コラム フォトエッセイ 思いつき 雑記

デンドロキラム・マグナムという花なんだけど、「マグナム」という名前に反応して

投稿日:

ちょっと時期外れかもしれないけれど

この花、撮影してしばらく時間が経っているから、もしかしたら、季節外れかも。なんだけど、
雰囲気、結構気に入っているので、掲載することにした。
デンドロキナム・マグナムという名札を撮影してから撮っているので、多分、間違ってはいないと思うけれど…

花の形もお気に入りだが、
「マグナム」という名前にちょっと、反応したの。
植物とはまったく関係ないのだけれど、ちょっとだけ…

若い人には分からないと思うけど。「ライフ」という雑誌が昔あってね、日本の雑誌じゃない、アメリカの雑誌。
しかし、読者は世界中にいたの。
写真を主役にした、グラフ誌で、世界のニュースがそれには載っていたの。
その雑誌を支えたのが、「マグナム」という写真家集団で、
アンリ・カルチェブレッソン、ロバート・キャパ、ユージン・スミス、マーガレットバーク=フォワイト(ライフ創刊の表紙を撮ったフォト・ジャーナリスト マグナムの会員だったかどうかは分からない)など、有名カメラマンが沢山いて、憧れの世界だったの。

 

僕は特にユージンスミスのフォトエッセイが好きで、Uスミスの写真は、今も脳裏に焼き付いている

そのマグナムの創設の話が面白い。
創設者はロバート・キャパ、アンリ・カルチェ=ブレッソン、ジョージ・ロジャー、デビット・シーモア。
この4人、確か「サンニュース」という新聞社の面接にきて、不合格になって、地下の酒場に行ったところ、不合格となった連中が、たまたまそこで集って、話しているうちに、写真家のグループを創ろうということで盛り上がってできたのが「マグナム」という話。
マグナムというのは、シャンペンの大瓶という意味だったというのを、学生時代に聞いた記憶があるのだが、未確認なので、ここは(?)付きで(笑い)
そんなことを思い出したので、この花、どうしてもアップしたかったのである。

いいよね、そういう出会いって…

こういうのを思い出すと、つい、気分は青春に戻って、
「カメラマン やっぱり恰好いいよね」と思うと同時に、
「やっぱり、生涯現役」でいくべきだなという思いが首をもたげてきて、昨日、出張カメラマンの登録用紙に必要事項を書き込んで申請した(ネットでだけど)
審査が通るかどうかはまだ分からないが、多分大丈夫だと思っている。
なぜ、そういう所に登録するかというと、集客をそこでやってくれるから。
で、オファーがかかったら、依頼主と話しあって、受ける、受けないを決めればいいということなので気楽なの。
月に1、2本でも、依頼があればいいなと思っている、そんな程度だから、軽い気持ちで応募したのだけど、やっぱり、再び現役となると、ちょっと緊張する。
その緊張感がまたいいのである。

今日は仕事、そろそろ行く準備をしなくては…
ではでは、今日も元気でごきげんよう

-コラム, フォトエッセイ, 思いつき, 雑記

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

ベコニア?シューカイドウ? 写真を撮って検索する度に出てくる解答が違うんだけど 

ベゴニアはシュウカイドウ科ベゴニア属に属する植物です。
約2000種の原種があり、そこから生まれる交配種に至っては星の数ほどあり、
幅広いバリエーションがある」(花郷園)のだそう
シュウカイドウ(秋海棠、学名:Begonia grandis)は、シュウカイドウ科シュウカイドウ属(ベゴニア属)に分類される多年生草本球根植物である。和名は中国名「秋海棠」の音読み。(Weblio辞典)
江戸時代に中国から渡来した帰化植物だそう
こういう説明を読んでも、僕には内容がなかなか理解できないんだよね、そう、詳しくみればみる程、頭の回線がもつれてしまうの。
だから、植物に詳しい人、凄いと敬服してしまう。

マステバリア・イグアナ

目次ゴージャスだけが美しいわけではないちょっとお洒落な大人の本がある。女とは休日の日の僕のコーヒーブレイク ゴージャスだけが美しいわけではない シンプルだけど、なんとも色っぽい花だなぁ… 色、形、花の …

葉っぱの名前はわからないが、逆光で透けて見える、その美しさ、美しい色に惹かれて撮ってみた。

目次逆光で透ける葉っぱ、その色に惹かれて太陽のつくりだす魅惑の世界自然って、素晴らしいアーチスト、葉っぱ、その模様を見る度に思うのであるやることはいっぱあるんだけどね、トホホ… 凄いね、毎月一人でも、 …

曼珠沙華

目次「困った時の金赤頼み」なんとなく妖しくて、なんとも不思議な花だよね曼珠沙華と言えば、巾着田なのだがこの花を見ると、「嗚呼今年も」とつい思ってしまう 「困った時の金赤頼み」 確か、そんな言葉があった …

やっぱり花はいいねぇ、心をとても和ませてくれる

目次姫芙蓉やっぱり花はいいねぇ、存在そのものがセラピスト「元気なら、いつまで来てくれてもいいですよ」と言われてはいるが、こちらの体力が問題だよねぇ(笑い)直観だけが、僕の誇れる唯一の才能 姫芙蓉 この …

広告


 

名前:クボッチ

写真好き トレンドを中心に書いていきます