discover essei event

ハロウインは収穫祭、銀座の空中庭園に飾られた渡辺さくらさんの作品

投稿日:2021年10月12日 更新日:

ハロウインをイメージした「実りのオータムガーデン」イベントは11日に終わったけれど…

まさか銀座で、しかもビルの屋上に、こんなに素晴らしい空間があるなんて、ねぇ
東京メトロ「銀座駅」A3出口から徒歩1分。
銀座4丁目交差点のすぐそば、
「ファンケル銀座スクエア10Fスカイガーデン」
「銀座の空中庭園」というのだけれど、無料で四季折々のイベントのテーマを楽しみながら、心を癒すの、とてもいいよ、無料だし。
僕が見たのは、
英国王立園芸協会東京支部支部長ハンギングバスケットマスターで、
GA(グリーンアドバイザー)東京 副会長で、さくら工房代表。
カルチャースクールなどでの指導が人気の渡辺さくらさんが構成した「実りのオータムガーデン」という空間芸術だったのだけど、本当に楽しかった。

秋と言えば、やっぱりハロウインだよね…

写真はその会場で撮ったものなんだけど、うまいこと作るよねぇ、こういう写真を飾るだけでも楽しくなるよね、
ウン、部屋を片付けて、写真を飾って、例えば、ハムとか全粒粉のパンとか、ワインを用意して、友達呼んで、ちょっと雰囲気味わおうかな━と、そんな気持ちになってくるものね…

このイメージは実をいうと、オリエント急行のコンパートメントで一緒になった夫婦が食べていた食事なの(随分昔の話)

ウン、そう、バスケットからパンを出し、ナイフで切って、その上にハムを切って乗せ、ワインを飲みながら楽しそうに…
その光景が今も印象に残っていてつい(笑い)
それにしても、ネコ車やドンゴロスの布、南瓜や稲やサツマイモが、こんなお洒落なインテリアになるなんてねぇ、いい勉強させてもらったよ。
アッ、そう言えば、この写真の中に、とても珍しいものが写っているの…

何か…

「エッ、知りたい」
「…」
「もったいぶるんじゃないよ、早く言えよ…」
「それはねぇ、稲の上にチョコンと載っているヒゲの長い、虫みたいなもの、分る…」
「エッ、あれ、虫じゃないの…」

「あれ、実はねぇ、悪魔の爪なの」

「エッ、何、悪魔の爪…」
「まさか、冗談だらおう…」
「いや、本物」
「…」
「悪魔の爪というのは、実はトウガラシなの」
「エットウガラシがこんなに黒いの」
「いや、これは、乾いて乾燥してるの、実際には真っ赤で大きいの。激辛らしい」
「ヘー面白いね…」
「うん、今トウガラシが人気でね、ここにもトウガラシのコーナーあったよ」
あっ、いけない、気が付けば、こんな分量に…
文字数に制限があるわけじゃないからいくら書いてもいいんだけれど、800から1000字のコラムというように僕は決めているから…
あっ、いや、今決めたんだけどね、
やっぱり文字数決めた方が書いてて楽しいから、
アッついでだから一つお知らせを、
「何…」
最近ツイートで「100字のエッセイ」というのを始めたの。
@ペガサス0424
見つけたら読んでね、
100字は結構難しい、頭の体操にはいいけどね(笑)

-discover, essei, event

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

内藤トウガラシは新宿生まれのトウガラシ

このトウガラシ(内藤トウガラシ)
葉とうがらし・青唐辛子・赤唐辛子と、順に変化していくところを楽しむことができるということで、園芸種としても人気になっているみたい。

味の特徴は、

極端に辛すぎず、ピリッと優しい味わい。
「食べた瞬間に刺激的な辛さがくるわけではなく、後からじんわり辛みが広がるので、辛いものが苦手な方でも食べやすい」らしい。

香りと旨みがたっぷりの青トウガラシ 赤トウガラシは、
青唐辛子は爽やかな香りと苦味のある辛さ、
赤トウガラシは、
「豊かな香りと熟成された旨みを感じることができる」、さらにお

葉っぱも美味

他と比べて葉っぱが大きく柔らかい。初夏のまだ葉が硬くならないうちに収穫すれば、葉唐辛子としてさまざまな料理に使えるらしい。

備中松山城(岡山)の石垣、時代を超えた芸術だよね、美しい

備中松山城の石垣 藤井風(ミュージシャン)君の人気が凄いから、岡山、少しは注目されるかと思って(笑い)
石垣の規模(高さ、迫力)が、伝わってこないのは、写真の撮り方が悪いのか、残念。でも、石垣の美しさは出ていると思う。
こんなの、どうやって造ったんだろうねぇ、重機も何もない時代に…
言っちゃなんだけど、こういう味、雰囲気は、現代建築では絶対にだせないね、だって、置かれた石のひとつひとつに、魂がこもっているもの…

アケビ、果物なの?古くから日本に自生しているフルーツらしい

アケビは昔から日本に自生している秋の果物。流通量が少ないので食べたことがない人も多いと思うが、すっきりとした甘さで素朴な味わいがあって、
あれが好きという人も多いらしい…

朱いバラ、赤いバラ、紅いバラ…どの字にするか迷ってしまう

朱いバラ、やっぱりこれだな、難しいね、雰囲気にそぐった文字、言葉って…
ウーン、なかなか、難しい…
僕は本当は真紅のシンプルなバラが好きなんだけれどね…
だから、例えば、画廊やイベント会場に行く時は、真紅のシンプルな形のいい花を数十本選んで、カスミソウは入れないで花束にしてもらったのを持参するようにしてたんだけどね…
(最近はお金がないから、そういうことはできなくなったけど、そりゃ、見応えがあったねぇ(笑い)

黒法師おしゃれ 、なんとなくそんな雰囲気。こういうムードに僕は弱いの 

クロホウシから連想した記憶に残る歌手
好きだな、こういう雰囲気、どこかに陰を持っていて…
黒のドレスの似合う女性(勝手に思っているのだけれど)…

北原ミレイとか浅川マキ、カルメン・マキ、そんな感じ
エッ 知らない、そりゃそうだよね、時代がちがうものねぇ(笑い)
でも、懐かしいから、時々聞くよ、そうすると、青春時代を思い出してね、それがいいんだよねぇ…
そう、過ぎ去った遠い日々…

広告


 

名前:クボッチ

写真好き トレンドを中心に書いていきます