discover essei event

ハロウインは収穫祭、銀座の空中庭園に飾られた渡辺さくらさんの作品

投稿日:2021年10月12日 更新日:

ハロウインをイメージした「実りのオータムガーデン」イベントは11日に終わったけれど…

まさか銀座で、しかもビルの屋上に、こんなに素晴らしい空間があるなんて、ねぇ
東京メトロ「銀座駅」A3出口から徒歩1分。
銀座4丁目交差点のすぐそば、
「ファンケル銀座スクエア10Fスカイガーデン」
「銀座の空中庭園」というのだけれど、無料で四季折々のイベントのテーマを楽しみながら、心を癒すの、とてもいいよ、無料だし。
僕が見たのは、
英国王立園芸協会東京支部支部長ハンギングバスケットマスターで、
GA(グリーンアドバイザー)東京 副会長で、さくら工房代表。
カルチャースクールなどでの指導が人気の渡辺さくらさんが構成した「実りのオータムガーデン」という空間芸術だったのだけど、本当に楽しかった。

秋と言えば、やっぱりハロウインだよね…

写真はその会場で撮ったものなんだけど、うまいこと作るよねぇ、こういう写真を飾るだけでも楽しくなるよね、
ウン、部屋を片付けて、写真を飾って、例えば、ハムとか全粒粉のパンとか、ワインを用意して、友達呼んで、ちょっと雰囲気味わおうかな━と、そんな気持ちになってくるものね…

このイメージは実をいうと、オリエント急行のコンパートメントで一緒になった夫婦が食べていた食事なの(随分昔の話)

ウン、そう、バスケットからパンを出し、ナイフで切って、その上にハムを切って乗せ、ワインを飲みながら楽しそうに…
その光景が今も印象に残っていてつい(笑い)
それにしても、ネコ車やドンゴロスの布、南瓜や稲やサツマイモが、こんなお洒落なインテリアになるなんてねぇ、いい勉強させてもらったよ。
アッ、そう言えば、この写真の中に、とても珍しいものが写っているの…

何か…

「エッ、知りたい」
「…」
「もったいぶるんじゃないよ、早く言えよ…」
「それはねぇ、稲の上にチョコンと載っているヒゲの長い、虫みたいなもの、分る…」
「エッ、あれ、虫じゃないの…」

「あれ、実はねぇ、悪魔の爪なの」

「エッ、何、悪魔の爪…」
「まさか、冗談だらおう…」
「いや、本物」
「…」
「悪魔の爪というのは、実はトウガラシなの」
「エットウガラシがこんなに黒いの」
「いや、これは、乾いて乾燥してるの、実際には真っ赤で大きいの。激辛らしい」
「ヘー面白いね…」
「うん、今トウガラシが人気でね、ここにもトウガラシのコーナーあったよ」
あっ、いけない、気が付けば、こんな分量に…
文字数に制限があるわけじゃないからいくら書いてもいいんだけれど、800から1000字のコラムというように僕は決めているから…
あっ、いや、今決めたんだけどね、
やっぱり文字数決めた方が書いてて楽しいから、
アッついでだから一つお知らせを、
「何…」
最近ツイートで「100字のエッセイ」というのを始めたの。
@ペガサス0424
見つけたら読んでね、
100字は結構難しい、頭の体操にはいいけどね(笑)

-discover, essei, event

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

スマホカメラで愉しむ秋の風景

ハウツーではなくて
そういう楽しさが伝えられる本が一冊できたらいいな
そう思ってやっているんだけれえど、
もっかのところはそのプロセス楽しんでいるのに過ぎないのだけれど、
スマホでも十分に遊ばせてくれる
写真って本当に楽しいね、
だって写真って
つまるところ
自分の心象風景だものね…
そう
写真はやっぱり心で感じないものは写せないから…

スマホカメラを愉しむ 都会の果樹園 白いフェンスと柿 まるで外国…

取材楽しいね…
推理と推測…
そして確認…
なんるほどそうだったのか…
それを思っているだけでも、楽しいのである…
でも締め切りがある、
愉しんでばかりはいられない…
そして
片方で日銭稼ぎの仕事にもいかなければならない…
その刺激がまた楽しいのである…(笑い)
矛盾と矛盾のせめぎ合い、これがまた楽しい…
変な性格…

スマホカメラを愉しむ 孫のドラムの発表会 驚いたね 習うということは凄いことなんだ

今朝 
どれどれと写真を見て
この子 
僕の子供の頃にそっくりじゃんと…
結構わがままで甘えん坊らしいけど
それも僕そっくり…
思わず
「将来大丈夫か」と、
心配してしまった…

スマホで撮影、印象的冬の風景、上野公園にて

写真はレンズを通して見えたものしか写らないということを、知っておくことが、大事なのだけれど…
しかし、しかし、しかし…
写真は、レンズの位置から見えたものが写るというのは知っておく必要がある。
特に光物などは、レンズの位置から見なければ、肉眼で見てこうだと思っても、実際には写り方が違うということを、知識としてでも知っておくと、写真の撮り方、出来上がりもかなり変わって来ると思うので、意識するといいと思う…
今日の話はちょっとお節介だったかな(笑い)

スマホカメラを愉しむ工業品では出せない純粋な味が楽しい

引っ越しして、ようやく仙人の暮らしに近づける環境になったのだから、そういう生活を楽しまなければね…

広告


 

名前:クボッチ

写真好き トレンドを中心に書いていきます