cooking discover essei phone photo

スマホカメラを愉しむ 昨日の僕の夕食 シンプルだけどとっても美味しい  

投稿日:

何をするのも大儀な時はこれ

玉子を焼いただけ…
鮭はコンビニで売ってたし…
胡瓜は適当に切って、
ビニールの袋に入れ、
お塩を入れてもんだのを水洗いして…
なんともアッサリだねぇ…
でも、これ、
お茶漬けにとっても合うの…

お茶漬けは僕の究極の料理だからね…

これを食べると
「日本人に生まれてよかった」と毎回…
飽きがこないよねぇ…
伝統的日本の家庭料理…
見ようによっては貧しさの象徴…
だがその反対もある
エッ
どういうこと…
うん、

最後に何が食べたいか…

どうしよもない愚問だと思うけど、
時々聞かれることがあある…
そんなの聞いてどうするの━と思うけど、
大人だから…
ウーンと考えた振りをして
考えなくても決まっているのだけれど…
僕は
「お茶漬け」と答えるの(笑い)
すると大抵の人が
エッと驚く、
でもね、
それには拘りがあるの…

どんなお茶漬けか

一言で言えば鯛茶漬けなんだけど、
用意するものは鯛の刺身3切れ
それを炊きたての熱いご飯の上に乗せ、
小倉屋(大阪)の塩昆布を2、3辺乗せ、
そこに熱湯玉露をサーとかけて、
下賀茂神社(京都)で売っているすぐき(漬物)2,3切れと、
あれ、
葉っぱが美味しいからその部分を少しのおかずにして…
これこそ僕は究極の料理と思っているのだ。

だからお茶漬け、
決して貧しい料理ではないのだ…(笑い)
そう言えば昔
麻雀をよくやっていた頃、
ある会社の専務がよく言っていた愚痴がある。
100社の中に入る会社の専務だからね…
「うちのカミさんは、結婚して何十年にもなるのに、今だに洋風料理に拘ってるの、僕らの仕事は言ってみれば会食だよねぇ、
始終そういうところで食べていると、
家に帰ってまでそんな料理食べたくないよねぇ… 
分かってないんだよ…」と、
会食で食べる料理は、
一通り食べればどれも同じ…
やっぱり最後はお茶漬けがいいんだよね…
無理やり強引なお茶漬け賛歌になってしまったけれど、

お茶漬けこそ、
飽きない究極の料理と僕は思っているのである…

そう言えば最近 
おにぎり屋とともにお茶漬けの店ができていて
人気になっているのである。
途中まではお茶漬けにしないで、
海鮮丼を楽しみ、
途中から海苔をかけ、出汁をかけてお茶漬けにするの
1食で二つの味が楽しめるお茶漬け屋
時々行くけど、
美味しいね…
何もない時は
僕は梅干しでお茶漬けも好きだから…
今日も愉し
明日も愉し…
さて今日は何を食べるか…
それを考えるのはまた楽しい…

-cooking, discover, essei, phone, photo

執筆者:


  1. 生ヵ縫 凜 より:

    こんばんは.
    こんな時間なのに久保さんのお茶漬けのお写真とおはなしを拝見して、思わず台所に行きそうになりました.笑
    鯛茶漬けのくだりなんて、「(食べたことないけれど)それ絶対おいしい!!」と思いました(^^)

    わたしは塩昆布も好きです.笑

    暑くなってまいりましたのでご自愛ください.

comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

ショウウインドウ、英語ではDisplay Window すきだな、この空間芸術

さすが銀座、そして、さすが和光…素晴らしいウインドウズディスプレー
画面構成の勉強するのに、これほど素晴らしい教材はないと、僕は思っているのである。
だって、動かないんだけど、そこにはいろんな物語があって、

見ていると、いつの間にか、スクリーンの中に自分も入っていって、
「いい天気だねぇ、どこに行こうか…」と、ナンパしたりしてね(笑い)
しかし、このドラマは、万人一緒ではない。
見る人の人生によって、それぞれの人がそれぞれのドラマを創りだしているのである。

ペリステリア・エリタ、パナマの国花らしいのだそうだが、珍しいんだってね、この花

この花、稀にしか見ることができない貴重な花なんだってね。
パナマの国花で、愛称を「鳩の蘭」というのだそう。

貴重とはどういうことかと、調べて見ると
「絶滅の恐れがあるとして、ワシントン条約で、商業目的の取引は禁止されている植物」と。
そして、開花する大きさまで育つのに、10年かかるらしい。
なる程、これは貴重だ。

ところで、愛称をなぜ「鳩の蘭」と呼ばれるのか…
調べてみると、
花芯、花の中央が、鳩のように見えるからと。
言われてみればそうだよね…
確かに確かに、鳩だよねこれ…
説明を読むと、これは(鳩に見えるのは、雄蕊と雌しべが合体した様子)とか、稀にしか見られないらしい。
ウーン、これは貴重だ。
ということは、その写真が撮れた(遭遇した)ということは、ラッキーだったということだね…凄い。

黄色いコスモス、なんとなく楽しそうな、そんなリズム感を感じてつい

それにしても、ズームレンズ楽だよねぇ…
フイルム時代は単体のレンズしかなかった(いや、あったけど使わなかった)から必然的に、身体を動かすしかなかったの、だから、今でも、28ミリ、50ミリ、90ミリ、全部体が覚えてるの
これは今でも役立つねぇ、
だって、風景を見て、
これは何ミリだなというのが分るもの…
しかし、しかし、しかし…
そんなことを書いて、お前の写真はそれほどのものかと言われると、
そうだよね…
そう言って頭をかくしかないんだけれど(笑い)

望遠レンズを愉しむ 初夏の午後 黄昏色の道の向こうには 歴史の風が吹いている

深大寺
城址公園
その広場には
一面にクローバーの白い花が風にゆれていた
こういうところに
好きな人を連れてきたら
きっと喜ぶだろうなぁ…
思わず
そんな妄想をいだいてしまった…
男が日傘をさし
手をつなぎ
ゆっくりろ楽しそうにおしゃべりしながら
あるている若いカップルが眩しかった…

スマホで写真を楽しむ、今日のタイトルはサクラ 桜 櫻

土曜日に取材して、
日曜日に完成させたホームページ、
とても喜んでくれ、
「友達の社長に見せたら 俺もこんなの作って欲しいと言ってるので会って」という連絡が紹介者を通じて来た。
面白いね、
予期せぬことが色々起こってくるのが春なのかもしれないね、
でもね、
これは僕一人の力ではできないの、
電子書籍つくってて
つくづく良かったと、
あらためてお思ったよ…
だって、
それでできたパートナーだもの…
もしかしてこれも、
セレンディピティーだったのかなぁ

広告


 

名前:クボッチ

写真好き トレンドを中心に書いていきます