コラム フォトエッセイ 雑記

紅葉の中に緑の葉っぱが効いて美しい

投稿日:

一眼レフ やっぱりいいね

久しぶりに、棚の中で埃を被っていた仕事用のカメラ(一眼レフ ニコン)を取り出し、埃を払い、レンズもクリーナーで掃除して、テスト撮影。
「ウッ 重い」
持っただけで気合が入る。
ファインダーを覗いて、パシャ パシャ パシャと、シャッタースピードを変えながら、シャッターボタンを押してみる。
やっぱりいいね、この感触。

 

久しぶりに、レンズを懐かしいバックに入れて…

お気に入りのハンテングワールドのレンズポーチに、長いレンズと、これまたお気に入りのレンズを入れてテスト撮影をしに公園へ。
今の季節、やっぱり撮るのは紅葉だよね。
雑木林の中に、赤いものが見えると、近づいてみる。
「オッ これいいな」と思ったのがこの写真。
瞬間的に長い玉に変えて、シャッターを切る。

モニターを見ながら「OH いいね」と独り言。

コンデジで撮っていた時には、これで十分と思ってたけれど、やっぱり、何かが違う。
拡大すると、やっぱり、大口径のレンズ、エッジの立ち方、デティ-ルの出方が微妙にちがうんだよね。
それにしても、この紅葉、美しい…
紅葉の中に緑の葉っぱと黄色い葉っぱがバランスよく混ざっていて、美しさをより引き立てている、そのように思っているのである。
しかし、写真をみながら、
「美しいというのは、万人の言える言葉、もっと違った表現はできないのかと自問するが、出てこない。

良寛さんやっぱり凄い

そういうことを思っていると、やっぱり出てくるのは
「裏を見せ、表を見せて散るもみじ」
良寛さんの句
うまいねぇ、あっさりと、さりげなく、奥深く…
口ずさんでは、ウーンとうなる。
色の織り成す秋のイメージ
美しかな、色の競演
コラボレーションで見せるオータムカラー
ウーン、どれもこれも今一だね…
やっぱり、素直に「美しい」がいいのか…
こんなことを書くと、貧弱な頭の中をさらけ出しているようで、恥ずかしい…

霜葉は二月の花よりも紅なり

ウーン、どこからこういうのが出てくるのだ。
「車を停めてそぞろに愛す楓林(ふうりん)の晩(くれ)

ただただ感嘆するばかりである・
まあ、写真を撮りながら、そういうことを感じただけでもいいか、
そう言えば、
先日会った女性は「美葉子」と書いて、「みよこ」と読みますと。
思わす、「秋生まれですか」と聞いてしまった(笑い)
葉っぱが美しいのは秋だけじゃないよね、春の新緑もある。
思わず、バカだなと思ってしまった(笑い)
実際、そうなんだけどね…
ではでは、…
今日は仕事なの。

 

-コラム, フォトエッセイ, 雑記

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

緋ねむは、いわゆる日本のねむ(ねぶ)ではない…

目次ネムと緋ネム芭蕉が詠んだねぶの花西施は中国古代の四美人の一人ネム、漢字で書くとなぜ合歓 合歓(ネム)に似ているが、緋ネムはネムではないらしい。 ネムと緋ネム 見た瞬間、「アッ ネムか」 そう思って …

オオムラサキ、日本の国蝶、理由は発見したのが、日本が最初だったから

目次発見されたのが日本だったということで、日本の国蝶に。発表する場があるということは、それだけで楽しいことなんだよね働きながら、自由を愉しむ環境に居られることの幸せ 夏の一時期しか見られない蝶々なのだ …

花にもいろんな個性がある。その個性を凝視すれば、表面では見えない何かが見えてくる

目次もしかしてこれ、宇宙人宇宙人とは、地球外生物で知性をもったものの総称宇宙人は自然の中に同化して、地球の情報収集をしているのかもしれない一人で写真を撮っていると、いろんなことが頭の中に浮かんで来て、 …

つわぶき これを、つわの花と言い換えると、格調が上がって初冬という季語になるのである

目次なんてことはない花なんだけど、色で撮らされたというか…日本語って、本当に奥が深い。一人身は、何をやっても遊びの世界、とっても楽しい。 なんてことはない花なんだけど、色で撮らされたというか… つわぶ …

ノスタルジックジャーニー 青春時代を過ごしたわが郷愁の町

目次アルバムもいいが、やっぱり電子書籍だねデータづくりで二日間、それも楽し 人間って、本当に勝手だよね、懐かしい友達の顔が、昔のまんまの姿で思いさされる これは、数年前にキャノンのフォトプレッソのテン …

広告


 

名前:クボッチ

写真好き トレンドを中心に書いていきます