cooking discover essei photo

思ひつき料理を愉しむ 思いつき結果良ければ 新レシピ焼きうどんにキムチ いける

投稿日:

焼きうどんにキムチを乗せてみたの

こんなに合うとは思わなかったよ…(笑い)
実を言うと昨日は残業に成っちゃってね…
家に帰ったらもう7時を廻っているの…

あり合わせしかない材料は創作意欲を育てるシ

シャーネーなぁ…
冷凍庫開けたら
讃岐うどんが封もきらずに
冷蔵庫を開けると
ピーマンが2つ
玉ねぎが一つ
シメジが1パック
シラスの釜揚げが2パック
いったいこれで何をやるんだ…

1昨日川崎で買った有名キムチ
偶然にも これがパンチを効かせた

さてこれで何を…
そう思った瞬間に
すでにフォットプレートにお水を入れ、
お湯を沸かして
固まったうどんを解く用意をしていた

できるだけ無駄な時間は省略して

その間にピーマンを洗い、
玉ねぎを切り
シメジもサッと洗ってザルに盛り
うどんが解けたところで、ザルにあげ、

お鍋を一度洗ってから(一つしかないので)

バターを適当に溶かし(オリーブ油が切れてたの)
玉ねぎを入れ

塩 胡椒を適当に、
そこにスティックの本鰹(顆粒)を
少し入れ、
シラスを入れ、
タマネギが炒めまったらシメジを入れ
最後にピーマンを入れ少し炒めてから
うどんをバサっと入れて
お箸で
シャッと上げては落とし
上げては落としを繰り返して
よく馴染ませてから醤油を
適当に挿して
味をみておしまいい
それをお皿に盛り付けていたら
赤色が何かあったらといい(写真を撮るつもりだから)
の発想で
キムチを思い出し、
ちょっと絡めて食べてみたら
なんとなんとなんと…
とっても美味しい(これで決定)

キムチはね、
白菜の何分のⅠ位の嵩なんだけど、
650円 
高と思ったが
「これがあるとおかずいらないという位美味しんだから」
と仲間に勧められて買ったのだけど
それが見事に調和して…
うどん自体は
アッサリ味だったから余計に良かったのかも知れないね…
スッカリお気に入りになってしまった…
キムチ売っている処も覚えているし…
思いつき
ある意味
ハプニング料理なんだけど、
それが決まると本当に嬉しい…
こうして考えると
あっちこっちに行ける仕事
それ故
にまた楽しだよね…
仕事のおかげで
知らない街が歩けるの
本当に楽しい…

-cooking, discover, essei, photo

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

これ 牛筋なんだけどビールのつまみにとってもいいの 僕流創作簡単料理

写真位の量だったらビールのロング缶1本で食べてしまう…
素材が牛筋だから400円か500で買えるから
安くていいつまみだよね…
なんでこれ思いついたのかは忘れたけれど
僕って時々
「こうしたらいいんじゃない」
なんていう
閃き、
思いつき…
そんなのがフイに来るの
面白いでしょう

写真 プリントはこわい 画面上では見えてない欠点が紙焼きすると如実に

コンピュータ高齢者には本当に難しい
理屈は分かっていても、
実際に動かすのは本当に大変
高齢者は
努力をする前に
頭(精神)が拒絶してしまうから
ますます大変なんだけど
やるっきゃないのである…

マツコの知らない世界で紹介された新食感の餅うどん功刀屋新宿御苑店へ行ってみた

テレビの影響が大きいのだと思うが、
店には、次から次にと入ってきて
とても繁盛している
テイクアウトもしているらしい…

「餅うどん」
見た感じでは普通のうどんにちくわの天ぷらと、
卵の天ぷら
それにショウガとネギの薬味が載っているオーソどっくすなもので
おつゆの味は、
関西風で、
あっさりしてとても美味しい

スマホカメラで愉しむ秋の風景

ハウツーではなくて
そういう楽しさが伝えられる本が一冊できたらいいな
そう思ってやっているんだけれえど、
もっかのところはそのプロセス楽しんでいるのに過ぎないのだけれど、
スマホでも十分に遊ばせてくれる
写真って本当に楽しいね、
だって写真って
つまるところ
自分の心象風景だものね…
そう
写真はやっぱり心で感じないものは写せないから…

紅葉、美しいねぇ、華やかだねぇ、キレイだねぇ

僕にも紅葉のチャンスが来た(笑い)
話し変わって、
実は僕にも、最後の最後の最後になって、ある出版社から、
「アドバイザー契約して」というオファーを頂いた。
今はしがない日銭稼ぎの警備員、その僕にである…
「何ができるか分らないけれど…」
嬉しいねぇ、
まさにまさにまさに、僕にとっては紅葉…
人生に夢と希望と張り合いが出てきた、
本当に本当に本当に嬉しい(笑い)

広告


 

名前:クボッチ

写真好き トレンドを中心に書いていきます