discover essei event

藤井風(ミュージシャン)凄いんだってねぇ、岡山なんだってねぇ

投稿日:

藤井風さん、岡山出身のミュージシャン、YouTube、一晩で18万人とか、凄いね。だから今日は岡山城。

昨日、フラリと、「茶とあん」(阿佐ヶ谷)へ。
ここのママさんが、岡山の人で、時々顔をのぞけているんだけれど、昨日は、僕の顔を見るなり、カウンターに居る女性客に
「ねぇねぇ、この人、岡山なの」
そういって紹介された途端に、そのお客さん
「エッ、岡山なの、今、岡山凄いねぇ」と。
なんのことやら分らずにポカンとしているとママさんが
「藤井風というミュージシャンが岡山の人で、昨日、NHKで藤井君を紹介した番組が放映され、それがYouTubemに流れて凄い人気なの、一晩で18マン人だって」
と説明してくれた。

二人の女性、藤井君にもう、無我夢中

へー、そりゃ凄い。
そういうと、
「恰好いいのよ藤井風君、イケメンで身長は180位あるのかなぁ、ピアノがうまくて、詩がよくて、歌がとってもいいの、で、詩にも喋りも岡山弁丸出しで、ワシャーノー、なんていう言葉もどんどん出てくるんだけれど、リズムがいいし、歌がいいし、曲がいいからうまく溶け込んで、とにかく恰好いいのよ…」
熱弁で、二人の女性にまくしたてられ、ユーチューブを見せられ、ボリュームを上げて聞かされると、見ないわけにはいかないよねぇ(笑い)

見たのはニューヨークのストリーを曲に合わせて歩き、黒人なんかと一緒に歌を楽しんでいる、そんな映像なんだけど、藤井君、日本人離れしていて、スッカリ溶け込んで、本当に恰好いいの。

で、
「こりゃ凄い」と思わず。
「岡山からねぇ、ヘー、凄いねぇ、それにしても女の人をそこまで夢中にさせる、それが凄い」
そういうと
「アラー、私たち女と認めてくれたの…」と。
歳を聞くと僕と一緒(ママさんは、ずっと若い)。
そこでまた盛り上がったのだけれど、その年齢の人たちが24歳の藤井君に熱を上げるって、本当に凄いねぇ。

その女性の説明によると

「お父さんは喫茶店を営んでおり、3歳の頃からピアノを習わせ、ジャズ、ブルース、いろんなジャンルの歌を聞かせて育てたらしい」
「ヘー、やっぱり環境だねぇ…」

帰って早速藤井風さん、検索してみた。

いっぱい出ていた。
そりゃそうだよね、
「幼少期より父の影響でクラシックピアノを始め、中学生になってからはYouTubeにカバー動画を上げ続け、確かな技術と、聴き手を選ばない秀逸なピアノアレンジがいい…」

ヘー、浅口郡、随分田舎だと思ったけれど

「岡山県浅口郡里庄町出身。4人兄弟の末っ子。3歳からピアノを習いジャズ・クラシック・ポップス・歌謡曲・演歌…あらゆる音楽を聴いて育った」
「小学校の終わりに父から言われた「これからはユーチューブの時代」という言葉に触発され、2010年1月より実家の喫茶店で撮影したピアノ演奏をユーチューブで公開するようになった(12歳当時)。クラシックからJ−POP、洋楽など様々な曲を耳コピし、アレンジしており、特に2012年の“『千本桜』を中学生がピアノで弾いてみたら・・・”などでアクセスを集めた」と。
「また、ピアノだけでなくエレクトーンやサックス演奏も披露、サックスは15歳当時でチャーリー・パーカーの有名曲”Donna Lee”を演奏している。このYoutubeチャンネルは、正式デビュー後もそのまま使われ公式チャンネルとなっており、昔の演奏動画も閲覧可能となっている。なお、この他、実兄の藤井空との共同チャンネルである「solakaze」では昭和歌謡をアレンジした演奏を披露している」

