コラム フォトエッセイ 写真エッセイ 思いつき 撮影テクニック 雑記

紅花羽衣の木に咲く花、その印象は夏の夜空に咲く打ち上げ花火

投稿日:2020年7月12日 更新日:

華やかだが、どことなく憂いがあって、こういう印象、僕は好きだな

調べてみると、この花は冬の花らしい。
そう、撮ったのは温室。
葉っぱにも特徴があるが、見た瞬間、夜空に咲く花火を連想したので、そのイメージを生かすことにした。

人とは違う写真を意識しなければ、それでもプロなのと言われてしまう。そんな時代なのだ

今は昔と違って、スマホなどで、簡単に写真の撮れる時代。
しかも、レタッチ(加工)も簡単にできるので、誰もが簡単に素晴らしい写真が撮れるようになった。
否、撮れるだけではなく、フイルム時代では、極めて高度な技術で、その技術の一つ一つに、プロがいたという高度なテクニックだったものでも簡単にできる、

そんな環境になると、例えば花など、普通に撮っていたのでは、作品としてなりたたない程、皆の技術があがっているから、多少なりとも腕に自信を持っていた僕などは、困ってしまうのである。
だって、普通に撮っていたのでは、
「それでもプロ」と言われてしまうもの。

そういう環境の中で、
例えば、電子書籍で写真集を作ろうとすると、企画で面白さを狙う。
同じ花でも、独自の世界(表現スタイル)をつくって、それで纏めるという方法しか思いつかなくなってくるのだ。

で、僕が今、はまっているのが、独自の世界を作り出すということ。

 

独自の世界とは一人よがりの自己満足を全面に出すこと

独自の世界とは、いかにして、自分流の見方をして、イメージに合わせてデフォルメしていくということ。


そのためには、カメラのジャンクショップに行って。これはと思うレンズを買ってきて、分解し、それでルーペを作って、クローズアップ(ルーペによって背景のボケ具合が変わってくる。被写体に歪がくるなど。それを楽しむ)したりしているのである。

これもハマると結構楽しい。

 

しかし、独自の世界は、専門家からは、「あり得ない」と言われて、顰蹙を買うことも…

でも、こうして撮った花の写真は、その花をよく知っている人、愛している人、専門家と言われる人たちからは
「なに、あれ」と言われ、顰蹙を買うことになるかもしれないが、それは覚悟しなければならない。が、
反面、こうして集めたコレクションの中から、選りすぐって、それに短い文章をつけて本
(電子書籍。印刷したい場合は、合わせてアルバムもつくる)
をと考えると、撮影が一段と楽しくなってくるのである。
人間、特に僕の場合は、目的がないと動けないので、大それた夢をかたっている方が日常が楽しいのだ。

-コラム, フォトエッセイ, 写真エッセイ, 思いつき, 撮影テクニック, 雑記

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

はぐれ鳥 なんとなくそんな感じ ポーズがそう思わせるのかねぇ

目次この写真見ていると、なぜか、昔見た「ヤクザ映画」思いだすの…ヤサグレルという言葉があるが、この写真、なんとなく、そんな言葉が浮かんくる。こうして調べていると、 言葉こそ最高の文学━と、つい思ちゃう …

壊れたバックをリメイクして楽しむ

目次ケチから生まれたバックのリメイクという愉しみメモ帳 本のカバー いい革があればなんでも作れる女性の眼をひいたオリジナルバックさすが職人素人では及ばない技バック屋の主人も仰天した素人発想「腐っても鯛 …

シンガーソングライター おいえちづこさんのイベントの記録

目次おいえちづこさんのイベントに参加して写真を撮ってきた今の時代写真を撮るのは簡単。でも、整理がたいへんエエ 着物で銀髪 意表をつかれて、一瞬、だれだかわからなかった写真 沢山アップしても、見て貰えな …

あつもり「あつまれ森の動物たち」ゲームがなぜ人気なのかについて調べて分かったことは

目次自然はいいなといいながら、やっぱり文化的生活がいいんだね特に、今のようなコロナ禍で動けない状態になると、気持ちの切り替にゲームは理想写真は、白黒エリマキザル、なんかちょっとコワイ感じだけど、なんと …

スケルトンのほおずき、より美しく見せるためにライティングに拘ってみた

ほおずきは漢字で書くと「鬼灯」
なんで鬼の灯、気になったので調べてみた。
いろいろ説があるが、どれもピンとこない。が、これならというのが一つあったので、それを。
それは、
「実が赤く、怪しげな提灯の印象から「鬼」に「灯」とし」たというもの。
どういうことか、よく分らないんだけれど、推測(勝手な解釈)するに、鬼が持って歩いた提灯のようということか(笑い)

広告


 

名前:クボッチ

写真好き トレンドを中心に書いていきます