cooking discover essei phone photo

スマホカメラを愉しむ ちょっと煮物が食べたくなって 

投稿日:

忙中閑を愉しむ

昨日は仕事、
午前中に終わったので、帰って風呂に入って、
お風呂の中で、朗読聴くのいいね…
山本周五郎、読み手アリアさん
気持ちがゆったりとして、とても楽しいの…
部屋は暖かいし、座椅子に座ってポーッとしてたら眠ってしまって
1時間位、眠っていたのかな…
起きるとお腹が空いていたので、冷蔵庫をみると、里芋、しいたけ、ゴボウなどがある、
ヨーシと思って、ペットボトルの天然水を電気鍋に入れて、適当に

つくっていると、だんだん乗ってきて…
やっぱりいいね、煮物…
一口食べたらビール飲みたくなって、
基本的に僕はお酒弱いからね、特にビールは酔いが早いの…
気が付くと毛布かぶってハハハ…
仕事午前中に終わって、しかかも三鷹、
30分あれば帰れるし…

風呂に入ってグータラ…最高…

僕にはグータラがよく似合うなんてね…
仙人になれば、人生 何をしても楽しい…
今日も愉し、明日も愉し…
でも、
今日の仕事はノンビリしてるんだけど、夕方まで帰れないの
それもまただよね…(笑い)
今日は天気だし暖かそう、公園のベンチで休憩するのも悪くないよね…

-cooking, discover, essei, phone, photo

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

紅葉、どういう写真を撮るかによっても変わってくるけれど、やっぱり神代植物公園かな

やっぱり光線を意識しなければね
紅葉の場合は、午後3時から日没までの数時間と、逆光で撮ることが多い。
なぜなら、秋、冬の午後の日差しは赤みをおびてくるから、紅葉の色をより強調して鮮やかにしてくれるから…
そして逆光で撮るのも同じで、葉っぱの色を鮮やかにして、いい雰囲気にしてくれるから。
写真をやってる人はおそらく皆そうだと思うけれえど、ベタ光線、順光(カメラの方から写すもの全体にあてた光)では、ほぼ撮らない。
なぜなら、仕上がりが平凡になることを知っているから。

思いつき料理を愉しむ 懐かしい鯛の塩焼き潮汁 生まれ育った岡山の味

鯛茶漬け
本当は
お刺身でするのだけれど
今回はなかったので、
塩焼きをご飯に乗せ
ワサビを溶き、
お茶をかけて食べたのだけれど、…
満足
とっても美味しかった
すぐきの漬物
小倉屋の塩昆布があったら最高だったね…(笑い)
時にこうして故郷の味を愉しむのもいいね…
「故郷は遠きにありて思うもの」なんてね…

スマホカメラを愉しむ 今日のテーマは ゲンペイウツギ…

源氏の人の顎はガッシリとして逞しかったらしい…
平家に負けた源氏は、
ほぼ野武士で雑穀を主食にしていたから、
噛む回数というのが全くちがっていたらしい…
そして壇之浦とかね、
そういう戦いで平家が滅んで鎌倉時代が始まるんだけれど、
その勝敗のポイントは「噛む力の戦いだった」というのを言った先生(歯医者さんだったかな)がいて、
僕の記憶は多分その本の記憶だと思うけど、
面白いとおもって、
それでコラムを書いたことがあって覚えているのだが、
噛むというのは、
それほど重要なものというのを知った記憶があるのだ…

アラ シオカラトンボ 珍しいねぇ 昔はいっぱいいたのにねぇ…

人は皆
表面だけ見ていたのでは分らないものがあって
うまくそれをカムフラージュしながら生きているんだな…と
秋の風を感じると妙に心が切なくなってくる…
この、
ちょっとブルーな気持ちが、創作意欲を駆り立てるんだなきっと…
外は雨…
今日は日曜日
熱いコヒーでも淹れて
久し振りにジャズでも聴いてノンビリしよう…

スマホカメラを愉しむ ネムがなぜ合歓 なるほどそうなのか…

仕事、簡単に頼んでくる人の仕事は、簡単には受けられないね…(笑い)

広告


 

名前:クボッチ

写真好き トレンドを中心に書いていきます