discover essei phone photo

スマホカメラを愉しむ 冬ならば そんな印象の風景と

投稿日:

冬ならば そんな印象の 風景と

かつてアマゾンとパンタナルで撮った写真で
「野生の大自然パンタナールへ」(愛育社)
という写真詩集を出したことがある。

アマゾン・パンタナールの風景はダイナミックで強烈だった

初めて行ったアマゾン・パンタナル
ダイナミック
そんな南米の風景に心惹かれて撮った写真でまとめた一冊
それはそれで印象的だったけど
今は武蔵野の素朴な自然にこそ心 魅かれる

寒さの中で感じる陽の暖かさいいねぇ

寒さの中で 陽の温もりを感じながら
「OH」
と…
心の中でいいながら
しばし佇み
スマホカメラで写真を撮る楽しさ…
いいねぇ…

僕は子供の頃から一人遊びが好きだった

東京に来て
しばらく居候していた叔父(母の弟)の奥さん
(お姉ちゃんと呼んでいた)に
「あんたは一人遊びが上手いよね」
とよく言われた
何を称してそう言われたのかは忘れたが、
どうやらそんな印象を与えたらしい…
兄とは7つ、
姉とは4つ離れているから ほとんど一人…
だから いつの間にか、
そういうの(一人で遊ぶ)を覚えたんだね…
もしかしたら、
時間があればフラフラと出かけて行って写真を撮るの
その頃覚えた習癖なのかもね…(笑い)
姉は僕を称して
「野生児」とよく言っていたが、
暇さえあれば山に行って小屋をつくったり
木の実を食べたり
木を切って刀をつくったりして遊んでいた
その延長に今があるのかもね…(笑い)

気がつくと、
野生児の持つ直観というのが鋭くなっていて
勉強はできなかったけれど、
直感によって、
僕は人生を生きてきたのである。

そう フリーのカメラマンライターとして…
よくもまぁ ドロップアウトしないで生きてきたなと、
自分でも思うよ(笑い)

不思議なのは、
人との出会い
偶然の味方
それによって
奇跡としかいいようのないものが次々に起こって
ちょっと変わった人生をい生きてきたのだけれど、
姉の言う
「野生児の感覚」が、
そういう人生をつくってくれたのだと、
僕は思っているのである(笑い)

その個性を簡単に言えば独創的

(勉強してないがゆえに身につけた無常識)
を、
人が喜んでくれたから…と思っているのである
そう考えると、
勉強ができなかった少年時代があるから今の僕があるんだと(笑い)
人生
何が幸いするか分らんものだね…(笑い)
で、
今も野生人としてスマホカメラを持って
暇さえあればフラフラと…(笑い)

でもでもでも
やっぱり僕は世捨て人

デラシネ
ボヘミアン
一匹オオカミ(今は年老いて牙はないけど)
高齢者になって、なお
そんな生き方を…(笑い)
やっぱりこれしか僕には道がなかったんだね…
今日も愉し
明日も愉し…
3日間の連休
新しいスマホに入れた
マニュアル撮影のカメラアプリで
思いっきり写真を愉しむつもり…
ハハハまるで子供…(笑い)

 

-discover, essei, phone, photo

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

スマホカメラを愉しむ 私はスターよ なんとなくそんな感じ 

これは
スマホだから撮れた写真だな…
だって、スマホは軽いし
上下左右…
どうでも動かせるものね…
一眼レフだとファインダーを覗かなければならないから、
きっと、
このアングルでは撮れなかったね…
僕の撮影は常にそういう行き当たりばったりの撮影なのだけれど、
それが楽しくてね…
それにしても
こういう風景に出会うと嬉しくてねぇ…
コレクターとはそんなものだよね…(笑い)
今日も愉し
明日も愉し
秋は本当に素晴らしい…

スマホカメラを愉しむ あなたは誰 僕にはあなたが昔々の時代の女性に見えるんだけど

思いに論理なんかいらないものね、
矛盾だらけでも
自分が
そうかそうなんだと納得できればそれでいいんだものね…(笑い)
しかし しかし しかし…
僕の場合は
そういう思い込みがシャッターを切らせてくれるの、
そして
その写真を見ながら、
心の声をこうしてタイピング(勝手に指が動くことを)SNSに出しているのだけれどね、
そして自分ではこれが極めて重要なメモと思っているんだよね…
そう
毎日こうして書いているこのわけのわからないメモが…
でもね、
こういう遊び面白じゃんねぇ…(笑い)
自分ではそう思っているからやってるんだけど、
本当に愉しい…
わけの分らんことでも、
こうしている時間がとても楽しいのである…

スマホカメラを愉しむ 柿の実の雨の滴が心惹く 

僕の場合は撮るというよりは撮らされる
そんな感じなのである。
だから、
ポケットからスマホを出して
カメラをセットしてスーと撮るという写真が多いのだけど、
雰囲気だけはなんとなく出ている(思い込みだけど)
そのように思っているのである。
だって、
スマホカメラ 
操作の仕様がないものね…
しかし
カメラがなければ写真は撮れないしね…
だから最近は
アレっと思ったら、
素直にそれを撮って
それに575をつけて
575と写真で
感じた世界をビジュアル化してみようと思ってね…
写真に575をつけると、
なんとなく纏まりがいい(ビジュアルになりやすい)
そのように思っているのである

スマホカメラを愉しむ 面白いね木の肌が作り出したアート 踊る少年

「カメラの街板橋」
そんなタイトルで、
写真家としての視点でエッセイをお願いしたいというメールが…
それを聞いてすぐに思いついたのがゼンザブロニカ
和製ハッセルブラッドと言われたカメラだった
僕が写真の学校に行った昭和40年頃に人気のカメラだったのを思い出した
後に僕はハッセルは使ったけれど、
ブロニカは使わなかったが、何か書けそう、
そんな気がしたので、引き受けることにした。
わからないとこは取材すればいいのだし…
締め切りは12月中旬なのでなんとかなる……
やっぱり、
チャンスがあればメディアには名前乗っけておかなければね…(笑い)

スマホカメラを愉しむ はなやかな うたげのあとの むなしさよ なんとなくそんな感じ

そうか
だから秋の紅葉は美しいのか
だって燃える命だもの…
なんだか哲学的(笑い)
そうなんだ
だから秋は、
秋という季節は華やかさと虚しさと、

「…」
そういうものが全部からまって色づいているか美しいのだ…
でも僕はやっぱり…だよね
ちょっとそんなことを考えさせられた瞬間だった…
しかしまだまだ僕は元気
おおいに楽しまなくちゃね…

広告


 

名前:クボッチ

写真好き トレンドを中心に書いていきます