コラム フォトエッセイ 思いつき 雑記

人生はタイミングだね。ラッキーで桃と温かい心の交流をいただいた

投稿日:

久しぶりに感じた、心の交流

昨日、知り合いを尋ねたら、
「あら、いいところに来たわ、これ持って帰って」
そう言って、大きな桃を2ついただいた。
どうやら、今、届いたばかりというところだったらしい。
説明を聞いて
「ラッキー」
そう言って喜ぶと
「本当、タイミングよね」
アハハハ…」
「ありがとうございます」
そう言って、用事を済ませて帰ったのだが、
その会話の中には心の交流があって、なんていうのかな、
温かさ、そう、ほのぼのとした心地良い心の温かさも同時にいただいた、そんな気がして、久々、ホッとさせてもらった。

 

心の交流、もしかしたらそんな言葉も死語になりつつかも

最近、特に感じるのだが、
時代とともにこういう心の交流が薄れていっていると思っていた矢先だったから…

インターネット上でのやりとり、そりゃ確かに便利がいいよ。
コロナの関係で、オンライン会議とか、そういうコミニケーションがもてはやされているが、本当にそんなのでいいのかねぇ。

フェイスツーフェイスが常識の社会で生きてきた僕たちには、理解できないものがある。
だって電話ですら込み入った話になると

まるで、昔、映画で見たような、そんな時代になっているんだ

「やっぱり合わなきゃダメだな、これから行くわ」
というように、最後はやっぱり顔を合わせて話をしてたんだもの…
昔見た映画で、人間はカプセルの中に入って皆寝ているのだけれど、脳は活発に動いていて、場面では、現実と同じようにドラマが展開されてるの。なんて言ったかなぁ、マイノリティ、メイトリックスだったかなぁ、そんな映画がふっと思い出された。
まぁ、僕の時代は、今までの生き方でも、なんとかやっていけるとは思うけれど、すでに限界がきているのは、身をもって感じる。

人間がまるでAIに思えてしまった

昨日、お墓の掃除の継続契約のお金を郵便局で振り込もうと思って行ったら、
「スミマセンお客さん、郵便局の窓口は4時までなんですよ」
時計を見ると、時計の針は4時を2、3分回っていた。
「ダメですか」
「ダメです」
それが民間企業のサービスかと思ったが、ダメと言われりゃしょうがない。
昔は、郵便局(民間企業ではない)でも、
「本当はダメなんですけどね、次からは気をつけてくださいね」
そう言って、ちゃんとやってくれたんだけれどね…

こういうのにも、やっぱり慣れていかなきゃダメなんだよね。

-コラム, フォトエッセイ, 思いつき, 雑記

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

オッツ ミュージカル いい声だねぇ なんだか嬉しくなっちゃうねぇ

目次とっても 気持ちよさそう上手いのかって、それにしても、お花の合唱隊、おもい切り声だして、気持ちよさそうだよねぇ「かーなーしみの 向こうに なにーが あるの」 とっても 気持ちよさそう 腹の底から、 …

皇帝ダリア

目次なんとなく、咲き誇っている、そんな感じ。皇帝ダリア「ラストエンペラー」も辛かった。もしかしたら、「皇帝ダリア」は、「皇帝」と呼ばれていることを、知っているのかもしれないね…取材の基本を教えてくれた …

ヒヨドリ、羽を広げると、本当に美しい

目次羽を広げた写真が見せたくて、再び登場願ったの それにしても、よく撮れたよね、こんなシーン、自分でも驚いているハハハ…それから連日公園に通って、何度も何度も失敗しながらやっと捉まえたのがこれ。僕は、 …

ナマハゲムーン 秋田県で開発されたダリアらしい

目次ナマハゲとは月の写真随分撮った。でも今のように簡単ではなかった赤から黄色にそして透明になって天高くに舞い上がるのである ナマハゲムーンというのだそう。 調べて見ると、秋田県で作られたダリアで、平成 …

トラフアナナス パイナップル科の植物らしいが、この写真に僕は鑑真 海を渡るというタイトルをつけることにした

写真はトラファアナナスの花(?)
だが、この写真が何を撮ったものであろうと、「僕にはそう見える」、あるいは「そう感じる」ということでタイトルは着ければいいと思っているから、
「鑑真海を渡る」というタイトルにしたの。

そんな風には見えない?
僕にはそのように見えるの。
遣唐使の時代、小さな船に乗って海を渡るのには、覚悟がいった。
雨、風、海の荒れ…まさに、魔物と戦う大航海。
しかしその大航海は人の裏切りなどもあって、苦難につぐ苦難の連続で、鑑真の船も何度も難破して、計画してから日本に来るまでに10年の歳月を用しているのである。

広告


 

名前:クボッチ

写真好き トレンドを中心に書いていきます