discover essei phone photo

スマホカメラを愉しむ 雨晴れて際立つ色香 その姿

投稿日:

一目惚れ

際立つ色香に酔いしれて
いったい僕の頭の構造 どうなってるんだろうねぇ…
花は女性と思っていたけれど、
こんなに妖艶な花、
見たたことがない

夕暮れ
お風呂に入っての帰り道

ひと際目立つ木があって
紫陽花が薄いピンクの花を咲かせていたの
その姿が美しくてね…

思い込みの世界

キレイだねって声をかけたら
チラとこちらを見て、
ちょっとシナをつくりながら、
上目使いに…
その色香にドキっとして
撮っていい
そう言うと
ニッコリ微笑んで…
そのままでいいから、
目だけゆっくりスーット
もっとゆっくり
スート…
そうそう、
ウンいい
そうそう…
いいねぇ…
美しい
とっても美しい…
君の名は…
Yさん…
ありがとう、
決して忘れない
綺麗な紫陽花は色々みたけれど、
そんな風に思ったのは今日が初めて…

心奪う花Y

心に深く留めておこう…
あれ…
なんの本だったかな…
確か森本哲郎の
「ぼくの旅の手帖   または、珈琲のある風景」
そんなタイトルだった
その中にあった物語り…
「パリサンミッセル広場の近くにあるいいカフェ…」
外は雨
登場していた小説家の名前は忘れたが
入り口近くのテーブルに座って小説の草稿を書いていた
突然ドアが開いて、
雨に濡れた素敵な女性が入ってきた
小説家はその姿を見て
書いていた草稿用紙に
「美しい女性よ、
今私はあなたに出会った、
あなたが誰を待っているにせよ
今 あなたは私のものだ」
と書き記した…
この一文にふれた時、
まるで電流が流れたように、
強い刺激を受けたのを思いだした…
遠い過去の記憶
美しい紫陽花の花をみた瞬間、
フイにその言葉が思い出されたのである…
一体これは何なんだろうね…
面白いね…
心のメカニズム
そして花の名前にY…
もしかしたら
頭の中にヘッセだったかな…
「◎◎に捧げる」という詩のタイトルがあったからかもしれない
男はなぜか 
好きな人ができると、
なんらかの形でその人の名前を書きたくきたくなるんだね…

青春いいねぇ…
そんなことを思うだけで元気になれるの…
人を好きになるというのは、大切なことなんだ…
今日も愉し
明日も愉し
好きな人が出来れば心が高ぶる
身体に元気がみなぎって、
素敵なことが次々に…
やっぱり恋は素敵なメディスンなのである…(笑い)
そう、
例えそれが片思いの恋であったとしてもである…

 

 

-discover, essei, phone, photo

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

カメラを愉しむ 路地のトマトは夏の味

しばらく、
「あえて今日は何もかかない」をやっていたら、
それに慣れちゃって、ハハハ…
やっぱり楽させちゃ駄目だね、使ってやらなければ…
だから今日はウォーミングアップで…

スマホカメラを愉しむ 紫陽花の詩を愉しむ

古の日本人の感性…
本当に本当に本当に…
素晴らしい…

スマホカメラを愉しむ 日本の夏 透かしの文化 なんとなくそんな感じ

いいね、暇人…
窓を開け、涼しい風が吹き抜ける畳の上に寝っ転がって…
山本周五郎、アリアさんの朗読を聞きながら…

マツコの知らない世界で紹介された新食感の餅うどん功刀屋新宿御苑店へ行ってみた

テレビの影響が大きいのだと思うが、
店には、次から次にと入ってきて
とても繁盛している
テイクアウトもしているらしい…

「餅うどん」
見た感じでは普通のうどんにちくわの天ぷらと、
卵の天ぷら
それにショウガとネギの薬味が載っているオーソどっくすなもので
おつゆの味は、
関西風で、
あっさりしてとても美味しい

お茶の葉でトースト、これが結構いけるの。サッパリとしていてとても美味しい

冷凍庫からパンを一枚だし、少し温めから、バターを塗り、その上に茶葉を置いて、パンがきつね色になるまでこんがり焼いて、パクっと、食べたところ、
バターとの相性がよくて、お茶の香りもして、食感としては、歯切れのいい野菜を食べている感じで、お茶の香りも楽しめて、とっても美味しいの。
で、「これはいい」
思わずそんなことをいいながら、もう一枚追加でつくって、それもペロリと…(笑い)

広告


 

名前:クボッチ

写真好き トレンドを中心に書いていきます