discover essei idea mind 

ヤッたー Google Adsenseから、銀行口座の確認が完了しましたというお知らせ

投稿日:

今朝メールを開けたら、そんな嬉しいお知らせが

随分時間がかかったけど、これでやっと、アドセンスに挑戦した初期の目的
「広告代理店つきメール(媒体)」という目的が達成したのだからとても嬉しい。

メディア(媒体)には、広告代理店がついて、広告出稿があって初めて一人前、それが僕の概念なの

やっぱりメディアというのは、媒体に対して広告代理店がついて、それで収益が生まれて価値だものね(僕の概念)
この概念は、雑誌社やった時に、広告入れるのに苦労したから、余計、そう思うのかも知れない。
雑誌というのは、制作費がかかるので、広告を入れなければ経営がなりたたないの。
しかし、広告を入れるのは至難の業で、後にその経験を活かして、広告代理店としての活動をするようになるんだけど、バックにスポンサーを持っていると媒体との折衝が有利でとても楽になるの、
だってお金を出すのがこちらだから、ドンドン強気でいけるもの(笑い)

SNSも媒体、読者も大切だけど、広告が入るということも大事な要素なのである

そんな経験があったから、SNSでブログを始めるにあたって考えたのは、「広告代理店がついてこそ、メディアの価値」というのが考え方としてあったから、それでアドセンスの資格取ったんだけど、いざやって見ると…

SEO何それ、キーワード何それ

ブログで収益を出すためには、広告を見てクリックしてもらわなければ、収益にならないというのがわかり、その為にはSEOといって、自分の媒体(書いたものに)読者が大勢いて、広告を見て関心をしめしてくれなければダメということが分かったんだけど

SEO 難しい面倒くさい…

SEOというものがなかなか分らなかったのと、そんなことをするのが面倒くさかったので、自分の書きたいことばかりを書いていたので、
アドセンスの資格はとったけれど、収益には結びついてなかったの。
で、これではいかん、
そう思って、SEOの勉強をして、そのメカニズムがなんとか理解できたので、自分の書きたいことに対してSEOを織り交ぜていたら、少しづつ収益が発生するようになり、累計で、振り込み規定額に達したから手続きをしたところ、デポジットの金額(24円)が昨日、振り込まれていて、その数字を規定の書類に打ち込むと、
「銀行口座の確認が完了しました」というメールが届いたの。

普通の人は、ここで、これを契機にして、収益用のブログをと思うんだろうけど、

今のところ、警備の仕事もやってるし、
出版社とアドバイザリー契約もできたことだし…で、つい、もう少し好き勝手をと思うのが僕の悪いところ(笑い)
だって、お金のために書きたくもない記事、書きたくないもの(笑い)

考え方だけど

好き勝手なことを書いているからこそ、出版社とのアドバイザリー契約もできたわけだしねぇ…
出版社とのアドバイザリー契約
僕よりもむしろ、僕の周辺にいる出版好きな人たちが喜んでいるという節もあるけれど…

面白いねぇ人生って、本当に本当に本当に…

人生、思うようにはならないけれど、願うようにはなっていく、
70を超えてなお青春ができるのもブログのお陰、
そういう意味では、僕にとって、広告代理店つきのブログは、とても価値あるメディアなのである。
今日の記事は写真とはなんの関連もないのだけれど、写真がないと淋しいからアクセントで(笑い)

 

-discover, essei, idea, mind 

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

たけのこ タケノコ 筍…旬を楽しむ いいねぇ

目次見るとつい買っちゃうよね筍筍という字を分析すれば竹冠に旬 面白いね漢字なんでも開けばいいってもんじゃないんだ… 薄茶色に色ついた筍に山椒の葉っぱをちょっとあしらって…ね…ヤエガキ酒造の「黒の無」一 …

シーフードヌードルにとろけるチーズ+牛乳で美味しいチャウダーに

ひと手間の工夫で100円200円の食品が1000円位の価値ある料理に変身するのだ

一食、140円位か…
それがなんと、1000円クラスのチャウダーヌードルに変身するのだからねぇ、余程のお気に入りのラーメン以外はちょっと行けなくなってしまった(笑い)
そして、残ったスープにフランスパンをオーブントースターでトーストして浸して食べたらこれがおいしくて、すっかり病みつきに…
アイディアだね、工夫だね、料理って、ちょっとしたひと手間で見違える程美味しくなるんだから…

たい焼き、これ本物、年末ならではの風景だね

鯛の浜焼、懐かしいねぇ
この写真を見て思い出したのが、岡山の「鯛の浜焼」
駅の売店では必ず売っていたんだけれど最近、みかけないね。
昔々、そう、ワンスアポンナタイムは、江戸時代旅する女人が被る編み笠(あれなんて言うの)その中に大きな鯛の浜焼が頭と尻尾を出して入れられていたの、それが、山陽新幹線ができた頃から、傘は一緒なんだけど、鯛の姿はみえなくなって、ついには浜焼そのものを見なくなってしまった。
懐かしいね、そして食べたいねぇ、
毎年、年末になると、大きな鯛と、鯛の浜焼など贈答品として贈られてきていたので、正月には鯛の刺身、鯛の潮汁、鯛の浜焼の身を熱いご飯の上に乗せ、小倉やの塩昆布、確かえびすめと言ったと思った、を乗せ、熱湯玉露をかけて食べるお茶漬けが僕は好きでねぇ…
そんなことをつい、思い出してしまった。

スマホカメラで楽しむ 日本の故郷 いいねぇ奥多摩 藁葺き屋根と障子の家

アップした写真を眺めていたら、
「久保さん、ロボットに感情はないの、
嬉しいとか悲しい、
そういうことは考えないで、
淡々と情報だけ伝える、
今はそういう文章に徹してください、
アドセンス、
合格すれば好きなように書いていいんだから…」
まるで昨日のよう。
お陰でアドセンス
一発で、
審査に出した2,3時間後にがもう
「おめでとう」という嬉しいお知らせがきたのを思い出した
そのカスミさんのメールに
「ブログ、
長く続ける秘訣、
久保さんから教わりました」と書いていた。
彼女との月に数回の音声のやりとり、
まるで親しい友達と話しているようで、
とっても楽しかった…
もうすぐ春
久し振りに、奥多摩行ってみるかな…

菊なんだけど、名前、分らない 

着物だけはねぇ、日本人女性でないとやっぱり着られないんだよねぇ…
僕が知る限りでは、着物を着るためには身体からつくり上げていかなければ着こなしているという感じにはならないんだよねぇ…
だから、着物は一朝一夕では着られないと僕は思っているのである。アッ、そう言ってしまうと強引だね…訂正
着るだけなら誰でもきれる。
そうだよね、自分がいいと思えばそれでいいんだからね(笑い)
でも、溶け合って、着こなしているという意味で「着る」と僕はいっているのだけれど、
そういう意味で、身体から作って着物を着こなしている人は少ないと僕は言っているのだけれどね…

広告


 

名前:クボッチ

写真好き トレンドを中心に書いていきます