コラム フォトエッセイ 写真エッセイ 思いつき 雑記

カラス

投稿日:

カラス、どう猛なイメージだったけど、カワイイじゃん

「OH 結構いい顔してんじゃん」
「結構は余分だよ」
「エッ 言ってること分かってんの」
「分かってるよ、ずっと、人間の観察してきたんだから」
「ヘー、カラスって、頭いいんだってねぇ」
「ちょっとした計算とか、記憶力とかね、だからいじめた人は忘れないの」
「そうなんだ、なる程、納得できることがあるよ」
「エッ いじめたの」
「僕じゃないよ」
「実はね、子猫を襲おうとしたカラスがいてね、知り合いの女性なんだけどね、持ってたホウキで威嚇したの。そうしたらずっとカラスにつけられて…」
「そうか、そりゃぁ覚えているよ記憶力がいいからねぇ」
「うん カラスが頭がいいのは僕も知っている」
「何んで」
「計算するカラスいたもの」
「何それ」

カラスの研屋というのが、昔いてね…

「テレビが家庭に入り始めた頃だから、大昔の話なんだけど、“私の秘密”という番組があってね、家の近所にきていた研屋のカラスがそれに出たの。僕たちは、その研屋のことを“カラスの研屋“と言ってたんだけどね」
「何 その カラスの研屋って」
「聞きたい」
「そこまで聞いたら、そりゃ聞きたいでしょう」

とっても人懐っこいカラスで、いろんな芸もやったんだと思うけど、マスコットとして人気だったの

「僕が子供の頃なんだけどね、切れなくなった包丁とかハサミ、カマなどを研ぐことを仕事にするおじさんがいて、自転車に道具箱を積み、その道具箱の上にカラスを載せて、家々を廻っていたの。そのカラス、頭がよくて、“包丁2本で幾ら”と言うと、値段を書いた札を咥えてね…それが可愛くて、人気だったの」
「それがどうしてテレビに出たの」
「誰かが、そういう研屋さんがいることをテレビ局(確かNHKだったと思う)に言ったんだろうね、で、その番組に出たんだけど、驚いたよ。テレビつけたら出てるんだもの…」
「ヘー、そういう先輩がいたんだ」
「うん、もしかしたらカラスのタレント第一号かもね(笑い)」
「面白いね」
「君も顔がいいから、歌でも歌ってみれば」
「歌…」
「カラス なぜなくの カラスの勝手でしょう」
「なんだそれ」
「こういう歌が流行したの、ドリフターズというお笑いのグループがいてね…」
「そうか、いいね、僕も何かやろうかな…」
「是非是非、楽しみにしてるよ…」

★    ★

本当は今日は、ポーの「大鴉と創作舞踊家のチャクラヴァルティーシャクティー」
(昔取材した記事が出てきたので)
を書こうと思ったんだけど、イメージがちょっと違うので、それはまたの機会に━ということにしたの。
ではでは…

-コラム, フォトエッセイ, 写真エッセイ, 思いつき, 雑記

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

スパティーフィラム 神秘的な花だなと思ったら、名前がやっぱり仏炎苞

目次花の名前を書くのは、正直言って勇気がいる白い部分は花ではなく、花は真ん中のブツブツの棒のようなところらしいこの花を見た瞬間、白が命と感じ、それを撮ったこの花にはやっぱり神秘がよく似合う知的欲求はい …

夏芙蓉 室町時代から、美しい花の代名詞

目次芙蓉、夏を代表する花だと思う。芙蓉と酔芙蓉の違い古代中国では、蓮の花を芙蓉と言っていたらしい富士山は芙蓉峰という雅称を持っている 芙蓉、夏を代表する花だと思う。 早朝、生まれた間もない明るい太陽に …

ラン 鳥のように見えるけど、これはランの花なの ラン表情が豊かで本当に面白い

目次どう見ても、これ鳥だよね。でもお花(ラン)なのもしかしたら、シンクロニシティーを「意味のある偶然の一致」(ユング)ではないのかもしれないそれを教えてくれたのは、タブレットだった。   ど …

ベニヒモの木というのだそう

目次確かに紐が何本もぶら下がっているよう。僕が写真をコレクションする、その理由は整理、本当に難しい。キレイをとるか、乱雑をとるか、それが大変だ 確かに紐が何本もぶら下がっているよう。 植物園などで、そ …

セミの種類 調べてみたけど、難しい 分かったのはクマゼミとアブラゼミだけ

郷愁を誘うヒグラシの声
夏の終わり、森の中を歩いていると「カナカナ カナカナ」と小さな声で聞こえてくるヒグラシの声を聴くと、「Aa」と、ちょっとセンチな気分になるんだけど、情緒があっていいよね。

広告


 

名前:クボッチ

写真好き トレンドを中心に書いていきます