discover essei phone photo

スマホカメラで楽しむ 今日のテーマはベニハゴロモノキ(紅花羽衣木)

投稿日:

夏の夜空に打ち上げられた花火みたい

この花を
こういうデザインにして
こういう色彩にしようというのは
誰が考え
そして創ったんだろうねぇ…
それは全ての自然に言えることだけど、
面白いね…
神秘だね
それにしてもこの花
凄い生命力を感じさせる…

ベニハゴロモのキ(紅花羽衣木)

花言葉は
「あなたを待ってます」
ヘー
でも
こういう人(女性)に会うと、
がんじがらめに縛りつけられて
身動きできなくなってしまいそうで、
なんか怖そう…

結婚は楽しい
しかし自由はさらに楽しい

僕もいろいろあって離婚を経験しているけれど
別れた時に何を一番感じたかと言うと
それは開放感だった…
うん
そう
「自由っていいな」ってつくづく感じたね
だけど叔母には
「全ての責任を放棄してしまったんだからそりゃええわ…」
と、チクリと言われたけれど、
あの時感じた解放感…
あの感触は今だ忘れることができない(笑い)
でもここあまり書くと、
自分の無責任さを暴露してしまうことになるからこのへんでやめとこう
そう、
人生はいろいろあるんだから…

なんか花から変なことを連想してしまったね…(笑い)

まー
それは置いといて
この作品(写真)に対して僕は
「しがらみ」というタイトルを付けたんだけど どうだろうか

人は多かれ少なかれ
しがらみの中で生きているの…

それを断ち切って自由に生きるというのも
実際には結構辛いものがあるんだよね…
尤も今のように
高齢者になって
ただその日を楽しく生きればいい世捨て人になると
そこにはそれなりの楽しがあるのだけれど
しかししかししかし…
いつの間にか
また別の何かを求めている自分がそこにいるの(笑い)
そう考えると
人生とはやっぱり
「欲望という名の電車を乗り継ぐ旅」なんだとつくづく思う…(笑い)
ああ、
何がなんだか分からなくなってきた。
今日はこの辺でやめとこう…(笑い)

 

-discover, essei, phone, photo

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

水のある風景、いいよね、心が和む、紅葉だけが秋ではないよね

水と言ってすぐ思い出すのが吉井勇作の
「かにかくに 祇園はこひし寝(ぬ)るときも 枕のしたを水のながるる」
うまいよねぇ…
なんとなく、なんとなく、なんとなく、心に響く
こういう表現が、その場その場でできたら楽しいよね…

スマホカメラを愉しむ 知り合い家に招かれ 素晴らしいランチを

嬉しいよねぇ…
一人で淋しいだろうと思ってくれての心使い…
感謝 多謝…
まさにまさにまさにである
本当に本当に本当に素敵な一日だった

もしかしてあなたは、サムシンググレートさん?ですか

昨日、銭湯で服を着ながら、テレビを見ていたら、
「ワクチンを打ったことを証明するものがあれば、旅行もできる」
そんな内容のニュースが。
それを見て、やっぱりそうか━思ったのだった。
僕自信としては、「あんなもの」という意識が強かったから、
「打てないなら打てなくてもいいや」と思っていたのだが、
そういうことで打つことが出来たのは、この写真と無関係ではないような気がして、
日にちがたったが、写真にしたのである。

スマホカメラを愉しむ なんとなく ここに来れば心は詩人 僕のお気に入りの場所 

目次ここ僕のお気に入りの場所なのウーン いい環境なんだけどねぇ…遊びとは妄想を楽しむことか… ここ僕のお気に入りの場所なの 坂道が右にグッと曲がり込んで、 どこまでも続く道が… 今  僕が立っているこ …

かるかんの季節か 昨日元ビジネスパートナーの女性が持ってきてくれたの

かるかん 僕が好きなのを知っていて
買ってきてくれたんだけど
記憶の中にあるお菓子は
単なるお菓子ではなく
思い出も同時に運んでくれるから一層
胸に響くよねぇ…

広告


 

名前:クボッチ

写真好き トレンドを中心に書いていきます