出会うけど、 人気なんだねぇ。

どんなことを調べているのかと思って見てみると、値段と出現時間と捕まえ方。
値段は1000円 出現場所は花のあるところ。出現時間は8時から19時。

オオゴマダラの特徴は、白黒まだら模様の羽を持っており、ふわりふわりと優雅な飛び方をするというもの。

蝶、キレイだから見るとついカメラ向けちゃうよね。

チョウチョの写真、案外、難しいんだよね、

なぜなら、見た目優雅に飛んでいるように見えても、羽を動かしているスピードは凄く速くて、飛んでいる姿を撮ろうとすると、感度を上げて、シャッタースピードを250分の一秒位にしないと、羽が溶けてしまうから。

うん、だから、こういうのを撮る時には、ミラーレスとか一眼レフ欲しいよね。
止まっている姿であれば、スマホでも大丈夫だとは思うけど…

話変わって、今日は出張 取材で出張なんて、随分久しぶり。

ずっと続けていれば、少々難物でも、どおってことはないのだけれど、しばらく空白ができると、緊張して、心配事ばかりが脳裏に浮かぶ。
本当は優雅にいきたいんだけど、内心は優雅な姿とはほど遠いね。

普段は日銭稼ぎの警備員、それがなんと、今日はグリン車というVIP待遇なのだ。

何を着て行こうかと、昨日からそんなことも気になっているのである。
変なの、自分でもそう思うが、気持って本当に面白いね。
カメラの電池、大丈夫か、
メモリーカード入れたか、
ICレコーダー電池大丈夫か
メモ帳大丈夫か
ボールペン、インク大丈夫か
チエックすることがいっぱいある。
優雅なチョウチョの記事を書きながら、優雅とは程遠い、そんな自分の姿が情けなかった。
優雅にふるまうためには、日頃から、常にそういうことを意識しておかなければならないと、つくづく感じているところである。

今日、オオゴマダラの写真を選んだのは、もう一度羽ばたきたいという、心の現れか。

昨日、友人の75歳の女性現役ライターから電話があって、この人、何かウップンがあると僕の所に電話をかけてくるのだけれど、この2か月で50人を取材したと。
凄いね、よく体力が持つと感心した。
その女性に言われてしまった。
「あなたはねぇ、自分を歳だ歳だと言いすぎ。私よりずっと若いのだからまだまだ青年よ。死ぬまで元気で頑張りましょう」と。
そういう人がいると、
「良し俺も」と、思わざるを得なくなってくる。
ありがたいね、友達、そしてサンプル。
今日はラフにお洒落して優雅に行こう。
そう、オオゴマダラの優雅な飛翔をイメージしながら

 

-トレンド, 写真でつくる絵本
-,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

指揮者のカマキリ先生 燕尾服が似合うでしょう 

目次指揮者というと、燕尾服のイメージなんだけど、なぜ燕尾服なのなんとなく、なんとなく、ヨーロっパの貴族の服装、そんな感じ。 今まで見た音楽会の中で、最も印象に残っているのは、武道館で見た「映画ナポレオ …

小玉スイカ ひとりじめ 甘くてとても美味しいブランドスイカなのである

目次人気なんだってね、小玉スイカ 「ひとりじめ」ここで僕が使う金額は500円と決めてるの、いつもオーバー なぜここはまるで、「三丁目の夕日の世界」「ひとりじめ」小玉スイカ 「ひとりじめ」の特徴は、皮が …

白藤 シロフジ 、花言葉は、決して離れられない。それって良いことなの? 

目次藤は春の花の代表花藤の名所で有名なのは、紫色の藤は、確かに美しいが、 この花(写真の白藤)を見て以来、藤は白がいいと、僕は思い込んでしまっているのだ(笑い) 今も時々歌う「女学生」という歌 &nb …

手帳、ノートに取り付けるペンホルダー ペン以外の収納にも使えて便利

目次 ペンホルダーなのに、メガネもボールペンもまとめて収納探し物のわずらわしさから解放されてステム手帳、今時、まだ使っているのと言われそうだけど、ずっと使っていると、愛着あるしね。ペンホルダー、これは …

サルの会議に潜入 テーマはコロナ 長い沈黙 出した結論はマンボー

目次たまには こうして仕事したふりをしなければねなんだか知らないけれど、いやな世の中になったねぇ…「大きな鼻が男前? なぜテングザルの鼻は長いのか – 京大が解明」野生のテングザルはハーレ …

広告


 

名前:クボッチ

写真好き トレンドを中心に書いていきます