コラム フォトエッセイ 思いつき 雑記

デンドロキラム・マグナムという花なんだけど、「マグナム」という名前に反応して

投稿日:

ちょっと時期外れかもしれないけれど

この花、撮影してしばらく時間が経っているから、もしかしたら、季節外れかも。なんだけど、
雰囲気、結構気に入っているので、掲載することにした。
デンドロキナム・マグナムという名札を撮影してから撮っているので、多分、間違ってはいないと思うけれど…

花の形もお気に入りだが、
「マグナム」という名前にちょっと、反応したの。
植物とはまったく関係ないのだけれど、ちょっとだけ…

若い人には分からないと思うけど。「ライフ」という雑誌が昔あってね、日本の雑誌じゃない、アメリカの雑誌。
しかし、読者は世界中にいたの。
写真を主役にした、グラフ誌で、世界のニュースがそれには載っていたの。
その雑誌を支えたのが、「マグナム」という写真家集団で、
アンリ・カルチェブレッソン、ロバート・キャパ、ユージン・スミス、マーガレットバーク=フォワイト(ライフ創刊の表紙を撮ったフォト・ジャーナリスト マグナムの会員だったかどうかは分からない)など、有名カメラマンが沢山いて、憧れの世界だったの。

 

僕は特にユージンスミスのフォトエッセイが好きで、Uスミスの写真は、今も脳裏に焼き付いている

そのマグナムの創設の話が面白い。
創設者はロバート・キャパ、アンリ・カルチェ=ブレッソン、ジョージ・ロジャー、デビット・シーモア。
この4人、確か「サンニュース」という新聞社の面接にきて、不合格になって、地下の酒場に行ったところ、不合格となった連中が、たまたまそこで集って、話しているうちに、写真家のグループを創ろうということで盛り上がってできたのが「マグナム」という話。
マグナムというのは、シャンペンの大瓶という意味だったというのを、学生時代に聞いた記憶があるのだが、未確認なので、ここは(?)付きで(笑い)
そんなことを思い出したので、この花、どうしてもアップしたかったのである。

いいよね、そういう出会いって…

こういうのを思い出すと、つい、気分は青春に戻って、
「カメラマン やっぱり恰好いいよね」と思うと同時に、
「やっぱり、生涯現役」でいくべきだなという思いが首をもたげてきて、昨日、出張カメラマンの登録用紙に必要事項を書き込んで申請した(ネットでだけど)
審査が通るかどうかはまだ分からないが、多分大丈夫だと思っている。
なぜ、そういう所に登録するかというと、集客をそこでやってくれるから。
で、オファーがかかったら、依頼主と話しあって、受ける、受けないを決めればいいということなので気楽なの。
月に1、2本でも、依頼があればいいなと思っている、そんな程度だから、軽い気持ちで応募したのだけど、やっぱり、再び現役となると、ちょっと緊張する。
その緊張感がまたいいのである。

今日は仕事、そろそろ行く準備をしなくては…
ではでは、今日も元気でごきげんよう

-コラム, フォトエッセイ, 思いつき, 雑記

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

OHきまってるねぇ 

目次オンシジューム君との会話働くって、何人間の世界って、難しいんだ働くって楽しいのオンシジューム君と、長々と立ち話をしてしまった オンシジューム君との会話 「OHサングラス 似合ってるぜ」 「ウン こ …

もしかして竜巻 赤いのは、夕陽の反射? 怪奇現象にはちがいない

目次これは最近の写真ではありませんなぞはなぞのままの方が神秘的でロマンがある。でも、やっぱり、竜巻 どうして起こるのか気になるので、調べてみた。積乱雲とは竜巻の風速竜巻が発生する時期 これは最近の写真 …

島桜 咲いている姿がすでに生け花…

目次忘れていた大切なものを思い起させてくれた花「シマサクラ」タオ(道)まさに「花道」だとつくづく思う…やっぱり芭蕉の575 凄いんだ 忘れていた大切なものを思い起させてくれた花「シマサクラ」 シマサク …

どこか神秘な森の妖精、御嶽山のレンゲショウマと丹三郎そばこそ夏のトレンド

丹三郎蕎麦は、古里駅から10分程歩いたところ。

藁葺き屋根の古民家(写真参照)
三間流れの座敷で、冷たい水で絞られた御絞りが、なんとも気持ちがいい。
上がり框を上がって、黒光りのする板の間をちょっと歩くと、そこがお座敷。

11時開店なのに、すでに満席、なくなると売り切れ御免
注文するのは、蕎麦がきと、稚鮎の天ぷら、舞茸の天ぷら、時に鮎の塩焼き、澤乃井の「超辛口」セイロ蕎麦、デザートに冷たいおしるこ。
おしるこは別にして後の品書きは、すべて一人前を二人で食べて丁度いいくらい。
やっぱりいいねぇ、天然のクーラーで、座敷に座って食べる、蕎麦屋の雰囲気。

一枚の写真には、数万語におよぶ記憶が書き込まれている

目次ビギナーズラックカメラを持ったのは、この時が初めて、その時 撮った写真でいきなり受賞コンテンポラリフォトグラフィーの時代今まさにこの瞬間を「私は写真家の久保と結婚したのであって、ビジネスマンの久保 …

広告


 

名前:クボッチ

写真好き トレンドを中心に書いていきます