cooking discover essei photo

思いつき料理を愉しむ 風呂帰り フッと釜めし 腕まくり

投稿日:

風呂帰り 坂道をとろとろと下りて エスカレーターに乗ると
そこはヨークマート

最近覚えたの
カード使えば買い物が楽だって
油断すると、
つい買い過ぎちゃうから気をつけなければ…だけどね(笑い)

風呂からマーケットまでが大体7分

マーケットからマンションまでが6,7分
うん 
結構雰囲気のいい道なの…
丘の上からマンハッタンを眼下に見ながらブラブラと…
そんな感じで…

いい気持ちになって
坂道を下りながら
さて今日は何をと思った瞬間に
「釜めし」のイメージがポンと来て、
鮭の切り身を買い、
筍を買い(茹でたもの)
エリンギを買い
クレソンを買い
ベーコンを買ったのだけれど、
どう処理するかという段になって
取りあえず
鮭を塩水で煮て、
そこに筍とエリンギを入れ、
本出汁と醤油で味をつけ
サトウのっご飯をチーンしたのをボールに入れ、
さっき煮た具材をそこに入れ
酒(少々)
ミリン(少々)
具材の煮汁(少々)を入れ
ベーコンを細かく切ったのをさらに入れ、
(ベーコンを入れると、その油が全体を包んで美味さを増すの)
サッサと混ぜて、
ラップしてチーン(5分程)しただけなんだけど、
美味しかった
とっても…

これから筍が出るとこれいいかもね…

しかし
釜で炊かないのだから、
「釜めし風」だけどね…
これに「じゅんさい」の赤だしなんかあったら最高だね…

焙煎したてのコーヒーはやっぱり美味しい

昨日はたまたま中野5丁目に行ったら、
コーヒーを焙煎して売っている店があって
香りにつられてフラフラと
で、
モカを200グラム買っていたので、
食後に…
久し振りにカリタでゆっくりと…
ちょっと濃いめが僕は好きで、
灰汁が下に下りないように気をつけながら
お湯を入れてコーヒーを出したのだけれど
モカの酸っぱさと苦さが上手く調和して
OHと思わず
あまりにも美味しかったので
知り合いの女性に報告したら
「アッその店 
私もも知っている 
明日貝に行こう…」と(笑い)
そのコーヒー店で聞いた話なんだけれど
挽いたコーヒー豆の保存は
冷凍庫がいいのだけれど、
冷凍すると匂いがとられので、完全に密封しておかなければと
なる程…

美味しいご飯に
美味しい食後のコーヒー

思わずパイプ
(中はハッカの精油だけど)
を出して口にくわえてしまった…
完全自己満の世界だけどいいねぇ…(笑い)
僕の幸せなんて、
そんなささやかなものでいいんだから…
今日も愉し
明日も愉し
仙人の生活は本当に愉しい…(笑い)

-cooking, discover, essei, photo

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

スマホカメラを愉しむ なんとなく ここに来れば心は詩人 僕のお気に入りの場所 

目次ここ僕のお気に入りの場所なのウーン いい環境なんだけどねぇ…遊びとは妄想を楽しむことか… ここ僕のお気に入りの場所なの 坂道が右にグッと曲がり込んで、 どこまでも続く道が… 今  僕が立っているこ …

ブルボフィルム・ファンカツム bulbophyllum falcatumラン科の珍しい植物らしい

bulbophyllum falcatumラン科の目づらしい植物らしい
ブルボフィルム・ファンルカツムとカタカナで、しかし、それでは検索できなかったので、bulbophyllum falcatumと打ってみると
 同じ写真が出てきて
「シエラレオネからコンゴおよびウガンダ西部にかけて熱帯アフリカに固有のラン科の植物の種です。それはMegacliniumセクションのメンバーです。長さ約10 cm、厚さ8〜10 mmの羽のような形をした羽軸があります。」
という説明が出てきたから、名前は間違ってはいない。で、もう一度
「Megaclinium」を花図鑑というので、調べて見ると、写真は沢山出てくるが、それ以上の説明は出てこない。
これでは、名前の確認以外、何の役にもたたないよね…
しかし、逆に考えると、まだ説明が出てない程、珍しい花とも解釈できるよね…

イカ 泳いでいるの見たの初めて イカの握り大好き 

寿司と言えば森の石松だよねぇ
「食いねぇ食いねぇ、寿司を食いねぇ」
あれ
いつ頃の話

ついでに調べると
この話は
虎造の十八番の一つ
「石松三十石舟」の中で語られる台詞(もの語り)
石松が、
たまたま舟に乗り合わせて客に、
次郎長一家の中で、
有名なのは誰かというのを語る場面で、
旅人に石松の名と噂を思い出させようというシーン
サビのところで、
「あんた江戸っ子だってねぇ」
食いねぇ、食いねぇ寿司を食いねぇ」
そう言いながら、
「有名なの、誰か一人抜けちゃーいませんかと」
促すあの台詞…
あれは
虎造の創作だから、
歴史とはまた別ということらしい。

内緒、よからぬたくらみ、そんなイメージだが

噂話(内緒)は男も大好き
噂話は女のものかと思っていたら、どうしてどうして、
男ばかりの僕の職場(警備会社)でも、昨日話したことが今日にはもう多くの人に伝わっているという有様。
しかも尾ひれはひれがついて
新人の頃、僕が先輩と喧嘩したのなんか、翌日に会った人が
「ああ、久保ちゃんやったんだってなぁ」
「はは、もう知っての、ハエー」
そんな調子なのである。
内緒話は内緒にならない。
もしかしたら、これ格言かもね(笑い)
おあとがよろしいようでアハハ

これ 牛筋なんだけどビールのつまみにとってもいいの 僕流創作簡単料理

写真位の量だったらビールのロング缶1本で食べてしまう…
素材が牛筋だから400円か500で買えるから
安くていいつまみだよね…
なんでこれ思いついたのかは忘れたけれど
僕って時々
「こうしたらいいんじゃない」
なんていう
閃き、
思いつき…
そんなのがフイに来るの
面白いでしょう

広告


 

名前:クボッチ

写真好き トレンドを中心に書いていきます