discover essei phone photo

スマホカメラを愉しむ 心に響くひなげしの詩 見た瞬間 そんなイメージがきて

投稿日:

なんとも可愛いひなげしの花

あっち見たりこっち見たり
知らない街をフラフラ歩いていたら
ある花壇の片隅でひっそりと…

なんとなく素朴それがいい

鮮やかな花に比べて
主張はないんだけど
より沿って

小さな声で歌いながらリズムをとって楽しそうに…
黄色と白とピンク…
あまりの可愛さについ撮らされてしまった…
そう言えば昔
山陰を旅行していて
道端にひっそりと咲いていた花をみて
道端にただ一輪 咲き残りたる花ありて
吾を見上げる 山陰の旅の夕暮れ

こんなフレーズを書いたことがあったが、
想えばあrも
ひなげしの花だったような気がする

なんだか慌ただしい一日に

今日はゆっくりできると思っていたら

起きられなくて
中途半端な目覚めだったので
頭もボンヤリして
やっとの思いで
検査の結果を聞きに病院へ
すると
「まだよく分らないんだけど
多分アスペルギガス
カビの一種で
人から人へも感染はないが
そういう環境にいて
たまたまそれを吸い込んだとか…
珍しい病気
しかしまだ断定できないので治療の仕様がない
で、
入院して精密検査をしなければなんですよ
明日入院できますか…」

「そりゃ先生いくらなんでも」と僕
「そりゃそうだな
では5月11日に入院して
12日に検査して
13日退院というのはどうですか」
「それなら大丈夫です…」

原因一体なんでしょうねぇ…
独り言のようにポツリと言ったら
「タバコかもね」(ドクター)
「10年も前にやめてますよ」
「でもねぇ…
影響が出るんですよ…」
肺には自信を持っていたのに…
これもやっぱり齢のせいか…
「癌だったら旅行に行けると思ってたの…」
そんなことは言えないから
「ガンでなくて良かったです」
そう言うと
「まだわかりませんよ まだ検査をしてないんだから…」
そうですかと心配顔で、
しかし内心歓びながら…
変な奴だよね…
今日も愉し
明日も愉し
楽天家はどういうことがあっても…
幸せだね(笑)

 

-discover, essei, phone, photo

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

スマホカメラを愉しむ カラダネオガタマポートワインという名前なのだそう なぜかポートワインというのに惹かれてつい

サントリの広告のうまさは抜群で、
僕がカメラマンになりたての頃、
今から50年位前
サンアドは、憧れの広告の制作会社だったのである。
だって、ここには開口健など凄い人たちが集まっていたんだもの…

この頃のそういう雑誌など見ていると、本当に楽しい…
だって、
作品のひとつひとつに独特の味があって、
痺れるほど上手いだもの…
たんなんる技術ではなく
魂が込められていたそんな気がする
あの頃先輩につれらえて行った酒場談義が懐かしい…
あれこそ本当のカルチャーだたね、
先輩おごりの…
花園のゴールデン街、
そこにはそういう文化が溢れていた…

no image

カメラを愉しむ 踊るメリーゴーランド、僕も昨日はツイスト踊りまくって今日は腰が痛い

「だって、俺、一回行っただけだよ」
「でも、あの時撮った写真、皆の記憶の中に残っていて…」
そう言われれば悪い気はしない…
ビールやハイボールを飲みながら、
囲炉裏で鮎を焼いたりして…

スマホカメラを愉しむ 武蔵野の雑木林を紅く染め

「シャンソンの招待券2枚もらったから一緒に行こう」
ある女性からそういう電話が来たので
「それってデートの誘いだよね」
そういうと
アハハと笑って
「気安く誘えるのアナタしかいなかったのよ」と

スマホカメラを愉しむ はなやかな うたげのあとの むなしさよ なんとなくそんな感じ

そうか
だから秋の紅葉は美しいのか
だって燃える命だもの…
なんだか哲学的(笑い)
そうなんだ
だから秋は、
秋という季節は華やかさと虚しさと、

「…」
そういうものが全部からまって色づいているか美しいのだ…
でも僕はやっぱり…だよね
ちょっとそんなことを考えさせられた瞬間だった…
しかしまだまだ僕は元気
おおいに楽しまなくちゃね…

写真を愉しむ 可愛いいね まるで宝石 アセロラの実  

連日の暑さでちょっと夏バテ
アセロラ飲んで元気出さなきゃだね…笑い

広告


 

名前:クボッチ

写真好き トレンドを中心に書いていきます