discover essei flower photo

スマホカメラを楽しむ 家紋 青の神秘 クレマチス シンプルシリーズ スッカリハマっちゃった

投稿日:

なんとなく家紋 そんな感じ

花をこうしてシンプルにしてデザイン化していくと家紋に見えてくる
これはクレマチス 
洋花だからそんな家紋はないと思うけど、
日本人の美意識って凄いとつくづく思う
だって、
黒い紋付に小さくパチっと
誰が考えたんだろうね家紋
ちょっと調べてみよう
「家紋とは」
検索窓にそう打ち込むと
「家紋の由来とは?そのルーツから現代まで」
というのがあった。
かいつまんで紹介すると
「家紋とは先祖から代々伝えられてきた家を表す紋章で、
言わば「家のロゴマーク」なのだそう
しかし、
説明によると
「田中」という名字の方が皆同じ家紋というわけではなく、
同じ名字でも出身地や家系・家業などによって様々な種類の家紋が伝わっており、
また、
名字は違っていても同じ家紋が伝わっている家も多く存在しています」
これはちょっとやっかいだな

2 家紋の由来とその歴史

家紋 
直接そこに結びつくかどうかは分からないけど、
文様文化は縄文時代(土器など)から始まっており、
考古学者の間では
それぞれの文様に意味があったと言われているらしい。
そして、
どうやらそれが「家紋文化」の発祥に繋がっているというのである。
歴史はその後
中臣鎌足が中心となり大化の改新があって
「律令国家が成立した奈良・平安時代になると、
朝廷に仕える貴族(公家)達が、
自分好みの「文様」を装飾としてあしらった衣服や家具等を使うようになった」と
どうやらそれが、
家紋が生まれる一つのきっかけになったらしい。

公家と家紋

家紋の発達に影響を及ぼしたのは公家の人々
説明によると
公家の家紋のルーツについては3つの説があるらしい。
当時の公家はひとつではなく、
たくさんの家があったため、
「それぞれの公家ごとに様々な経緯・由来で「文様」が家紋として成立したと考えた方が自然です」と。
(お公家さんはたくさんあったんだ 公家とは朝廷に使える人たちのこと)
説1は
牛車に使われていた文様が転じて家紋になったという説
家紋の由来についてはこの説が最も一般的らしい。
「源氏物語にも描かれる平安時代の「車争ひ」は、
たくさんの牛車が停める場所を従者達が争う様子が描かれています」
なるほど、
そりゃ文様がなければ、
誰の車か分らないわね…
説2は

衣服の文様を由来とする説

公家が着用していた衣服の文様。
久我家では
(こがけは、日本の氏族のひとつ。村上源氏(中院流)の総本家にあたる)
竜胆だすきという文様を好んだらしく、後にこれを家紋としているのだそう。
どうやらこれが、
「自分が好む文様(デザイン)が他が認める正式な家紋になった例らしい。

3は

その他説

これは、
特別な「理由」や「ゆかり」により家紋となったという説で
例えば菅原道真は
「梅」を大変愛していたことかららしい
東風吹かば匂ひおこせよ梅の花あるじなしとて春を忘るな(菅原道真)
なる程、
で、
先祖を偲んでという菅原家の家紋が梅鉢紋となったということらしい
ということで、
公家の家紋には様々な由来があり、
その理由を1つに絞ることも難しいのだと。
そして家紋は、
必要があってわざわざ作ったのではなく、
装飾の延長から自然発生的に生まれたもので、その発生の仕方も様々なので、こうですという説明はできないのだそう。
でも、
全てに共通していることは、
「その家になんらかのゆかりのある文様やモチーフを用いたデザインが後に正式な家紋になったということです」と。
ちなみに
天皇と皇室を表す紋章で広く知られている
「菊花紋」は、
鎌倉時代、後鳥羽天皇が菊の花をとりわけ好み、
天皇家のあらゆる調度品に菊の紋を使用したことが由来とされているかららしい。
クレマチスの花からとんでもない方向にいってしまった(笑い)
エッ庶民の話…
それはまた今度だね…(笑い)

