discover essei phone photo

スマホカメラを愉しむ 切ないね 黄昏頃の冬景色 黄昏の独特の光りの彩が出したかったんだけど… 

投稿日:

黄昏の短い時間に出てくる光の美しさ

それを捉えようとするのだけれど
なかなか難しい…
それを撮るためには風景も選ばなきゃいけないしね
昨日は仕事10時に終わったので
「よし深大寺に行こう」
そう思って帰ってきて
カップヌードルにトロけるチーズ
(最近これはまってるの)
を入れて、
冷凍庫にある墨の絵の全粒粉の粒麦パンを一切れだして
2分程トーストしたのをヌードルの中に入れて食べるんだけど
これが美味しくてねぇ…

食べたたら眠る自然の摂理に逆らえなくて

それを食べて寛いでいたら眠ってしまって
気がつくと13時
深大寺まで行くの
気が失せてがしまったので目の前にある新宿御苑にしたのだが
やっぱり神代植物園と新宿御苑では風景がまったく違うの、
新宿御苑はやっぱり庭園
それに比べて
神代植物園の風景には
雑木林に武蔵野の雰囲気が感じられるので、
風景を意識する時には
僕は深大寺にいくのだけれど
昨日は、そういう分けで…
しかしやっぱり、
なかなか撮れる場所が無くて…
やっと見つけてのがこれ(アップした写真)

悪くはないのだが もうちょっと何かがだな… 

木に当たった光と、落ち葉を浮き上がらせる光の彩
感じとしてはマァマァなんだけど
下の枯葉のあたりに
もう少しコントラストがあったら光の雰囲気がもっとでたかなと
想っているのだけれど…
しゃーないねぇ…
これもまぁ
いろいろ撮らなければね…(笑い)
チャンスがあれば
毎回気にしてコレクションしていれば
「ヨーシ」
というのがそのうち出てくるだろうと…
しかし本というのは難しくてね
「ヨシ」
という写真が仮にあったとしても
前のページの写真
後のページの写真の雰囲気とそぐわなければ、
弾かれて使えないし…
本全体の雰囲気もあるしねぇ…
そうなってくると、
力作が必ずしもいい写真とはいえなくなってしまうんだよねぇ…
だからいろんな写真をコレクションしていなければならないのである

僕にとって写真集は究極の遊びなの

エッ また写真集出すの
ウン 
それは常に意識している
だって今はKindleのISBNを使えばお金かけなくれも出版できてアマゾンで売れるんだもの…

頭の中にある」企画

「遊びせんとや」(写真と575で)
「現代の中で生きている宗教用語」
(例えば挨拶などを写真+エッセイで)
「写真で作る絵本」(ブッシュの森の仲間たち)
「枯葉のシリーズ」
「ミュージカル」(花の写真で)
やりたいことはいっぱいあるのだけれど
なかなか整理ができなくて…(笑い)
でもね、
こんなことを考えているのが楽しいの…
夢 希望…
幾つになっても本当に楽しい…

 

-discover, essei, phone, photo

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

生きるということは目を効かせるということなんだね なんとなく可愛い米ツキバッタ

この写真を見ていると、
目を効かせなければ生きていけないということを教えられているような
そんな気がするんだけれど…
それにしても
このところのニュースを見ていると、
目先ばかり考えて目の効かない人々が多いとつくづく思う。
愚かというかねぇ…
あれじゃまるでコネを頼りの就職活動じゃんねぇ…
そこまでして恥ずかしくないのかねぇ…
米つきばった 
ペコペコと頭を下げるのが特徴で
別名「お辞儀ばった」ともいうらしいけど、
人にへつらって生きる人のことを
「米つきバッタ」ともいうらしいよ…(笑い)
オッ
 今日はくくりが見事に決まった…(笑い)

スマホカメラで遊ぶ 今日は紫陽花 ヘーもう紫陽花が咲いているんだ

「紫陽花」
この字は中国の唐時代の詩人、
白居易(はくきょい)の詩に登場しています。
それを平安時代の学者である源順(みなもとのしたごう)が、
「これはアジサイのことだろう」
そう言ってこの漢字をあてたそうです」
さらに
白居易が名前を付けた
「紫陽花」と書く花は、
実は
アジサイではなく別の花だったそうで
その花は「ライラックだったのでは」と言われています」と。

桜の花を楽しんだ後の楽しみはサクランボ 可愛いよね、まるで宝石、ちょっと酸っぱくて甘くてとても美味しい

林檎の歌というのはあるけれど、
サクランボの歌というのはあるのかなぁ…
あることはあったが、僕にはちょっとピンとこない…
お遊戯の歌で、
二つが対になって実をつけるサクランボの特徴を生かしてお遊戯にしているのだけれど
僕が求めていた林檎の歌
「私は真っ赤な林檎です…」
そんな情緒の歌はなかった。

スマホカメラで遊ぶ 今日の花は多分 アストロメリアだと思う

僕にとって重要なのは
何を撮ったかというのではなく、
そこに何を感じたかというのがことなので、
名前は別段必要ないのだけれど、
ついでだから分かるものは調べておこうとしているだけのことなのである。
また写真は
今の僕にとっては、
ブログを書くためのきっかけなので、
写真がないとブログ書けないから、
その為に撮っているわけで、
何でもいいんだけど、
花は撮りやすいし、
キレイだから…ね
今日ももまた、
頭にたまったゴゴチャゴチャの吐き出しになってしまった
しかしかししかし…
僕にとってはこれもまた
重用なメモなのである

スマホカメラを愉しむ 冬の雨 ほのかに香る暖かさ いいね雨が創りだす非日常の世界

この「時雨」にもいろんな「しぐれ」があるの
検索すると
朝時雨
夕時雨
小夜時雨
村時雨
北時雨
片時雨
時雨雲
時雨傘
時雨心地
時雨の色、
月時雨、
松風の時雨
凄いねぇ…
本当はひとつづつに解釈をつけなければならないのだけれど
時間がないので今日ははしょり…

広告


 

名前:クボッチ

写真好き トレンドを中心に書いていきます