cooking discover essei event life

西荻窪で有名な「こけしや」(フランス料理店)の開催するマルシェ(朝市)に行ってみた

投稿日:

こけしやの開催する朝市の風景

このイベント有名なの。
第2日曜日に「感謝を込めて」ということで開催されているのだけれど、人気のイベントで、朝の7時30分に阿佐ヶ谷の駅で待ち合わせて行ったのに、もう行列…
待っている雑談も楽しいんだけどね…

「エッ、君がなんでそこに…」

「誘われたの、知り合いの女性に」
金ん曜日だったかな、歯医者の帰りに「茶とあん」(阿佐ヶ谷)に行くと、顔なじみの女性がいて
「久保さん、日曜日予定入ってる」と聞かれたので
「なに、デートの誘い、だったら行くよ」というと、
「日曜日に西荻窪で有名なフランス料理のこけしやさんが、マルシェ(朝市)をやるの、美味しい料理、例えば松本清張が好んだカレーとか、羊の肉を焼いたりとか、オムレツもシェフがその場で作ってくれるの…楽しので行ってみない」
「オッ 行く行く、ブログにちょうどいいや」
そう言って、参加したのだが、現地につくと、もう一人女性の知り合いの好青年(理学療法士の先生)が誘われていて、
女性は、僕がブログ書いているの知ってたから、ネタの提供というので教えてくれたに過ぎなかったのだけれど、3人で手分けして料理をゲットしたりして、とても楽しかった。

寒さ、そんなもの気にならないよ、だって僕にはヒーター付きベストがあるもの

まぁ、僕は今回はゲストみたいなものだったけど、その先生はダイエットなどの指導もしていて、元ジャーナリストとしては知りたいこともいろいろあってね…

僕はオムレツとコーヒーの買いを担当、女性は僕の隣の列のラクレットチーズの列に並んでいた。

ラクレットチーズ

チーズの切り口を温めて
皮が香ばしく中がトロリとなったところを削いで、それをパンに乗せて食べるんだけど、まろやかでコクがあって美味しいのと、
「アルプスの少女ハイジーも食べていたようよ」と女性が教えてくれた。
写真下段の左、ブルーのシャツの男性が、そのチーズをパンに乗せているのだが、写真はチーズを切っているところか…

僕はオムレツ担当

「写真撮っていい」
そういうと
「緊張しちゃうなぁ」
と深呼吸
慣れた手つきで、凄い、
見ていると、最初はスクランブルエッグをつくるようにかき混ぜれから、ゆっくりと形を整えるの、
さすが、この技、僕にはできないねぇ、仕上げにトマトのソースをかけるんだけど、とてもおいしい、さすが「こけしや」

キッシュドレーヌ

これは理学療法士の先生が担当したのだけれど、
タマゴと生クリームを使って作るフランス、アルザス=ロレーヌ地方の郷土料理で、ラードン(?)やベーコンが入った 、タルトとか…
パン生地に乗っかっていたんだけど、ナマクリームが聞いて、美味しかった…
会場にではワインやビールなども販売されているのだけれど、さすがに朝からはねぇ…
こうしたイベント、非日常的な食事なのだけれど、お喋りしながら食べるって、本当に楽しいねぇ(笑い)
ちなみに、「こけしや」は1949年の創業なので、昭和24年から72年続いている老舗なのである。

 

西荻窪 ここで僕は雑誌社をやったの、期間は僅か3年位だったけど

僕は、このすぐ近く、松庵で雑誌社をやっていたので、その頃は、よく、「こけしや」さんに通っていた。
帰り、僕がいたマンションの所に行ってみたが、建物はすでになく、スッカリ変わっていた。
そうそう、みんな、一週間分のお泊りセットを持って来ていたの、
だって、マンスリーで120ページ、
やっと下版したと思ったらもう、次の締め切りが来ているんだもの…
ハードだったけど、たても面白かった、懐かしいねぇ

-cooking, discover, essei, event, life

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

スマホカメラを楽しむ 生垣に咲くモッコウバラが美しい 

昨日は「世界一木を植えた男 生態学者の宮脇昭先生の「偲ぶ会」に参加させていただいたの。
会費12000円で全国から約120人が参加
今のこの時世にしては凄い集まりだったと思う。
その中には知った顔も何人かいて それはそれでよかったのだが
約3時間
挨拶ばかりを聞かされたのにはちょっとね…
なんで挨拶がそんなに重要なのかねぇ…

