discover essei phone photo

スマホカメラを愉しむ 今日のタイトルは ハイビスカスの花の中に潜む宇宙人を発見

投稿日:

僕にはどう見ても、赤いところが顔に見えるの

そう考えると
「そうか
宇宙人はこういうところに潜んで情報を収集してるんだな」と
つい思ったりしてね、

宇宙人もしかしたらいろんなものに溶け込んでいるのかも

何かの本で読んだ記憶があるけれど
宇宙人は昔々から地球に来ていて
花の中に潜んだり、
ペットになったり
また人間に成ったりして
いろんなところで情報収集をしているんだと…
SFとか僕はあんまり好きではないけれど
時折り出てくる突飛もない天才などは、
もしかしたら宇宙人
そう考えても不思議ではないな…と(笑い)

空想もキッチリとしたストーリーができれば作品になるのに

例えば相対性理論みたいなものがキッチリと理解できれば
僕にもSF書けるかもと思うんだけれど
残念ながら、
そういう能力はないから僕は、
普通の人なのである(残念)…
そう、
ちょっと変わり者で、
言い換えれば、
完全ではない
ちょっと出来損ないの人間なんだけど
出来損ないだったから、
僕には僕にしかできない人生を、
まろびつつ まろびつつではあるが、
なんとかここまで生きてこれたと思うのである。

人生を結果から見ると面白い

大学受験に失敗し
行くところがなくて導かれるように写真の学校に行き
しかしそこも途中で辞めて
祖父(母の父)の力で
できたばかりの山陽新聞(岡山)のグループ会社にカメラマンとして就職させてもらい
そこも3年弱で辞め
再び東京に出てきて、
スタジオで約2年働いてから
フリーランスのカメラマンとして独立してから
なんとかかんとか
その世界にぶらさがって生きてきたのだけれど、
今になって考えると、
なんとかかんとか生きてこられたのが不思議
そのくらい
変な人生なんだけれど、
しかし
その途中 途中には奇跡としか言えないことが何度も起きて、
それが、
まるでアラジンの魔法のランプのように、
道をつくってくれたのだった。

ただ流れに乗って生きてきた

それが僕の人生だった
何も考えないで
ただ流れに乗って生きてきた
「活かされてきた」人生なんだけど、
トラックレコードでその軌跡を辿ると、
なんとなく恰好ついているから面白いね…

僕が結婚したのは22歳
基礎の勉強が全く出来ていなかった僕に
知識というものを叩き込んだのは元カミで
それがあったからこそ、
こうして生きてこれたんだと思うと、
結婚は貴重なものだったと今になって感謝しているのである。

元カミが言った何気ない一言はなんとも鋭い刃だった

数年前、
叔母の一周忌の行事を旅行に変えて
姉と僕と元カミの3人で青森に旅行に行ったのだけれど
棟方志功記念館を出て雪の中でバスを待っている時
なんの話からそうなったのかは忘れたけれど
「あなたはもっと伸びる才能を持っていたのに伸びなかった最大の原因は、
私を捨てたこと」
元カミがそう言ったのを横で姉が聞いて
「アハハ」
と噴出してから
「言えてる」と、
これにはまいった…(笑い)
しかし
結果から見れば
いろいろあっても、
人生は
「なるべくしてなっている」
と、
思ったのである。
デラシネ
そう、
流れに任せて生きるのも悪くはないと思っているのである。
今日もまたとりとめのないことになってしまった…(笑い)
それもまた、
ブログの楽しみなのである。

 

-discover, essei, phone, photo

執筆者:


  1. 「うったて」 より:

    おはようございます、久保さん。
    なんとも面妖な風体ですねぇ……。
    どきりとする不気味さ。
    久保さんのご想像、たいへんおもしろいです(^^)

    手前も常常できそこないだと思いよるけども、振り返ってみて楽しかったと思える人生にしたいものです。

    >「あなたはもっと伸びる才能を持っていたのに伸びなかった最大の原因は、
    私を捨てたこと」
    前後の状況を抜きにして、手前の心は「きゅん」となりました。
    (*・ω・)

comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

棟方は言った「わだばゴッホになる」だがゴッホにはなれなかった世界の棟方になった

ヒマワリを見ると思いだす「彫る・棟方志功の世界」(毎日映画社)という映画の最後のナレーション
何回見て感動する。
感動って素晴らしい

電子書籍「私の和菓子帳」(豐田裕子 まめしば書房)が、Kindleで出版され昨日からAmazonで発売されている

著者の豐田裕子さんは、老舗の和菓子作りの家に生まれ、子供の頃から木型を見、和菓子作りの音を聞いて育った、
店はもう閉じたが、木型は残っている。
『わたしの和菓子帖』(まめしば書房)は、その木型に焦点を当てたエッセイ集、
文章、写真、デザイン、構成…
どれをとっても素晴らしい。
早速、買わせていただいた。いいね、最高」

全国公募の「第27回極美本展」を見に、東京都美術館(上野)に行ってきた

目次写真は、「極美賞」に選ばれた友達の知り合いの作品 受賞作は、やっぱり輝いている。美術館を出ると、風、雨脚は益々激しくなっていて、アッという間に靴の中はビショビショ。懐かしいねぇ、ヨシカミ、久しぶり …

オレンジのバラ 花と話し花を撮る僕の楽しみ

ただ美しいだけでは僕はシャッターはきらないんだよ
こうして会話しながら
どこかにセクシーを感じないとね…
だから僕の写真を見る女性たちから
「あなたの写真は なにかエロスなのよね…」
なんていわれるんだけど
僕はそれ褒め言葉と受け取って笑ってるの…

スマホカメラで愉しむ美の世界 シンプルな舞台装置の奥深さ その美しさに心奪われ

言葉を変えると
アンテナの感度が高まったというかね…
そうすると、
今までは気がつかなかったものに目が行くようになって、
それがまた、
とても楽しませてくれるの…
おそらくそれは、
これまでに蓄えた情報や知識、
経験や体験が花開いて
そういう感覚にしてくれているのだと思うのだが、
これが面白くて
もっかの人生を僕は愉しんでいるのだけれど…
本当に素晴らしい
それに気づかせてくれたのが、
僕を劇場に誘ってくれた演出家の先生との会話だった
ドトールでコーヒーを飲みながら…(笑い)

広告


 

名前:クボッチ

写真好き トレンドを中心に書いていきます