やっぱりスターは高い階段から姿を現すんだ

「2019年、春に上京。Youtubeチャンネル登録者数は増え続け、全国のサーキットイベントや大型フェスに複数出演し、同年7月に、自身初のワンマンライブ『Fujii Kaze “JAZZ&PIANO” The First』を開催。オリジナル音源リリース前にもかかわらず、追加公演を含め東京と大阪の全公演チケットが完売した。これが反響を呼び、らじお『藤井風のオールナイトニッポン0(ZERO)』生放送が実現、ラジオ初出演にして初の冠番組を担当することとなった。リスナーからの生演奏リクエストに即座に対応するなど好評を博し、同番組には翌2020年にかけて合計3回出演。
同年11月7日に行われたLINE CUBE SHIBUA(渋谷公会堂)でのワンマンライブも、音源デビュー前にも関わらずチケットは即日完売となった]

こんな記事が目を惹いた。
凄いね、もはやそれしかいいようがない。
僕らの育った時代とは、まったく違う時代になっていることを感じさせられた一日だった。

-discover, essei, event

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

イカ 泳いでいるの見たの初めて イカの握り大好き 

寿司と言えば森の石松だよねぇ
「食いねぇ食いねぇ、寿司を食いねぇ」
あれ
いつ頃の話

ついでに調べると
この話は
虎造の十八番の一つ
「石松三十石舟」の中で語られる台詞(もの語り)
石松が、
たまたま舟に乗り合わせて客に、
次郎長一家の中で、
有名なのは誰かというのを語る場面で、
旅人に石松の名と噂を思い出させようというシーン
サビのところで、
「あんた江戸っ子だってねぇ」
食いねぇ、食いねぇ寿司を食いねぇ」
そう言いながら、
「有名なの、誰か一人抜けちゃーいませんかと」
促すあの台詞…
あれは
虎造の創作だから、
歴史とはまた別ということらしい。

スマホカメラを愉しむ 今日のテーマは ゲンペイウツギ…

源氏の人の顎はガッシリとして逞しかったらしい…
平家に負けた源氏は、
ほぼ野武士で雑穀を主食にしていたから、
噛む回数というのが全くちがっていたらしい…
そして壇之浦とかね、
そういう戦いで平家が滅んで鎌倉時代が始まるんだけれど、
その勝敗のポイントは「噛む力の戦いだった」というのを言った先生(歯医者さんだったかな)がいて、
僕の記憶は多分その本の記憶だと思うけど、
面白いとおもって、
それでコラムを書いたことがあって覚えているのだが、
噛むというのは、
それほど重要なものというのを知った記憶があるのだ…

月の写真撮るの、本当に難しい。だって、月だけポンととっても、面白くもなんともないもの

月、赤から黄色、どんどん色を変えながら、アッと言う間に上がってしまうの、だから撮影は、とても忙しいの
そう、出始めの月は大きいが、
上がってしまうと小さくなってしまうから、
写真にすると、本当に小さいので、望遠レンズで寄せるのだが、風景写真では、月はポイントではあるが、所詮は添え物。
だから、「ここなら」という場所で撮らなければ駄目なので大変なのである。

スマホで撮影、印象的冬の風景、上野公園にて

写真はレンズを通して見えたものしか写らないということを、知っておくことが、大事なのだけれど…
しかし、しかし、しかし…
写真は、レンズの位置から見えたものが写るというのは知っておく必要がある。
特に光物などは、レンズの位置から見なければ、肉眼で見てこうだと思っても、実際には写り方が違うということを、知識としてでも知っておくと、写真の撮り方、出来上がりもかなり変わって来ると思うので、意識するといいと思う…
今日の話はちょっとお節介だったかな(笑い)

どこか なにか なぜか寂しい夕暮れ時の風景…

写真から得た物語は

「ちょっとお腹空いたね」
「団子、ちょっと食べようか」
「アッお焼き、私、お焼きがいい、野沢菜」
「でも、蕎麦食べるんでしょう」
「大丈夫、食べられる」
そんな会話が聞こえてきそう…
同じ一日の終わりでも、若者とシニアでは、やはり感じかたが違うんだ。
そりゃそうだ、僕だって現役の頃は、曜日に関係なく、夕暮れが来るのが待ち遠しかったものね(笑い)

広告


 

名前:クボッチ

写真好き トレンドを中心に書いていきます