discover essei phone photo

スマホカメラを愉しむ 咲けば散る花の命の美しさ

投稿日:

花の美しさ それは命の輝きなのである

そうなんだ
僕は今まで
そこに花があるから撮っていたんだけど、
なんでこの花はこんなにも僕の心を惹きつけるのか
漠然とながらそんなことを考えていて、
そうか、
なる程、
そうだったのかと思ったのがそれ、

花の美しさは
「命の輝き」だったのである。

ハハハ…
そう言うと、
なにか大発見をしたように思うが、
しかしそれは
当たりまえのことを当たりに言ったに過ぎないのである。
しかし、
その当たりのことが、
言い方によって、
神妙に思えるから面白いねぇ…
でも、
この発想に行きつくまでのプロセスは決して簡単ではなかった
大袈裟に言えば、
人生をかけて見つけた答えなのである…
なぜならば、
肉体の衰えを知らなければ
ここには到達できなかったから…(笑い)
だって、
若くてエネルギッシュで、
青春真っ只中で
「命は儚い」なんて言われてもピンと来ないものねぇ…

よくできてるねぇ自然の摂理

肉体の衰え
これはねぇ…
単純に足腰が弱るとか
記憶力が悪くなったとか…
そういう問題ではないんだよ
極端な言い方をすれば、
これまでの自分とはまったく違う自分
つまりこれまでに築き上げてきた概念が全く通じない世界に来て生きている、
そんな感じなの…
しかし記憶の中には、
これまでに蓄積してきた概念が残っているから、
余計に厄介なのである…

そしてそういうことに段々と気づいてくると、
ああ、
人を好きになるというのはこういうことなのかというのが
分かって来る(そんな気がしてくるの)
そんな感じなの、
そうすると、
いろんな発見がそこにはあって、
また楽しくなってくるの…
そのことを教えてくれた、
いや気づかせてくれたのがYという女性
とってもキレイで、
気は強いが、
心根の優しい女性なの…
その女性とラインのやりとりをしているうちに、
人を好きになるというのは、
こういうことなのか━気づかせてくれたの
そして、
そういう思いで
花とか風景を見ていたら、
同じものを見ているのに、
これまでとは違うものが見えるよになってきて、
そうか、
こんなことは思ってもなかったが、
本質はこうだったんだ━と
納得しながら見えるようになってきたの…
面白いね…
20代には20代の
30代 40大…
それぞれの時代に
それぞれの見え方があったんだと思うけれど、
70歳超えると、
極端にそれが変わってくるのである

またまたシンクリニシティー

話変わって
昨日、
東洋医学で気好功術を使ったマッサージと
聞くことに耳を傾け、
的確な言葉で悩みの核心を捉え、
ゆったりと心を開き、
閉ざされた肉体を開放し、
生きる力を与えるマッサージの達人に
回帰堂玄斎さんに会ってお話を
内容は10年程前に玄斎さんに取材のプロデユースをしていただき書き上げた原稿(400字詰め300枚)があるのだけれど。
今回アマゾン
(Kindleの書籍コードを取得)で電子書籍が出せるよになったので、
それを電脳文書体に換え、
スマホで読まれるように書き換えて幾つかのシリーズにして出そうということで、
その打ち合わせだったのだが、
是非とお願いされて…

ここにもシンクロニシティー

そうしたらそこに一人の女性が
「 そこまで来たから」
そう言って…
玄斎さん
「丁度いい 紹介しましょう」と
その女性、
悩める女性たちのための会をもっていて、
ジャーナリストとしても活動していることからいきなり
「僕は校正に弱いので、お願いできませんか」と
すると
「分りました女性の視点で読ませてもらい校正させていただきます」と快く
これもシンクロニシティー
(意味のある偶然の一致)
久し振りにヨーシと拳を…
夢と希望が俄かに…
とっても気分がいい…
後は、
書く時間をどうやってつくるかだな…
今日も愉し
明日も愉し
夢と希望は目前のニンジン…
頑張るぞと空に向かって
エイと拳を…(笑い)

 

-discover, essei, phone, photo

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

コンデジで遊ぶ、僕の春の印象

写真は本当に奥が深い
写真を撮って、
こうして遊んでいると
あっというまに時間がたっていく。
疲れたら、
近所のドトールに行ってコーヒーを飲み、
隣の安売り屋に寄って
ちょっと喋って
うん、
昨日は「カステラ」
(ひと箱1000円のカステラが398円)
買ったんだけど、
とっても美味しいの。
そう、
適当な大きさに切って
牛乳かけて食べるの

喫茶店の後はお風呂でリラックス

スマホカメラを愉しむ なぜか惹かれる 真っ直ぐな道

「群れから離れ
一人で荒野を彷徨う
精悍な狼の姿に憧れて自由人になった…」
なんてねぇ…
ハハハ…
若かったんだねぇ…
あれから約50年…
いろいろあったねぇ…
でも、
行きついた処は…
警備員…

僕は警備員をやるために東京に出てきたのではない…

そんなことを思いながら
仕事の帰りに
この情景(線路のある風景)に出会ってつい…

甘酒、酒粕を貰ったので作ったのだけど、美味しいし、身体が温まっていいね

何かの本で読んだのだけれど、赤穂浪士が討ち入りして、確か永代橋のたもとの味噌屋の主人が、47士を招いて、甘酒を振舞ったという話、戦い済んで。雪の中の行軍は、さぞかし辛かっただろうね…
その冷えた体に甘酒の振舞い、嬉しかっただろうねぇ…
レンチンで作った甘酒を飲みながら、そんなことを思っていたの(笑い)

外気がヒンヤリしてきたと感じたら セミの鳴き声がピタリと止んだ。いったい誰がキューを出したのか

写真(アップしたセミの抜け殻)
なんてことはない自然の風景
しかも過ぎ去った日々を象徴している写真なんだけど
じっと眺めていると
なにかを感じさせてくれるから面白いね…
齢をとり、
いろんな経験をしてこなければ、
そういう思いにはなかなかなれないのかも知れないね…
そういう意味では今こそ(高齢になって何かが感じられるようになった今ということ)

おおいに秋を楽しまなければ…ね

今日の僕の買い物、ちょっとだけラッキー収入があったから(笑い)

数学のことはさっぱり分らないけれど、KJ法が好きで、見様見真似でやってよく遊んでいたの。
そうすると、頭の中が整理できて、考えがよくまとまるから…
始めた時は、砂を噛むような訳の分らない問題でも、そうやって遊んでいると「これだ」というのが見えくるの…
以来、困ったら、それをして、進むべき態度を決めていたの…
「おいおい、たかが料理だろう、それもデタラメの…」
「いいじゃない、そうやって楽しむのが好きなんだからハハハ」
「長生きするよ」
「ハハハ、放っとけ…(笑い)」

広告


 

名前:クボッチ

写真好き トレンドを中心に書いていきます