コラム フォトエッセイ 雑記

紅葉の中に緑の葉っぱが効いて美しい

投稿日:

一眼レフ やっぱりいいね

久しぶりに、棚の中で埃を被っていた仕事用のカメラ(一眼レフ ニコン)を取り出し、埃を払い、レンズもクリーナーで掃除して、テスト撮影。
「ウッ 重い」
持っただけで気合が入る。
ファインダーを覗いて、パシャ パシャ パシャと、シャッタースピードを変えながら、シャッターボタンを押してみる。
やっぱりいいね、この感触。

 

久しぶりに、レンズを懐かしいバックに入れて…

お気に入りのハンテングワールドのレンズポーチに、長いレンズと、これまたお気に入りのレンズを入れてテスト撮影をしに公園へ。
今の季節、やっぱり撮るのは紅葉だよね。
雑木林の中に、赤いものが見えると、近づいてみる。
「オッ これいいな」と思ったのがこの写真。
瞬間的に長い玉に変えて、シャッターを切る。

モニターを見ながら「OH いいね」と独り言。

コンデジで撮っていた時には、これで十分と思ってたけれど、やっぱり、何かが違う。
拡大すると、やっぱり、大口径のレンズ、エッジの立ち方、デティ-ルの出方が微妙にちがうんだよね。
それにしても、この紅葉、美しい…
紅葉の中に緑の葉っぱと黄色い葉っぱがバランスよく混ざっていて、美しさをより引き立てている、そのように思っているのである。
しかし、写真をみながら、
「美しいというのは、万人の言える言葉、もっと違った表現はできないのかと自問するが、出てこない。

良寛さんやっぱり凄い

そういうことを思っていると、やっぱり出てくるのは
「裏を見せ、表を見せて散るもみじ」
良寛さんの句
うまいねぇ、あっさりと、さりげなく、奥深く…
口ずさんでは、ウーンとうなる。
色の織り成す秋のイメージ
美しかな、色の競演
コラボレーションで見せるオータムカラー
ウーン、どれもこれも今一だね…
やっぱり、素直に「美しい」がいいのか…
こんなことを書くと、貧弱な頭の中をさらけ出しているようで、恥ずかしい…

霜葉は二月の花よりも紅なり

ウーン、どこからこういうのが出てくるのだ。
「車を停めてそぞろに愛す楓林(ふうりん)の晩(くれ)

ただただ感嘆するばかりである・
まあ、写真を撮りながら、そういうことを感じただけでもいいか、
そう言えば、
先日会った女性は「美葉子」と書いて、「みよこ」と読みますと。
思わす、「秋生まれですか」と聞いてしまった(笑い)
葉っぱが美しいのは秋だけじゃないよね、春の新緑もある。
思わず、バカだなと思ってしまった(笑い)
実際、そうなんだけどね…
ではでは、…
今日は仕事なの。

 

-コラム, フォトエッセイ, 雑記

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

ヘリコニア まるでオウムの嘴 鳥によって受粉する鳥媒花なのだそう

なんか、ピカソの絵を見ているみたい。
シンプルだけど、中にはいろんな哲学が詰まっているから、強烈なインパクトで何かを訴えてくる。
もしかしたら、その日の気分によって、語りかけてくる内容が変わってくるのでは…そんなことを意識して描かれた作品。
僕にはそのように思えたのである。

ダリア 好気分というのだそう

目次この花 凄いエネルギーを感じる花こそセラピストだよね、僕はそう思うあった、花で癒す「フラワーセラピー」なんで花の写真なんですか この花 凄いエネルギーを感じる ダリア、好気分というのだそう。 なん …

メラストマ ノボタンと言われても、アッそうと言うしかないんだけれど、色がいいよね

思うに、帯とは、動くシルクのキャンバスで、帯こそ芸術と僕は思っているのである。
着物を着るというのは、職人が精魂込めて作った芸術を、よりよく見せるためのモデルとなるわけだから、そりゃ覚悟がいるよね。
こういう人にお酌をされながら、
「信州信濃の新蕎麦よりも わたしゃあなたのそばがいい」なんて言われたりすると、そりゃもう黙っていられなうなるよねぇ(笑い)

八重咲ピカケ

目次綺麗な花だねえ、まさに美形。神秘的で美しい白いこの花、八重咲ピカケというのだそう。しかし植物って、本当に不思議だよね、四季折々、時期がくれば、キッチリと花を咲かせてくる。嬉しい時、悲しい時、おめで …

トリコグロッチス 蘭 「私のことエンゼルランちゃんと呼んで」

目次この花勝手に「エンゼルランちゃん」と呼ぶことにしたのトリコグロッッチス一応調べてみた今、僕の興味は、花の中のサムシンエルスを見つけること この花勝手に「エンゼルランちゃん」と呼ぶことにしたの 「ウ …

広告


 

名前:クボッチ

写真好き トレンドを中心に書いていきます