cooking discover essei event life

西荻窪で有名な「こけしや」(フランス料理店)の開催するマルシェ(朝市)に行ってみた

投稿日:

こけしやの開催する朝市の風景

このイベント有名なの。
第2日曜日に「感謝を込めて」ということで開催されているのだけれど、人気のイベントで、朝の7時30分に阿佐ヶ谷の駅で待ち合わせて行ったのに、もう行列…
待っている雑談も楽しいんだけどね…

「エッ、君がなんでそこに…」

「誘われたの、知り合いの女性に」
金ん曜日だったかな、歯医者の帰りに「茶とあん」(阿佐ヶ谷)に行くと、顔なじみの女性がいて
「久保さん、日曜日予定入ってる」と聞かれたので
「なに、デートの誘い、だったら行くよ」というと、
「日曜日に西荻窪で有名なフランス料理のこけしやさんが、マルシェ(朝市)をやるの、美味しい料理、例えば松本清張が好んだカレーとか、羊の肉を焼いたりとか、オムレツもシェフがその場で作ってくれるの…楽しので行ってみない」
「オッ 行く行く、ブログにちょうどいいや」
そう言って、参加したのだが、現地につくと、もう一人女性の知り合いの好青年(理学療法士の先生)が誘われていて、
女性は、僕がブログ書いているの知ってたから、ネタの提供というので教えてくれたに過ぎなかったのだけれど、3人で手分けして料理をゲットしたりして、とても楽しかった。

寒さ、そんなもの気にならないよ、だって僕にはヒーター付きベストがあるもの

まぁ、僕は今回はゲストみたいなものだったけど、その先生はダイエットなどの指導もしていて、元ジャーナリストとしては知りたいこともいろいろあってね…

僕はオムレツとコーヒーの買いを担当、女性は僕の隣の列のラクレットチーズの列に並んでいた。

ラクレットチーズ

チーズの切り口を温めて
皮が香ばしく中がトロリとなったところを削いで、それをパンに乗せて食べるんだけど、まろやかでコクがあって美味しいのと、
「アルプスの少女ハイジーも食べていたようよ」と女性が教えてくれた。
写真下段の左、ブルーのシャツの男性が、そのチーズをパンに乗せているのだが、写真はチーズを切っているところか…

僕はオムレツ担当

「写真撮っていい」
そういうと
「緊張しちゃうなぁ」
と深呼吸
慣れた手つきで、凄い、
見ていると、最初はスクランブルエッグをつくるようにかき混ぜれから、ゆっくりと形を整えるの、
さすが、この技、僕にはできないねぇ、仕上げにトマトのソースをかけるんだけど、とてもおいしい、さすが「こけしや」

キッシュドレーヌ

これは理学療法士の先生が担当したのだけれど、
タマゴと生クリームを使って作るフランス、アルザス=ロレーヌ地方の郷土料理で、ラードン(?)やベーコンが入った 、タルトとか…
パン生地に乗っかっていたんだけど、ナマクリームが聞いて、美味しかった…
会場にではワインやビールなども販売されているのだけれど、さすがに朝からはねぇ…
こうしたイベント、非日常的な食事なのだけれど、お喋りしながら食べるって、本当に楽しいねぇ(笑い)
ちなみに、「こけしや」は1949年の創業なので、昭和24年から72年続いている老舗なのである。

 

西荻窪 ここで僕は雑誌社をやったの、期間は僅か3年位だったけど

僕は、このすぐ近く、松庵で雑誌社をやっていたので、その頃は、よく、「こけしや」さんに通っていた。
帰り、僕がいたマンションの所に行ってみたが、建物はすでになく、スッカリ変わっていた。
そうそう、みんな、一週間分のお泊りセットを持って来ていたの、
だって、マンスリーで120ページ、
やっと下版したと思ったらもう、次の締め切りが来ているんだもの…
ハードだったけど、たても面白かった、懐かしいねぇ

-cooking, discover, essei, event, life

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

ツツジって春の花と思っていたのに、何で今頃(12月)

秋に咲く「二季咲ツツジ」という種類のツツジもあるらしい。
季語が重要な俳句では、こういうの、どう扱うのかねぇ
「ツツジ」と書けば春だものねぇ…」
「秋ツツジ」なんて書くと
「あなたねぇ、ツツジは春の季語なの、秋につつじなんてあるわけないでしょう」
「いや、先生、秋にもツツジが咲くんですよ」
「では、狂い咲、まるで私 秋ツツジとでも書けば」
「あ、それいいね、いただき」
最近、シニアクラブに入ったら、いきなり俳句をつくって応募してくださいというので、ただ、575と指を折って言葉を繋いでいるだけなんだけどね、締め切りが近いから、暇さえあればでやってるの…
ボケ防止になって丁度いいよ、
「ボケ防止 詠むのはなぜか 秋ツツジ」(笑い)

ドラクラ・ギガス 珍しい花として「めざましテレビ」(フジテレビ)で紹介されたらしい

テレビって、やっぱり、影響力強いんだ…
尤も、この花(蘭)、キャラクターとしても、立っているけどね…
小さい花なんだけどね、こうして大きくすると、まるでゴジラ…
なんだか知らないけれど、愛嬌あるよね…
神代植物園には、この花の仲間がいろいろあって撮ろうとするんだけど、天井からぶら下がったハウスの屋根の中で咲いているから、撮るのがとても難しいの。
そう、真上を向いて、しかも僕の場合は、レンズの前に手製のルーペをくっつけての撮影だからピントがこないのと、
屋根つきなので暗くてね…

キャノンフォトプレッソ、サービス停止に伴い、最後の刷り出し

僕は思う、お墓作るよりも本だなと
アルバムであれ、電子書籍であれ、本の形になるものは、絶対にするべきというのが、僕の思い(考え)
そして、これからの時代は、お墓を作るよりも本を作るべきと僕は思っているのである。
だって、戒名なんて、2代目になったらもう分らないもの…
ねぇ、高いお金を払って…院居士つけたってねぇ…
僕の感覚ではそこになんの価値も見いだせないのである。

ハロウインは収穫祭、銀座の空中庭園に飾られた渡辺さくらさんの作品

ハロウインをイメージした「実りのオータムガーデン」イベントは11日に終わったけれど…
まさか銀座で、しかもビルの屋上に、こんなに素晴らしい空間があるなんて、ねぇ
東京メトロ「銀座駅」A3出口から徒歩1分。
銀座4丁目交差点のすぐそば、
「ファンケル銀座スクエア10Fスカイガーデン」
「銀座の空中庭園」というのだけれど、無料で四季折々のイベントのテーマを楽しみながら、心を癒すの、とてもいいよ、無料だし。
僕が見たのは、
英国王立園芸協会東京支部支部長ハンギングバスケットマスターで、
GA(グリーンアドバイザー)東京 副会長で、さくら工房代表。
カルチャースクールなどでの指導が人気の渡辺さくらさんが構成した「実りのオータムガーデン」という空間芸術だったのだけど、本当に楽しかった。

今朝はお粥、レンチンで簡単、お米を研いで、適当に水をいれて、スイッチを入れるだけだから

拘りのお米に美しい広島菜のお漬物、これがいい
そのお粥に、届いたばかりの美しい広島菜を小さく刻んで乗せ、鰹節(今回は袋の底に残っていた屑)をパラパラと
そして最後に広島菜の漬物についていた「出汁醤油」をちょと挿しただけなんだけど、それがとっても美味しくて(笑い)

広告


 

名前:クボッチ

写真好き トレンドを中心に書いていきます