コラム フォトエッセイ 写真エッセイ 雑記

いいね日本の文化 とっても落ち着く

投稿日:

 

こういう店、好きだなぁ

昨日、カントリーのライブ、楽しかったんだけど、帰り、
友達が、ゴールデン街(新宿)に、馴染みの店があるというので、ちょっとだけ。
ゴールデン街と聞いた瞬間、カウンターの店だなと思っていたんだけど、中に入った瞬間に
「エッ」と思わず声が。
なぜって、写真のような囲炉裏があって、ママさん(女将といった方が相応しい)がなんとも粋なの。

三味線、いい音だねぇ

お通しで出てきた、里芋の煮つけ、イロリでやいたシシャモの美味しいこと。
「レコードでもかけましょうか」というので、
「三味線の方がいいです」というと、新内をいろいろと聞かせてくれ
「黒田節ならいけるでしょう」というので、随分、とっても随分、久しぶりに三味線に合わせて…
いいね、三味線の音…
すると、来年、お座敷に仲間でいくんだけど、声かけるよと友達が。
一瞬、「エッ」と思ったが、
「それはまあ、幇間を楽しむという、企画のものだから」というので、ちょっと安心(笑い)
昨日は、ライブの後だったので、ゆっくりできなかったが、この店、スッカリ気に入った。

ライブ、ウン、楽しかったよ。

山下直子さん、とっても、可愛い。
写真も撮ったので、それも出さなければならないのだけれど、昨日は、帰りが遅くなったので、整理する時間がなくて…
昨日は、僕も含めて、友達の仲間6人が集まったのだけど、なんと、カメラマンが3人。
皆、スマホで、僕だけコンデジだったのだけれど、みんな上手い。
「これなんかどう」
そう言って見せ合うのだが、やっぱりいい表情つかまえるよね…
昨日集まった仲間は僕よりも10歳も上なんだけど、皆元気で現役。
「こんど、手が足りない時、頼んでいい」というので、「いつでもどうぞ」と。
で、実は登録カメラマンというのがあって、それに今誘われているんだけど━というと、そりゃやるべきだよと。

なんか、やる気が出てきたな

「審査通ったら、僕にも、そのやり方教えてと」
こりゃ、大変だ。
「審査通るかなぁ」
そういうと、
「大丈夫、若い人にはまだまだ負けない」と、とても元気なのだ。
 しかし、何はともあれ、応募しなければ何も始まらないので、新人になったつもりで、挑戦してみよう

昨日、休んだことによって、今週は、今日、明日、明後日と、仕事入れられてしまった。
頑張らなければ…
ではでは、今日もよろし、明日もよろし、ご機嫌よう…

 

-コラム, フォトエッセイ, 写真エッセイ, 雑記

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

ドラゴンフルーツ

目次外見からは想像できない美味しい果実だった話が横道にそれてしまうのは、僕の悪いくせ、元に戻そう。まさか、東京でドラゴンフルーツの写真が撮れるとは なぜなら僕は写真コレクターだから…そう、失われた光景 …

寒さの中に、何か新しさを感じる、季節は確実に動いている、動きつつあるのだ

目次年が変わったというだけで、風景までも変わって見える、面白いね風景写真なんて、歳をとってから撮りなさい「先生、もう風景写真しか撮れない歳になっちゃったよ…」 年が変わったというだけで、風景までも変わ …

冷たい白桃のお汁粉、とても美味しい、だって使ってる桃が違うもの。

これ、どうやって食べるの、
「とりあえずお汁粉を一口、食べてみて」
「甘くてあっさりしていて、桃の香りがして、美味しい」
「そうしたら今度は、果肉を一緒に食べてみて」
「オオッ ちょっと酸味のある美味しい桃の味がひと際、美味さを引き出すねぇ」
「ああ、よかった」
「エッツ、だって、こんなに美味しいもの食べたことないもの…」

緋衣崑崙花を見てつい連想してしまった西遊記、玄奘三蔵インドへの旅

目次まさに法衣を着た花だねヒゴロモコンロンカ 漢字で書くと緋衣崑崙花。崑崙山脈は中国西部にある山脈で、西遊記の舞台蘭州の肉ラーメンが、日本のラーメン(志那そばの原型)?花の名前から連想するのは、やっぱ …

ウワーッと感動させてくれるんだけど、どこか淋しい冬の夕暮れ

目次ウワッ なんだこれは…夕陽がとっても美しいパッと構えてパッと撮る。モニターを見る。露出オーバーで真っ白。逆光の撮影本当に難しい沙漠で撮った時もそうだった写真をみながら思った ウワッ なんだこれは… …

広告


 

名前:クボッチ

写真好き トレンドを中心に書いていきます