discover essei event

ハロウインは収穫祭、銀座の空中庭園に飾られた渡辺さくらさんの作品

投稿日:2021年10月12日 更新日:

ハロウインをイメージした「実りのオータムガーデン」イベントは11日に終わったけれど…

まさか銀座で、しかもビルの屋上に、こんなに素晴らしい空間があるなんて、ねぇ
東京メトロ「銀座駅」A3出口から徒歩1分。
銀座4丁目交差点のすぐそば、
「ファンケル銀座スクエア10Fスカイガーデン」
「銀座の空中庭園」というのだけれど、無料で四季折々のイベントのテーマを楽しみながら、心を癒すの、とてもいいよ、無料だし。
僕が見たのは、
英国王立園芸協会東京支部支部長ハンギングバスケットマスターで、
GA(グリーンアドバイザー)東京 副会長で、さくら工房代表。
カルチャースクールなどでの指導が人気の渡辺さくらさんが構成した「実りのオータムガーデン」という空間芸術だったのだけど、本当に楽しかった。

秋と言えば、やっぱりハロウインだよね…

写真はその会場で撮ったものなんだけど、うまいこと作るよねぇ、こういう写真を飾るだけでも楽しくなるよね、
ウン、部屋を片付けて、写真を飾って、例えば、ハムとか全粒粉のパンとか、ワインを用意して、友達呼んで、ちょっと雰囲気味わおうかな━と、そんな気持ちになってくるものね…

このイメージは実をいうと、オリエント急行のコンパートメントで一緒になった夫婦が食べていた食事なの(随分昔の話)

ウン、そう、バスケットからパンを出し、ナイフで切って、その上にハムを切って乗せ、ワインを飲みながら楽しそうに…
その光景が今も印象に残っていてつい(笑い)
それにしても、ネコ車やドンゴロスの布、南瓜や稲やサツマイモが、こんなお洒落なインテリアになるなんてねぇ、いい勉強させてもらったよ。
アッ、そう言えば、この写真の中に、とても珍しいものが写っているの…

何か…

「エッ、知りたい」
「…」
「もったいぶるんじゃないよ、早く言えよ…」
「それはねぇ、稲の上にチョコンと載っているヒゲの長い、虫みたいなもの、分る…」
「エッ、あれ、虫じゃないの…」

「あれ、実はねぇ、悪魔の爪なの」

「エッ、何、悪魔の爪…」
「まさか、冗談だらおう…」
「いや、本物」
「…」
「悪魔の爪というのは、実はトウガラシなの」
「エットウガラシがこんなに黒いの」
「いや、これは、乾いて乾燥してるの、実際には真っ赤で大きいの。激辛らしい」
「ヘー面白いね…」
「うん、今トウガラシが人気でね、ここにもトウガラシのコーナーあったよ」
あっ、いけない、気が付けば、こんな分量に…
文字数に制限があるわけじゃないからいくら書いてもいいんだけれど、800から1000字のコラムというように僕は決めているから…
あっ、いや、今決めたんだけどね、
やっぱり文字数決めた方が書いてて楽しいから、
アッついでだから一つお知らせを、
「何…」
最近ツイートで「100字のエッセイ」というのを始めたの。
@ペガサス0424
見つけたら読んでね、
100字は結構難しい、頭の体操にはいいけどね(笑)

-discover, essei, event

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

飯テロ、面白い言葉つくるよね、でもこれ本当に美味しいんだから

オニオングラタンスープ、確かに衝撃的だった
しかし、しかししかし、「チキンラーメンのぶっこみ飯」も、僕にとっては衝撃的食べ物で、食べた瞬間に、
「これにゴルゴンゾーラを入れたらさらに美味しくなる」と直感したの。
で、やってみたらまさに、まさにで、その時、たまたま広島菜の漬物があったから、小さく刻んでトッピングしたら、これがまた抜群で、お腹をもうちょっと満たすためにお餅を入れたら、究極になって、それをブログに書いたら、友達の女性ライターがそれを見て『あれ、毎日食べてます』なんてメールが来たりして…」
よく行く喫茶店で顔なじみの人に、そんな話をしてたら
「それはまさに飯テロ」と、しかしおの言葉、僕はそれを知らなかったので
「ダイエットしたりいている人に食欲をそそるようなことを言うこと」と、

思いつき料理を愉しむ 今日は油を使わない天ぷらに挑戦 これいける

料理にこうしなければならないという法則はないのだ…
思いついたことをやって
美味しければそれでいいんだよね…
そこに気づけばバリエーションはいくらでも増やせられる
そう、
失敗したら、
それもレシピだから…
思いつき料理ホントに楽しい(笑い)…

スマホカメラを楽しむ、カカオ、まるでラグビーボールの生産工場

スマホカメラのズーミング撮影
スマホのカメラを立ち上げて、被写体(撮りたい物)にカメラを向け、僕のラメラの場合、真ん中に+のついた緑の四角が表示される。
そのまま撮る時には
、ピントを合わせたい所を人差し指でチョンと触ると、そこに、その+のついた緑の四角が移動するので、その四角をもう一度タップすると、ピント合わせ、露出の調整をしてくれるので、それを(チョンと押してから)シャッターを切ると、キレイに写してくれるのだが、

スマホカメラを愉しむ 今日のテーマはドラゴンフルーツの子供たち

調べて見ると
海外では「ピタヤボウル」という名前でセレブたちに人気らしい、
ドラゴンフルーツ
英語でpitaya
漢字では「火龍果」と書くらしい。
ピタやとはサボテンの総称らしい。
そう言えば葉っぱ 
なんとなくトゲトゲしていたな。

食べ方
冷やしてポーンと切って、
スプーンで掬って食べるのがいいらしい
栄養価が高く
スーパーフードと言われるヘルシー食材とか
ああ
だから海外セレブに人気なんだ

スマホカメラを愉しむ 今日のテーマはクレマチス 典型的な日の丸写真 僕はこの撮り方好きなの 

昔 週刊誌に書いた写真の撮り方のコピーが出てきた
昨日 
部屋を掃除していたら
昔週刊誌に連載した写真のとり方の原稿のファイルが出てきた。
一回分が800字のコラムで63回がファイリングされている。
ぺらぺらとめくって拾い読みしてみたら、
結構面白い
ただしこれは
フイルム時代のことだから
今とは感覚がちがっているのだけれど、
考えかたは結構参考になる
で思ったのが

フイルムカメラをデジタルスマホにしてリライトすれば面白いかもということだった。

広告


 

名前:クボッチ

写真好き トレンドを中心に書いていきます