フォトエッセイ 基礎知識

ヘマンサス(多分)それにしても大胆な写真 こう撮るしかなかったという感じ (笑い)

投稿日:

花の名前は本当に難しい

花の名前、難しい、検索かけると「紅花」とも出てくるのだけど、それは明かに違うと思ったので、もう一度やり直すと、この名前が。
出てくる画像は似ている。が、そう言い切ってしまうには自信がなかったから、?をつけた。

それにしても、大胆な写真だよね

ズボっと真ん中に、写真教室などでは、やってはいけない構図の代表とされる「日の丸写真」という構図だと思うが、僕にはなぜそれが嫌われるのかが、よく分らないのだ。

構図、そんなことに拘っていたら写真は撮れない。あれは、教室でする時間稼ぎの勉強

僕が師事した石津良介先生は、
「構図、そんなものに拘っていたら写真は撮れない、自分がいいと思ったら、ズボっとそれを撮るのが一番 何を撮ったか、見た瞬間に、ああと思えたらそれが一番、構図がどうのこうのという考え方は一切すてなさい」と。
そしてもうひとつ
「プロになるのであれば、写真雑誌を見るのはもう止めなさい。誰が撮っても同じような写真になってしまう。自分の写真はあくまでも自分の主張… 大事なのはアトモスフィア、その時、その状況の空気感が自然伝わってくる。例えば曲がり角の写真を撮った写真であれば、今、白い着物を着た女性がその角を曲がった瞬間、そういうのを意識するといいと思う」
そんな話をよくしてくれた。
若い僕には、何を言っているのか、理解できないことだらけだった。
しかし、今、先生の言った言葉が、いろんなシーンで思い出されて、
「ああ こういうことを言っていたんだな」と思いだしては、懐かしんでいるのである。

スキル、そんなもの習わなくても、自然身につく

いわゆるスキル、今でいうハウツーについては、何にも云わなかった。
そんなものはやってれば自然に身に着くと思っていたんだろうね、本当に素晴らしい先生だった。やっぱり、考え方、哲学、大事だよね、
だって、写真って、その瞬間に、心に感じたものを映像として定着させるものだものね。

僕の知り合いの画伯もよく言っている。ぼくもそう思う

技術、そんなものは習うものじゃないんだよ。
あるレベルまできたら、これをこう表現したいんだけどどうするかというのは自分で考えるものだもの━といつも言っている。
そう言えば、文章も、手垢のついた言葉をずらずら並べても、人を感動させることはできないというのが、いろんな本の随所に書かれていた。
いかに表現するか、それを考えるのが、写真の面白さだと 最近僕はつくづく思うのである。

-フォトエッセイ, 基礎知識

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

止まっているカワセミは 撮り方テクニック気にしなくても簡単に撮れる

目次鳥の写真を撮るようになると、やっぱりカワセミにいっちゃうよね。 だって、キレイだもの。最初は、分からないから、鳥の動きに合わせて行動して大変だったけどしかし、そうは言っても、やっぱりカワセミ魅力を …

デンドロキラム・マグナムという花なんだけど、「マグナム」という名前に反応して

目次ちょっと時期外れかもしれないけれど花の形もお気に入りだが、 「マグナム」という名前にちょっと、反応したの。 植物とはまったく関係ないのだけれど、ちょっとだけ…僕は特にユージンスミスのフォトエッセイ …

サボテンの花って可愛いよね、長刺白珠丸という名前なんだけど、名前と花とのイメージが合わない

目次「長刺白珠丸」と書いて 「ちょうしはくじゅまる」と読むのだそう。「サボテンと多肉植物、何が違うの」この姿、まるで「ヒゲアザラシ」の群れそれにしても、「生きる」ということは、それ程凄いことなんだ。 …

イチゴ ミルクに砂糖をかけてスプーンで潰して食べたら、笑われてしまった

目次イチゴには砂糖とミルク、それが僕ら(団塊世代)の常識だった。イチゴ見ると、思いだすよね、「いちご白書をもう一度」確か、畳一畳が1000円の時代だった。青春、いいよね、何にも怖いものがなかった。本当 …

ブルージンジャー

目次ブルージンジャーさて困ったブルージンジャーというカクテルがあった。つゆ草とはやっぱりこの花、「フロワーは青くほの暗い」そんな雰囲気の似合う女性のイメージだよねああ、今日もまたの記事になってしまった …

広告


 

名前:クボッチ

写真好き トレンドを中心に書いていきます