コラム フォトエッセイ 写真エッセイ 雑記

いいね日本の文化 とっても落ち着く

投稿日:

 

こういう店、好きだなぁ

昨日、カントリーのライブ、楽しかったんだけど、帰り、
友達が、ゴールデン街(新宿)に、馴染みの店があるというので、ちょっとだけ。
ゴールデン街と聞いた瞬間、カウンターの店だなと思っていたんだけど、中に入った瞬間に
「エッ」と思わず声が。
なぜって、写真のような囲炉裏があって、ママさん(女将といった方が相応しい)がなんとも粋なの。

三味線、いい音だねぇ

お通しで出てきた、里芋の煮つけ、イロリでやいたシシャモの美味しいこと。
「レコードでもかけましょうか」というので、
「三味線の方がいいです」というと、新内をいろいろと聞かせてくれ
「黒田節ならいけるでしょう」というので、随分、とっても随分、久しぶりに三味線に合わせて…
いいね、三味線の音…
すると、来年、お座敷に仲間でいくんだけど、声かけるよと友達が。
一瞬、「エッ」と思ったが、
「それはまあ、幇間を楽しむという、企画のものだから」というので、ちょっと安心(笑い)
昨日は、ライブの後だったので、ゆっくりできなかったが、この店、スッカリ気に入った。

ライブ、ウン、楽しかったよ。

山下直子さん、とっても、可愛い。
写真も撮ったので、それも出さなければならないのだけれど、昨日は、帰りが遅くなったので、整理する時間がなくて…
昨日は、僕も含めて、友達の仲間6人が集まったのだけど、なんと、カメラマンが3人。
皆、スマホで、僕だけコンデジだったのだけれど、みんな上手い。
「これなんかどう」
そう言って見せ合うのだが、やっぱりいい表情つかまえるよね…
昨日集まった仲間は僕よりも10歳も上なんだけど、皆元気で現役。
「こんど、手が足りない時、頼んでいい」というので、「いつでもどうぞ」と。
で、実は登録カメラマンというのがあって、それに今誘われているんだけど━というと、そりゃやるべきだよと。

なんか、やる気が出てきたな

「審査通ったら、僕にも、そのやり方教えてと」
こりゃ、大変だ。
「審査通るかなぁ」
そういうと、
「大丈夫、若い人にはまだまだ負けない」と、とても元気なのだ。
 しかし、何はともあれ、応募しなければ何も始まらないので、新人になったつもりで、挑戦してみよう

昨日、休んだことによって、今週は、今日、明日、明後日と、仕事入れられてしまった。
頑張らなければ…
ではでは、今日もよろし、明日もよろし、ご機嫌よう…

 

-コラム, フォトエッセイ, 写真エッセイ, 雑記

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

青鷺・アオサギ その目の鋭さ、生きることの厳しさを感じさせる

目次鋭いねぇ、この目なんか、武士道に通じるものがある。そんな気がする。何を知りたいかを知る、ジャーナリストにとって、それが最も大切なこと 鋭いねぇ、この目 生きることの厳しさを教えてくれているような、 …

グミの実 不思議な果実 ちょっと酸っぱくて甘くておいしいのに販売用栽培はないらしい

目次なんとなく郷愁を誘う果実グミ赤い実を見ると思いだす甘くて酸っぱくてちょっと渋い独特のあの味昨日は元スタッフの女性にきてもらって、久々の喧々諤々 なんとなく郷愁を誘う果実グミ 梅雨時に赤い実が目に飛 …

あつ森(あつまれどうぶつの森)における、黒いユリの作り方(咲かせ方)に関する記事が超人気に

目次あつ森(あつまれ森の動物たち)で黒ゆり、人気になったみたいどことなく情熱的でどことなく神秘的 こういうタイプに僕は弱いの黒ユリの唄 昭和25年のヒット曲ところで、「あつ森」(あつまれ森の動物たち) …

紅花羽衣の木に咲く花、その印象は夏の夜空に咲く打ち上げ花火

目次華やかだが、どことなく憂いがあって、こういう印象、僕は好きだな人とは違う写真を意識しなければ、それでもプロなのと言われてしまう。そんな時代なのだ独自の世界とは一人よがりの自己満足を全面に出すことし …

なんとも大胆な色の組み合わせだね、でも違和感はない。色って本当に面白ね

目次普通は考えられないよね、この配色。自分の基本の色は?わざわざなんで、その組み合わせという人も結構めだつ決めたら、それで通す、どうやらそれがいいらしい   普通は考えられないよね、この配色。 でも、 …

広告


 

名前:クボッチ

写真好き トレンドを中心に書いていきます