天空の山城の「備中松山城」と高梁の街を観光

大石内蔵助、
言わずとしれた「忠臣蔵」のヒーロー。
忠臣蔵の始まりは、殿中松の廊下での事件で、赤穂の城は断絶されるのだが、その時、大石が、無血で城を明け渡したのは、すでにこの時(松山城無血開城)から始まっていたシンクロニシティーと考えると、とても興味深い。

高梁の街は、この城(松山城)藩士で幕末から明治にかけて活躍した漢学者、山田方谷や弟子の三島中洲(二松学舎をつくった人)などによってつくられた街だから、趣が、ちょっと違うのである。

当たり前田のクラッカー、懐かしくて買ってみたら、これが美味しいのなんのって

それにしても懐かしいねぇ…
買い物に来るお客で、僕ら位の年齢の人は、商品をみると、皆が
「当たり前田のクラッカー、エー、懐かしい…」
「てなもんや三度笠だったよね…」
「白木実」
「ああ、そうそう…」
「藤田まこと、と もう一人…」
「大村崑だったけ」
「…」
若い人(女性)
その会話を横できいていて、ニコニコと
で、
「知らない」と聞くと、
「知りません でも、おじさんたちがノリノリで話しているのが楽しくて…(笑い)」
「そう、大村崑知らない、オロナミンCだったけ」
「そうそう、嬉しいと眼鏡が落ちるんです」
「あったねぇ、ダイハツミゼット…」
「それは古い、もっと古い(笑い)」
はは、一気に3丁目の夕陽だね…
知らない人どうしでも、共通の話題があると、まるで波動伝播…
みんなニコニコしながら、声のトーンをあげて大声で…
こういうの、好きだな、楽しいね…
これが下町の良さ、こういう雰囲気、大切にしなければね…

スマホカメラで撮影、緋毛氈の作りだす不思議な空間

写真を撮る、撮らないは心の何が決めるんだろうねぇ

何回も何回も見ているのに、ねぇ、なんで昨日撮ったんだろうねぇ…、
自分でもよく分らないのだけれど、写真にすると、それなりの絵になるから面白いね…
考えるにおそらく、見る度に気になってたんだろうね、
しかし、わざわざ立ち止まって撮る程の魅力は感じなかったんだろうねぇ、
それが昨日は、午前中に仕事が終わって、阿佐ヶ谷駅まで車で送ってくれたので、時間にゆとりがあったから撮る気になったんだね…多分
それと、数日前からスマホで写真を撮るシリーズを始めたから、「よしこれ」ということで撮ったんんだと思う。
そうか、そうだったんだ…
自分の行動、自分の意志なのに…なぜ撮ったというのをこうして考えないと出てこない、本当に不思議だよね…
でも、こうして撮って、
何か書かなきゃと思ってコンピュータのスイッチを入れると、いつの間にか、自分とのこういう対話が始まって、気が付くと、ちゃんと文章になってるの、面白いね…そして不思議だね…
どうやらこれをアドリブというらしいが、僕にはこの手法がピッタリなの(笑い)

ペリステリア・エリタ、パナマの国花らしいのだそうだが、珍しいんだってね、この花

この花、稀にしか見ることができない貴重な花なんだってね。
パナマの国花で、愛称を「鳩の蘭」というのだそう。

貴重とはどういうことかと、調べて見ると
「絶滅の恐れがあるとして、ワシントン条約で、商業目的の取引は禁止されている植物」と。
そして、開花する大きさまで育つのに、10年かかるらしい。
なる程、これは貴重だ。

ところで、愛称をなぜ「鳩の蘭」と呼ばれるのか…
調べてみると、
花芯、花の中央が、鳩のように見えるからと。
言われてみればそうだよね…
確かに確かに、鳩だよねこれ…
説明を読むと、これは(鳩に見えるのは、雄蕊と雌しべが合体した様子)とか、稀にしか見られないらしい。
ウーン、これは貴重だ。
ということは、その写真が撮れた(遭遇した)ということは、ラッキーだったということだね…凄い。

広告


 

名前:クボッチ

写真好き トレンドを中心に書いていきます