discover essei phone photo

スマホカメラを愉しむ 切ないね 黄昏頃の冬景色 黄昏の独特の光りの彩が出したかったんだけど… 

投稿日:

黄昏の短い時間に出てくる光の美しさ

それを捉えようとするのだけれど
なかなか難しい…
それを撮るためには風景も選ばなきゃいけないしね
昨日は仕事10時に終わったので
「よし深大寺に行こう」
そう思って帰ってきて
カップヌードルにトロけるチーズ
(最近これはまってるの)
を入れて、
冷凍庫にある墨の絵の全粒粉の粒麦パンを一切れだして
2分程トーストしたのをヌードルの中に入れて食べるんだけど
これが美味しくてねぇ…

食べたたら眠る自然の摂理に逆らえなくて

それを食べて寛いでいたら眠ってしまって
気がつくと13時
深大寺まで行くの
気が失せてがしまったので目の前にある新宿御苑にしたのだが
やっぱり神代植物園と新宿御苑では風景がまったく違うの、
新宿御苑はやっぱり庭園
それに比べて
神代植物園の風景には
雑木林に武蔵野の雰囲気が感じられるので、
風景を意識する時には
僕は深大寺にいくのだけれど
昨日は、そういう分けで…
しかしやっぱり、
なかなか撮れる場所が無くて…
やっと見つけてのがこれ(アップした写真)

悪くはないのだが もうちょっと何かがだな… 

木に当たった光と、落ち葉を浮き上がらせる光の彩
感じとしてはマァマァなんだけど
下の枯葉のあたりに
もう少しコントラストがあったら光の雰囲気がもっとでたかなと
想っているのだけれど…
しゃーないねぇ…
これもまぁ
いろいろ撮らなければね…(笑い)
チャンスがあれば
毎回気にしてコレクションしていれば
「ヨーシ」
というのがそのうち出てくるだろうと…
しかし本というのは難しくてね
「ヨシ」
という写真が仮にあったとしても
前のページの写真
後のページの写真の雰囲気とそぐわなければ、
弾かれて使えないし…
本全体の雰囲気もあるしねぇ…
そうなってくると、
力作が必ずしもいい写真とはいえなくなってしまうんだよねぇ…
だからいろんな写真をコレクションしていなければならないのである

僕にとって写真集は究極の遊びなの

エッ また写真集出すの
ウン 
それは常に意識している
だって今はKindleのISBNを使えばお金かけなくれも出版できてアマゾンで売れるんだもの…

頭の中にある」企画

「遊びせんとや」(写真と575で)
「現代の中で生きている宗教用語」
(例えば挨拶などを写真+エッセイで)
「写真で作る絵本」(ブッシュの森の仲間たち)
「枯葉のシリーズ」
「ミュージカル」(花の写真で)
やりたいことはいっぱいあるのだけれど
なかなか整理ができなくて…(笑い)
でもね、
こんなことを考えているのが楽しいの…
夢 希望…
幾つになっても本当に楽しい…

 

-discover, essei, phone, photo

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

スマホカメラを楽しむ、セルフポートレート、Instantoxという無料アプリを使ってみた

ネットでいろいろ調べたら、マニュアルで撮れるアプリとかいろいろあることが分かった。
無料なら試してみるけれど、お金をかけるのはイヤだね…
それが仮に一か月300円でも、年間にすれば3600円…
別にどうしてもという必要がなければ、やっぱり使わないよね…
しかし、しかし、しかし…
こうして、いいなと思った無料のアプリをドンドン入れていると、それが容量を圧迫して、逆に何もできなくなってしまったりするんだけどね…

スマホカメラを愉しむ なんとなく 心静まる初夏の川 草のにおいと頬なでる風の気持ちよさ

誰に聞いたのか
忘れたけれど、
足し算から引き算へ…
そして最後は墨染めの衣一枚
それでいいのだ
そして
雲が行くように
水が流れるように
自然の流れに従って生きるのがいいと…
さすがに
そこまではなれないけれど、
捨てるものは捨て
身軽にならなければならないのは確か…
連休になって
掃除しながら
いつの間にかそんなことを考えていた

ペリステリア・エリタ、パナマの国花らしいのだそうだが、珍しいんだってね、この花

この花、稀にしか見ることができない貴重な花なんだってね。
パナマの国花で、愛称を「鳩の蘭」というのだそう。

貴重とはどういうことかと、調べて見ると
「絶滅の恐れがあるとして、ワシントン条約で、商業目的の取引は禁止されている植物」と。
そして、開花する大きさまで育つのに、10年かかるらしい。
なる程、これは貴重だ。

ところで、愛称をなぜ「鳩の蘭」と呼ばれるのか…
調べてみると、
花芯、花の中央が、鳩のように見えるからと。
言われてみればそうだよね…
確かに確かに、鳩だよねこれ…
説明を読むと、これは(鳩に見えるのは、雄蕊と雌しべが合体した様子)とか、稀にしか見られないらしい。
ウーン、これは貴重だ。
ということは、その写真が撮れた(遭遇した)ということは、ラッキーだったということだね…凄い。

写真を愉しむ タンポポの詩が聴こえる

タンポポの花
存在自体がすでに詩になっている
僕にはそのように思えるのである
特に風が来たら飛ぶぞという白いタンポポをみると
特にそれを感じるのである。

しかし、
その詩をお前」書いて見ろと言われたら
アハハなんだけど、そんな雰囲気をこの花に感じるのだった。
だから、写真を撮った時には
ヨーシと、思うんだけど、やっぱり詩は難しい

今日のテーマは音楽会 カマキリさんのタクトで元気で明るいリズミカルないい歌が聞こえてきそう

最近僕がはまっているのは
古賀メロディーの「サーカスの詩」
裕次郎が歌ってるんだけどね、
詩といい リズムといい凄くいいの
そう、
昔昔の唄なんだけれど、
心にジーンと響いてね…
これをスナックに行って
お客のいないときに練習しているのだけれど、
なかなか難しい
北帰行
さすらい
ゴンドラの詩
国境の街
やっぱり文化が違うんだねぇ…
僕はこの頃の文化がなぜか好きなのである

広告


 

名前:クボッチ

写真好き トレンドを中心に書いていきます