未分類

スマホで楽しむ 焼きそら豆 この料理 素朴だけど粋だな そう感じてちょっと一枚

投稿日:

焼きそら豆 初めて見た 

山本周五郎の小説に出てきそう…
さすが荒木町 粋な料理を出すよねぇ…

仕事は早上がり、とても充実した一日だった

昨日は仕事2時間で終わって、
電車に乗っていたら
「この前頼んだ本 “そら 空 宇宙“届いてますか
 できたら今日受け取りたいのだけれど」
というメールが
アチャー
飲みの席での依頼だったから本気にしてなくて
「エッ 
本気だったの、
ごめん 
僕のが一冊あるから それで良ければ」と
メールを返したら
「バカ野郎 それでいいよ…」
「では 久々荒木町にいくか」となってそれで…
本代よりも受け渡し場所の料金の方が偉い高い…(笑い)

荒木町の小料理屋 狭いけど粋でとても素敵なの

カウンターだけなんだけどね、
車力門通りというメイン通りをちょっと行った所にあるんだけど
予約がいっぱいで入れないこともままあるの

着物に白い割烹着を来た女将さんがこれまた粋でねぇ

とっても雰囲気がいいの
そして一番に出てきたのがこの料理だったの
そら豆と言えば
大抵塩ゆでしてるんだけど
「焼きそら豆」
見た瞬間
「OH」とつい…
塩か酢味噌をつけて食べるのだけれど、
美味しいの…
思わず
「時代小説に出て来る料理か」と思って、
スマホで写真を撮ったというわけ
(僕は滅多にそういうところでは写真撮らないんだけどね…)
で、
ビールをキューと飲んでから
ハイといって本を渡すと
「ねぇねぇ これ この人の作品」
そういって女将さんに
「この人(僕のこと)ポニー
(ゴールデン街にあった囲炉裏のある居酒屋で女将さんが三味線を弾いてる写真)
の写真を撮った人なの…」
すると隣にいた男性が
「アアあの写真 
あれは素晴らしい写真だった」といきなり
そんなこんなで場が急に盛り上がって
いいねぇ…

こういう雰囲気大好き

一緒に行った友達は元映画のプロデユーサーで
秋山正太郎のドキュメントを作ったりしているんだけれど
とってもいい仕事をしてるの
僕が見たのはCDにダビングしたものだったが、
感動させられた。
女性を撮る秋山正太郎のライティングはすべてレンブラントライト(判逆光)だったというのも
彼の作品を通じて教えられたことだった
「単なる遊び人かと思っていたのだが、
やることはちゃんとやってんだ…」
それが、
彼の作品をみて言った僕の言葉だったのだが
「アタリメーだよ 馬鹿野郎」と…
81歳なのだけれど元気がいい…
昨日も
「おい温泉行かないか 万座温泉」
「そんなの無理だよ」と僕
「ブログでボンボン稼げるようになったらどこでも連れて行ってやるよと」
そういうと
「夢を持つのはいいことだ
 やらなきゃ可能性ないからな…」
齢は違っていても
こうして馬鹿の言いあえる友達って本当に楽しい…
で、
「せっかくの写真集 一人でも二人でも知らせてあげなければね…」
そう言って吹聴してくれてるんだけれど
嬉しいねぇ…
荒木町から僕は歩て帰ったのだけれど、
本当に嬉しかった…
気が合うというのは本当に素晴らしい
昨日は夜風が涼しくてとても気持ちが良かったそしてとっても楽しいお酒だった…

-未分類

執筆者:


  1. 「うったて」 より:

    焼きそらまめ、味は久保さんの表現で想像するしかないですが、写真で見るに、むっちゃ食欲をそそりますねえ。
    甘くて香ばしそう。ふんわり・こりり、をイメージ。
    家庭料理でもこれやってみようかなーーーー。

    先日はわたくしめのコメントを扱った記事をありがとうございました。
    なんとなくほわわんとした気持ちで拝読いたしました。
    届いたのだろうか、それならうれしいと思います。

comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

なんということのない風景なんだけど、

目次平凡な風景もたまにはいいかそして自分で新聞を作って例えば 平凡な風景もたまにはいいか なんていうことのない風景なのだけれど、前面の木の枝と、黄色い葉っぱが何かを感じさせたんだね なんちゃって、まる …

三脚を使わないと撮れない場面とは?

目次三脚はどういう時に、どういうところで使うのか三脚を使って撮影が楽になる5つのシーン1. 鳥の撮影2. 風景の中を行く電車3. 川の流れ4. 夕暮れ5. 花火や星空今回のまとめ   今日は …

コンデジカメラ使用の高齢者の三脚を選ぶ時の考え方を説明

目次三脚はキッチリとした写真を撮る道具として、重要な道具です。高齢初心者が三脚を選ぶ時のポイント今回のまとめ。   今日は、久保雅督です。 「写真はコツでうまくなる」にお越しいただき、ありが …

Heー 撮れてる、ピントもきてる、凄い、偶然だけど…

目次よく撮れたよねぇ、自分でも驚いている。しかし、瞬間、正面から飛んでくる姿が大きく見え、鮮明にその姿がなぜか記憶の中に残っているの。もしかしてこれもセレンデピティー愛育社での出版を決めてくれたのは友 …

スノードロップは幸せを呼ぶ花…

「幸せ」という言葉、みんな好きだよね…
その言葉の中に、何を感じているのだろうか…ねぇ…
愛、暖かみ、甘さ、ファンタジック、夢、希望…
例えばマリーローランサンの絵のような雰囲気を想像しているのだろうか…
「幸せは歩いてこない、だから歩いて行くんだよ…」
こちらの方が余程かスッキリする(笑い)
スノードロップ…
何か、禅問答のような、面白いテーマを与えてくれた。
メモ帳と鉛筆を持って、コーヒーを飲みながら、こういうのを考えるのも結構楽しい…
友達にそう言うと、
「幸せですなぁ」と一言(笑い)

広告


 

名前:クボッチ

写真好き トレンドを中心に書いていきます