 

 

 

 

 

 

 

-discover, essei, flower, photo

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

スマホカメラを楽しむ ネモフィラ 爽やかだね 風にゆれる雰囲気が特にいい

ところで
なんで
「花の命は短くて苦しきことのみ多かりき」なの
気になったので、
これもちょっと調べてみた
これは林芙美子の短詩で
好んで色紙に書いたらしい
掲載されている説明を読むと
「自分の体験」ということがなんとなく…
そうかそうなんだ…
そうだよね
だって長生きする女性は多くいるし
苦しみよりもハッピーハッピーという女性もいっぱいいるものねぇ
でもでもでも…
ハッピーよりも苦しみ 悲しみの多い方がジーンと来るよね
失恋したらやっぱり南よりも北だよね…

「失恋した沖縄に行って遊ぼう」というのだってありだと思うけど、
やっぱりそぐわないのかね…(笑い)

富士山、キレイだねぇ…やっぱり霊峰

富士山には、「カイ(甲斐)でみるよりスルガ(駿河)いい」という言葉があるんだけれど、これは、駿河方面から見た富士山。
真ん中が窪んでいるのですぐ分る。
この窪みは、宝永大噴火の時にできたものらしい。
宝永大噴火(ほうえいだいふんか)は、江戸時代中期の1707年(宝永4年)に起きた富士山の噴火で、富士山の噴火としては最も新しいものでとか。

広島菜のお漬物、ご飯によし、フランスパンによし、お餅によし、もう最高

広島菜のお漬物、僕流の食べ方
広島菜の漬物の食べ方、僕が一番好きなのは、大きな葉っぱをまな板の上に広げ、これまた友人が丹精込めてつくった天日干しのお米(これも先日届いたの、そう、新米)の炊きたてを、葉っぱの上に薄く敷き、そこに鰹節を適度に置き、醤油を少しさして、巻きずしのように、くるりと巻いて食べるの…
広島菜の漬物と、おかか、ご飯のコンビネーションが抜群で、本当に本当に本当においしい。

ブルボフィルム・ファンカツム bulbophyllum falcatumラン科の珍しい植物らしい

bulbophyllum falcatumラン科の目づらしい植物らしい
ブルボフィルム・ファンルカツムとカタカナで、しかし、それでは検索できなかったので、bulbophyllum falcatumと打ってみると
 同じ写真が出てきて
「シエラレオネからコンゴおよびウガンダ西部にかけて熱帯アフリカに固有のラン科の植物の種です。それはMegacliniumセクションのメンバーです。長さ約10 cm、厚さ8〜10 mmの羽のような形をした羽軸があります。」
という説明が出てきたから、名前は間違ってはいない。で、もう一度
「Megaclinium」を花図鑑というので、調べて見ると、写真は沢山出てくるが、それ以上の説明は出てこない。
これでは、名前の確認以外、何の役にもたたないよね…
しかし、逆に考えると、まだ説明が出てない程、珍しい花とも解釈できるよね…

アデニューム・オスベス砂漠に咲く赤い花、沙漠のバラが美しい

僕の行ったたクブチ沙漠は沙の粒子が細かくて、まさしくそれは、極めて女性的だった。
僕が行ったクブチ沙漠は粒子が細かいキレイな沙漠で、
風に吹かれていろんな山が出来ているのだが、
その姿は、裸の女性がズラと横たわっているようで、それを素直に撮った僕の写真を見た詩人の高橋順子さんは、
本の前書きで
「久保雅督さんの写真は、神秘とエロスの沙漠への、そしてそこに生きる勁くてけなげな植物への賛歌です」と書かれれしまった。
そして僕の知る多くの人が、「沙漠の木」を見て、エロスの世界と受け止めてしまったのである(笑い)

広告


 

名前:クボッチ

写真好き トレンドを中心に書いていきます