コラム フォトエッセイ 写真エッセイ 雑記

さがり花

投稿日:

夜咲く花なのに、咲き残っていた

昼、結構遅い時間だったのに咲いていた。
奇跡だね、
いつ来ても、落ちた花しか見えなかったのに、しっかりと咲いている。
これは撮らなければ━そう思ってじっと見ていたら、中年の女性が横に来て
「なんとも言えない、妖艶な花ですねぇ、何回も来ているんだけれど見えたの初めて」
そう声をかけてきたので
「夜に咲く花らしいですよ」
そういうと、
「どうりで、いつ来ても落ちた花ばかりで、一度は見たいと思っていたの。撮っていいですか」というので、
どうぞと、ポジションを空けると、
今、立っている位置から、スマホでパシャンと。
「…」

ディスタンスを考えないと、そう思ったので、ついお節介をしてしまった

どう見ても、その位置よりは、こっちだろうと思ったので、
「ここから、この角度で、こういう風に切り取ってみてください」
「こうですか…」
「うん、もうちょっと、ズーミングして」
「そうそう、そこそこ」
「あっらぁ 素晴らしい、写真って撮る位置によってこんなに違うの、ありがとうございました」
とても喜んでいた。
そうなの、写真って、撮る位置によって、表情がまったく変わってくるの。しかもわずか数センチ、数ミリの差で…やっぱり、何を撮るかということが分からないと、そういうのは分からないよね…

撮り方に法則はないので、自由でいいんだけどね

イヤイヤ、写真はこうでなければならないという法則なんか何もないので、好きに撮ったらいいのだけれど、やっぱりね…

僕は、この花の持つ妖しさ、これを狙ってみたのだけれど、どうだろうか…
「夢は夜開く、なんとなくそんな感じ」
妖しさは、儚さも抱いているので、タイミング的には、丁度良かったのかも知れないね。
花を花として見るか、花を見て、特別の何かを見だすのか、
そんなことを考えながら撮るのが、僕は好きなの、
だって、頼まれて撮ってるのではなく、楽しみとして撮っているのだから…ね
昔、
「専門学校からは芸術家は生まれない」というのを聞いたことがある。が、今頃になって、その言葉の意味が理解できたような気がしてきた。そんな気がする…
秋はやっぱり、哲学がいいね…
哲学?よくわからないけれどハハハ…

-コラム, フォトエッセイ, 写真エッセイ, 雑記

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

バラ プレイボーイというのだけれど、ちょっと黄昏ている。それもまたいいね

目次黄昏のプレイボーイ美しさは魅力と同義語ではない初代ジェームスボンドはやっぱり、恰好いい 黄昏のプレイボーイ プレイボーイというバラなんだけど、もう、峠を越えて、黄昏ている。 そうだな、人間の年齢で …

生きるを感じる  

目次この写真を見ていると、生きるを感じさせてくれるのである。「花の命は短くて…」食は文化やファッションではない しかし、コロナ下(禍) この写真を見ていると、生きるを感じさせてくれるのである。 道端で …

ヒヨドリ なんとなく緊張感が。だってもうすぐ、赤ちゃんが出てくるんだもの。

当然のことながら、卵を産むのはメスで、温めるのもメス。
では、オスは何してんの…
心配ない、メスのためにエサを運んで、ちゃんと協力してるから…
もしかしたら、僕より立派かも(笑い)
僕なんか、大事な時に居たためしがないと、随分言われたもの…
昭和の男はみんなそうだったと思うけどねぇ(僕の勝手な思い込み)
それでも、昭和も終わりの方になると、
「あいつ、カエルコールしてるぜ」
なんて、みんなで笑ってたりしたんだけどね、今は育児休暇を男がとる時代だから…ねぇ
そういう意味では、鳥の方が、夫としての役目果たしているから立派かもしれない。

ルドベキア まるで子供が描く太陽だね、この写真

目次この花、まるで太陽みたい休んでいてお金がもらえる有給休暇、嬉しいねぇ夏休みの一日は孫守り この花、まるで太陽みたい ハハハ、まるで、子供の描く太陽だね。 ゴッホのヒマワリも強烈だけど、この花にも、 …

やっぱり花はいいねぇ、心をとても和ませてくれる

目次姫芙蓉やっぱり花はいいねぇ、存在そのものがセラピスト「元気なら、いつまで来てくれてもいいですよ」と言われてはいるが、こちらの体力が問題だよねぇ(笑い)直観だけが、僕の誇れる唯一の才能 姫芙蓉 この …

広告


 

名前:クボッチ

写真好き トレンドを中心に書いていきます