discover essei phone photo

スマホカメラを愉しむ 冬ならば そんな印象の風景と

投稿日:

冬ならば そんな印象の 風景と

かつてアマゾンとパンタナルで撮った写真で
「野生の大自然パンタナールへ」(愛育社)
という写真詩集を出したことがある。

アマゾン・パンタナールの風景はダイナミックで強烈だった

初めて行ったアマゾン・パンタナル
ダイナミック
そんな南米の風景に心惹かれて撮った写真でまとめた一冊
それはそれで印象的だったけど
今は武蔵野の素朴な自然にこそ心 魅かれる

寒さの中で感じる陽の暖かさいいねぇ

寒さの中で 陽の温もりを感じながら
「OH」
と…
心の中でいいながら
しばし佇み
スマホカメラで写真を撮る楽しさ…
いいねぇ…

僕は子供の頃から一人遊びが好きだった

東京に来て
しばらく居候していた叔父(母の弟)の奥さん
(お姉ちゃんと呼んでいた)に
「あんたは一人遊びが上手いよね」
とよく言われた
何を称してそう言われたのかは忘れたが、
どうやらそんな印象を与えたらしい…
兄とは7つ、
姉とは4つ離れているから ほとんど一人…
だから いつの間にか、
そういうの(一人で遊ぶ)を覚えたんだね…
もしかしたら、
時間があればフラフラと出かけて行って写真を撮るの
その頃覚えた習癖なのかもね…(笑い)
姉は僕を称して
「野生児」とよく言っていたが、
暇さえあれば山に行って小屋をつくったり
木の実を食べたり
木を切って刀をつくったりして遊んでいた
その延長に今があるのかもね…(笑い)

気がつくと、
野生児の持つ直観というのが鋭くなっていて
勉強はできなかったけれど、
直感によって、
僕は人生を生きてきたのである。

そう フリーのカメラマンライターとして…
よくもまぁ ドロップアウトしないで生きてきたなと、
自分でも思うよ(笑い)

不思議なのは、
人との出会い
偶然の味方
それによって
奇跡としかいいようのないものが次々に起こって
ちょっと変わった人生をい生きてきたのだけれど、
姉の言う
「野生児の感覚」が、
そういう人生をつくってくれたのだと、
僕は思っているのである(笑い)

その個性を簡単に言えば独創的

(勉強してないがゆえに身につけた無常識)
を、
人が喜んでくれたから…と思っているのである
そう考えると、
勉強ができなかった少年時代があるから今の僕があるんだと(笑い)
人生
何が幸いするか分らんものだね…(笑い)
で、
今も野生人としてスマホカメラを持って
暇さえあればフラフラと…(笑い)

でもでもでも
やっぱり僕は世捨て人

デラシネ
ボヘミアン
一匹オオカミ(今は年老いて牙はないけど)
高齢者になって、なお
そんな生き方を…(笑い)
やっぱりこれしか僕には道がなかったんだね…
今日も愉し
明日も愉し…
3日間の連休
新しいスマホに入れた
マニュアル撮影のカメラアプリで
思いっきり写真を愉しむつもり…
ハハハまるで子供…(笑い)

 

-discover, essei, phone, photo

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

広島菜のお漬物、ご飯によし、フランスパンによし、お餅によし、もう最高

広島菜のお漬物、僕流の食べ方
広島菜の漬物の食べ方、僕が一番好きなのは、大きな葉っぱをまな板の上に広げ、これまた友人が丹精込めてつくった天日干しのお米(これも先日届いたの、そう、新米)の炊きたてを、葉っぱの上に薄く敷き、そこに鰹節を適度に置き、醤油を少しさして、巻きずしのように、くるりと巻いて食べるの…
広島菜の漬物と、おかか、ご飯のコンビネーションが抜群で、本当に本当に本当においしい。

スマホカメラを愉しむ ほうの実が赤く色づくお祝い日

国民の休日はだから好き…
だってみんながノンビリしてるんだもの…
空気が違うんだもの…ねぇ…
暇人でもそのくらいの空気は感じるの…(笑い)

スマホカメラを愉しむ 街を歩けば いたる処にアートが…心躍るものがある

紅い蔦が気を惹いたのか
茶色い壁に大胆な水色のメジ
それに絡まった赤い蔦が
「これ撮れよ」てしきりに…
仕方ないからスマホカメラで撮ってやったんだけどね…
なんとなく
どことなく
面白いね発見

好きだな こういう絵
なんとなくメルヘン
何となく詩的
なんとなくファンタスティック…
そう思ってアップしたんだけれどどうだろうか…

望遠レンズを愉しむ ほんのりと なんとも優し 春の色

目次望遠レンズ面白いね雰囲気を一言で言い表す言葉難しい写真につける春の色、 それを表す言葉 どんな言葉があるのかと 知っている限り つぶやいてみたの はんなり ほんのり ふんわか ほんわか なんとなく …

タブレットがない。夜中に飛び起きて大騒動…その顛末は

スマホで探せばいいんだと思って、
「端末を探す」というのをやったのだが、タブレットでスマホを探すの設定はしているが、スマホにタブレットを探すの設定はしてなかったので、それは無理。
これはもう、朝を待って、バス会社に電話するしかないなと、諦めて、しばらく目を瞑って、それでも落ち着かないので、
ソファーの上半身がくる位置の椅子を動かしてみたところ、
四角い物体がソファーにピッタリとくっついてて、角度によって、光ったのが見えた、
「あった」
その瞬間、ヘトヘトと、腰が砕けてしまった。

広告


 

名前:クボッチ

写真好き トレンドを中心に書いていきます