コラム フォトエッセイ 思いつき 雑記

人生はタイミングだね。ラッキーで桃と温かい心の交流をいただいた

投稿日:

久しぶりに感じた、心の交流

昨日、知り合いを尋ねたら、
「あら、いいところに来たわ、これ持って帰って」
そう言って、大きな桃を2ついただいた。
どうやら、今、届いたばかりというところだったらしい。
説明を聞いて
「ラッキー」
そう言って喜ぶと
「本当、タイミングよね」
アハハハ…」
「ありがとうございます」
そう言って、用事を済ませて帰ったのだが、
その会話の中には心の交流があって、なんていうのかな、
温かさ、そう、ほのぼのとした心地良い心の温かさも同時にいただいた、そんな気がして、久々、ホッとさせてもらった。

 

心の交流、もしかしたらそんな言葉も死語になりつつかも

最近、特に感じるのだが、
時代とともにこういう心の交流が薄れていっていると思っていた矢先だったから…

インターネット上でのやりとり、そりゃ確かに便利がいいよ。
コロナの関係で、オンライン会議とか、そういうコミニケーションがもてはやされているが、本当にそんなのでいいのかねぇ。

フェイスツーフェイスが常識の社会で生きてきた僕たちには、理解できないものがある。
だって電話ですら込み入った話になると

まるで、昔、映画で見たような、そんな時代になっているんだ

「やっぱり合わなきゃダメだな、これから行くわ」
というように、最後はやっぱり顔を合わせて話をしてたんだもの…
昔見た映画で、人間はカプセルの中に入って皆寝ているのだけれど、脳は活発に動いていて、場面では、現実と同じようにドラマが展開されてるの。なんて言ったかなぁ、マイノリティ、メイトリックスだったかなぁ、そんな映画がふっと思い出された。
まぁ、僕の時代は、今までの生き方でも、なんとかやっていけるとは思うけれど、すでに限界がきているのは、身をもって感じる。

人間がまるでAIに思えてしまった

昨日、お墓の掃除の継続契約のお金を郵便局で振り込もうと思って行ったら、
「スミマセンお客さん、郵便局の窓口は4時までなんですよ」
時計を見ると、時計の針は4時を2、3分回っていた。
「ダメですか」
「ダメです」
それが民間企業のサービスかと思ったが、ダメと言われりゃしょうがない。
昔は、郵便局(民間企業ではない)でも、
「本当はダメなんですけどね、次からは気をつけてくださいね」
そう言って、ちゃんとやってくれたんだけれどね…

こういうのにも、やっぱり慣れていかなきゃダメなんだよね。

-コラム, フォトエッセイ, 思いつき, 雑記

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

小エビソウ 形が小エビの尻尾ににているから、そう呼ばれているらしい。

目次昨日はちょっと、失敗、ストレス解消で逆にストレスを受けることに時間をつぶすために飲む酒ほど辛いものはないコエビソウ、まるでお寿司が木になっているみたい路地裏のいたるところで見かけるコエビソウ、エビ …

春の印象 張りつめていた空気がほんわか緩んで、ああ いいね

目次ああ 春だと思わず何気ないない日常の中の何気ない非日常、それがいいのだスマホ忘れて、再びの小旅行全てを紐でつないでポケットに、ポケットは物を入れるところではないのだ ああ 春だと思わず 五日市の小 …

スパティーフィラム 神秘的な花だなと思ったら、名前がやっぱり仏炎苞

目次花の名前を書くのは、正直言って勇気がいる白い部分は花ではなく、花は真ん中のブツブツの棒のようなところらしいこの花を見た瞬間、白が命と感じ、それを撮ったこの花にはやっぱり神秘がよく似合う知的欲求はい …

秋を感じようと、好きな散歩道をちょっと歩いてみた。これ、大都会新宿の風景なんですけど

目次ここ、新宿御苑の脇道 ここを僕は勝手に哲学の道としているのである歌を聴きながら、情けない奴と思いながら、なぜか聴いている僕もおかしいヒンヤリと冷たい黄昏の秋の風の中で、非日常的な土の道を歩ていたら …

電子書籍ついに出版 本づくりという目標ができて、益々愉しみの幅が広がってきた

目次念願だった電子書籍写真集をついに出版した。お米の受粉は風まかせとい学説に疑問 ちゃんと、意識を持って確実に受粉しているのが見てとれる米づくりをする人さえ知らなかった雌しべの存在望遠レンズを逆さまに …

広告


 

名前:クボッチ

写真好き トレンドを中心に書いていきます