discover essei phone photo

スマホカメラを愉しむ 琵琶の実の洒落た味を儚いと

投稿日:

琵琶にはいろんな思いでがある

確かに頼りない しかし、
味のデティールというか、
ねぇ…
その曖昧さが琵琶の味なんだよねぇ…
ある人はその曖昧さをお洒落といい
ある人は儚いという…
感覚って本当に難しい…
でも、
果物屋さんの店先に
箱に入った立派な琵琶の実が置かれているのを見ると、
美味しそうとつい…

ギンギンに冷えた琵琶の実喉越しの気持ちよさ

冷蔵庫で冷やして、
汗を拭きながら皮を剥き、
口の頬張り、
喉を通る時にひっやりとしたあの感触
いいねぇ…
後に残る微かに甘いあの味、
儚い味こそう美しい

575では、
そんな様子を描きたかったんだけど…

僕のボキャブラリーでは無理
俳句って本当に難しい…
僕はだから575でいいんだけれど
表現したいものがスンナリと言い表せる技術は欲しいよねぇ…
でも素晴らしいお姉さんたちに混ざっていろいろ話していると、
勉強にはなる
だから句会楽しいの…(笑い)

美しい琵琶の握り

知合いに
琵琶を半分に切って、
種のあった処にすし飯をいれて
握りをつくるのが上手な人がいて、
今頃の季節
茗荷の握りと琵琶の実の握りをよく作ってくれたけど
あれは見事だった。
確か茗荷はサッと熱湯を通して酢につけるといっていた
一度挑戦してみるかな…
お皿に並べられたその美しさ、忘れられない…

もう一つ
琵琶を見ると思いだすのが、岡山の実家

庭を通過した川が門のところで顔を出し、
その川が
暫く行ったところで大きな川に合流しているのだが
門の前の道は当然私道、
しかし、
みんながそこえを通るので、ほぼ公然の道になっていた
その道が門を背にすると、
ちょうどピtッヤーマウンドからホームベースの位置位の長さで、
サーチャン(竹馬の友)と、毎日そこでキャッチボールを…
勿論僕がピッチャー
サーチャンがキャッチャー
時には喧嘩しながらのキャッチボールもあったから、
サーチャンも怒って、
怒りのボールを投げつけてくるの…
そういうボールは冒頭になりやすい…
川に落ちたボールは拾いに行かなければならない…
ボールが拾える場所には大きな琵琶の木があって、
今頃の季節
黄色い実をいっぱいつけているの…
僕らは、
ボールを拾いに川に入ったついでに、
実のついた琵琶の枝を折って、
川に皮をすてながら…(笑い)
そうやって食べた琵琶の味も忘れられない思い出…
時にこうして故郷思うのもいいよねぇ…

故郷…

みんないなくなってしまったけれど、
思い出の中では
賑やかだったあの頃が鮮明に思い出される、
そうみんな若い…
懐かしいなぁ…
お盆には一度行って見るかなぁ…故郷へ
ノスタルジックジャーニー
いいねぇ…

-discover, essei, phone, photo

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

スマホカメラで遊ぶ クレマチス なんとこの花も家紋になってるんだ

クレマチス(鉄線 鉄仙)の花言葉は
「美しい精神」「旅人の喜び」
いいねぇ…
この花(アップした写真)
都立家政(西武線)から鷺宮に行くダラダラの下り坂の中間にある家の門のところに咲いていたのだが
今の季節
毎年きれいに大きな花が咲いているの
しかもここの花は、
どれも形がいいから
電車に乗らないで歩くことにしているの…

スマホカメラを愉しむ工業品では出せない純粋な味が楽しい

引っ越しして、ようやく仙人の暮らしに近づける環境になったのだから、そういう生活を楽しまなければね…

スマホカメラを楽しむ、セルフポートレート、Instantoxという無料アプリを使ってみた

ネットでいろいろ調べたら、マニュアルで撮れるアプリとかいろいろあることが分かった。
無料なら試してみるけれど、お金をかけるのはイヤだね…
それが仮に一か月300円でも、年間にすれば3600円…
別にどうしてもという必要がなければ、やっぱり使わないよね…
しかし、しかし、しかし…
こうして、いいなと思った無料のアプリをドンドン入れていると、それが容量を圧迫して、逆に何もできなくなってしまったりするんだけどね…

スマホカメラを愉しむ 井の頭公園の中に こんな風景があるなんて知らなかった

恋愛だってそうだよね
「今はもう通わない心と心と心…」
「あの素晴らしい愛をもう一度…」
そんな歌を聴いていたら、
同僚の女性
「そんなの無茶苦茶だよって」(笑い)
遠い昔の話だけど、面白いね…

スマホカメラを愉しむ 燃える紅葉 

耳に心地の良い言葉のリズム
調べていると 
「耳に心地良い言葉のリズム」という小見出しで
すべてを平仮名にして
いのちみじかし こいせよおとめ あかきくちびる あせぬまに 
7文字 7文字 7文字 5文字 」
この組み立ては都都逸と同じ法則なんだ
そうか都都逸か
僕 都都逸好きなの
「さくら(櫻)という字を 分析すれば にかい(貝貝)のおんな(女)が  き(木)にかかる」
いいよねぇ…
粋だよねぇ…(笑い)
三味線か何かで節をつけてやったらいいよねぇ、お酒をのみながら…

広告


 

名前:クボッチ

写真好き トレンドを中心に書いていきます