discover essei flower life memory

風情、風情ってなーに、心に沁みる風景、僕の概念だけどね…

投稿日:

風情とタイトルをつけてみた。

この写真、なんで撮ったかって、
説明はしたくはないけれど、これに関してはちょっとだけ…

写真の屋根の左側、見て欲しいのだけど…

そう、木のために、屋根をくりぬいているの。
そしてその木が、紅葉して風情を演出してくれているの。
この蕎麦屋には、写真の前の庭に、焚火の炉があって、椅子に日毛氈がかけられていて、パッと見た感じ、テレビや映画に出てくる江戸時代のお茶屋、そんな雰囲気の蕎麦屋なのだが、
神代植物園から出てきて、
雑木林を透かして、この建物が見えると、
なんだか知らないけれど、「OH」と、つい見とれて、
屋根に被さった紅葉と、木が燃えている焚火と、長椅子の日毛氈というアクセントに誘われて、ついフラフラとね(笑い)

いいよね、こういう雰囲気、これこそまさに日本の風景とつい思ってしまったのである。

で、タイトルに「風情」とつけて写真をアップしたのだが、「風情」っていったいどういうもの、それが知りたくて、調べてみたの
気に入ったのは
「風情は、日本古来存在する美意識の1つ。一般的に、長い時間を経て大自然によりもたらされる物体の劣化や、本来あるべき日本の四季が造り出す、儚いもの、質素なもの、空虚なものの中にある美しさや趣や情緒を見つけ、心で感じるということ。またそれを感じ、心を平常に、時には揺さぶらせ豊かにするということ」( ウイキペディア)

風情は一言では言い表せない複合的要素の言葉

そうなんだよね、
風情という言葉の中には、風景、それを取り巻く雰囲気で、そこには、質素、儚い、空虚、それらが混然一体となって作りあげる日本人ならではの美意識で、ズシリと、心を揺さぶる雰囲気、ムード、アトモスフィアそういうものを言い表す言葉、表現…
なのである。

なんか、言葉を並べただけで、なんの説明にもなってないね(笑い)

しかし、しかし、しかし…
僕が師事した石津良介先生は、
「その雰囲気こそが写真の命」
「そういうのを大切にする」ことを、
教えてくれたのだった。
今思えば、それしか、自分の味を出す方法はないんだものねぇ…

懐かしいねぇ「アトモスフィア」

先生が口癖のように言っていた言葉。
「コーヒー茶碗」
「今、ボーグの表紙になりそうな女性が、スラっとした長い細い指でカップを持ち上げ、口に近づけひと口のんで、カップをお皿にスーッと返したところ、その瞬間、そういう雰囲気を大切に」とか、
「高い土塀の曲がり角、石畳の道を着物をきた素敵な女性が、パラソルを指して、スーと消えたところ…」
「そういう雰囲気を意識して撮ってこそ、写真なんだよ」

先生はリアリズムの中に、それを求めていたんだねきっと

先生は「リアリズム」で有名だったのだけれど、現実の中に、そういう雰囲気を常に求めていたに違いないと、何十年もたって、今、ようやく気付く有様。
人生で、自ら求めたただ一人の師、石津良介先生に出会えて本当に良かったと今更ながら思うのだった。
風情、アトモスフィア、ムード、情緒…
いいね、そういうのを求めて作品作りに励みたいと、改めて思った、深大寺周辺の散歩だった

 

-discover, essei, flower, life, memory

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

スマホで遊ぶ、今日のタイトルは、宇宙遊泳

僕のスマホの写真術?
写真も同じで、
歩いていて、
「オヤ」
「マー」
「へェー」
といのがあったら、
撮っているのだけれど、
今では、スマホがあるから、
それができると思っているのだ。
「いつも携帯」
「ハット思ったら、パッとだしてすぐ撮れる」
カメラの場合は、意識してそれを(発見)探すが、スマホの場合は、頭、空でいいんだもの…

和カフェ、つゆくさ 懐かしいねぇ…

コーヒー、理屈をこねる人は大勢いるけれど、本当においしいコーヒが淹れられる人というのは少ないんだよね…
「コーヒーを淹れるのにはねぇ、愛情がいるんだよ」(なんちゃってね)それと、器と雰囲気、コーヒーはこの3点が揃わなければ、美味しく感じないのだ(僕の数少ない拘り)
彼女の淹れるコーヒーは本当においしかった。
だから、美味しいコーヒーをより美味しく飲むために、ビーガンの定食を食べるの。僕は本当は、野菜、好きではないんだけれど、少しでも長くいるためにはねぇ(笑い)
でも、豆腐ステーキとか、おいしかったよ…

スマホで遊ぶ 今日は泰山木 この花に僕はなぜか神々しさを感じるのである 

言葉にならない言葉(感じたこと)をタイピングしてみると
例えば
花の写真とか撮っていると
ちょっと気を惹く(気にかかる)ものが現れてね
それに誘われてシャッターを切っているのだけれど、
誰かと話すような言語ではさすがに話さないないけれど
心はそういうものと交信をしていて
その更新(会話)がブログとして表れているんだと思っているんだけれど
これがまた楽しいんだよねぇ…(笑い)

スマホで撮影、まるで子供が描いた太陽みたい、ベニバナハゴロモ

今のスマホの不満点
スマホカメラ、今一不満なのが、ISO,シャッタースピード、そして僕のスマホは、タッチボタンでないとシャッターが切れないところ、
今度買う時には、こういう操作が任意(マニュアル)でできるスマホを選ぼう、
型落ちでいい、最新式はいらない、安くて、そういうスマホがあるといいんだけどね…
今のスマホ買った時には、スマホで写真を撮るなんて、考えてもなかったから(笑い)

合わせ柿 発酵すすみ もはやスイーツ 秋のもてなし これ僕大好きなの

西条柿
家にも(岡山の母の実家)にも
門を入ったところに大きな柿の木があって
子供の頃は
長い竹竿の先端を割り、
そこに落ちか小杖を挟んで口を広げて
狙いを定めて真っ赤に熟した柿の実のついた枝を挟んで
クイっと廻して採るのだけれど、
竿をたくっている途中でポトンと落ちて2割か3割くらいしか
まともには採れないだけどね…
その頃の情景が思い出されてつい目頭が熱くなってしまった

広告


 

名前:クボッチ

写真好き トレンドを中心に書いていきます