discover essei phone photo

スマホカメラを愉しむ 雨降ってどこか楽しい姫柘榴

投稿日:

雨降ってどこか楽しい姫柘榴

昨日 梅屋敷という街を歩いていて
「梅屋敷」
なんとなく「オドロシイ」そんな感じのするネーミング

そんなことを思いながら歩いていたら、
水滴をつけた姫柘榴の実が飛び込んきて…

これ どう撮るか悩んだのだけど、

迷った時の真ん中通しで、
ストレートにズバっと…
コンピュータの大型画面に映しだすと、
「雨の日には雨の風情を愉しみ」なんてフレーズが思わず。
そう、
仕事でここには行ったんだけど、午前中に終わ茶ってハハハ…

美味しい漬物 その言葉に誘われて

そうしたらパートナーが隣の大森海岸に行くと、美味しい漬物売っている店があると誘ってきたので、
「よし行こう」と連れ立って…
僕はカブの糠漬けを買ったんだけど、
とっても美味しかった。
こういうのを食べる時はもちろんお茶漬け
コンビニで塩にぎりを買い、
それをお茶碗に入れて、冷たい濃茶をかけて…
いいねぇ…
最高…
思わず笑みがこぼれる

銀行不愉快極まりない

その後、
アパートの契約料金を振り込もうとメインバンクの
「きら星吟行のATM」に行って操作すると、
「このカードは10万円を超える振り込みはできません」と
「何 1日に10万以内 遊びやってんじゃないんだよ 
ふざけんなよ」とつい
期限までにはまだ日にちがあるからよかったけれど、
なんでそんな制限を
「理由は分かっているけれど、小さな親切大きなお世話 なんでこんなところまで政府が介入してこなければならないんだよねぇ…」

そう言えば数年前、
まとまったお金をこの銀行でおろしたら、警察呼ばれて、

3人も警察が来て
「このお金はなんに使う」とかいうので
頭に来て
「なんで君たちにそんなことを言わなければならな。そんなことを言うのは権力の横暴だよ…」
「いや私たちはあなたを守るために」
「俺はそんなもの必要ないよ」
「では何処へ帰りますか、お住まいは近くですか」
「なんで」
そういうと
「心配だからついていきます」と
「そっちのほ方が怖いワ」と
そんなこんなで1時間程
結局
代表取締の名刺を出して、
お金の経路を話したら
「はやくそれ言ってくださいよ」と…
本当 大きなお世話…
しかしそれにしても、
1日10万で何ができる…
都市銀行なら、そういうことはないと思うので、そちらの方でと思っているが、
もしできなかったら窓口でやらなえればならないので、期限の日、
仕事を休んで備えることにした。
これってとんでもないことだよね…
ついでに、
スーパーのレジ袋 
あれ必要なんだよねぇ…
それを有料にしたりして…
いったい何考えてるのとついいいたくなってしまった…
今日は久しぶりに立腹バージョン
しかし遠吠えではだよね…
わかっちゃいるけどいわずにはいられなくて…

 

 

-discover, essei, phone, photo

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

故郷の銘菓貰いてしのぶ友 大手饅頭久し振り

目次大手饅頭 スッカリ有名になったね大手饅頭は江戸時代から作られている備前の銘菓お饅頭が一つ入っている可愛い箱 このデザインをしたのは染色図案家の鈴木毬紗さん、 取材を通じて友達になったの 自分流の技 …

スマホカメラを愉しむ 新宿御苑前に出現した花壇が撮影スポットとして人気に…

アイディアだね
街路樹だけだと目を惹かないが
その周辺に花を置いてキレイにすれば
蝶々が飛んでくるように人が集まってきて話題になって
人気スポットに…
面白いね…

心に思わない現実はない…
閃いたアイディアを行動にして現実(ビジュアルに)してしまう
これこそまさに「量子力学」
(心に思わない現実はない)
と思わされたビジュアルだった。

スマホカメラを愉しむ いちじくを齧りてしのぶ幼き日

いちじくなんで無花果
調べてみると、
表から見えないだけで、
実の中に花をつけているらしい…
そうだよねぇ、
そうしないと子供できないものねぇ…

スマホカメラを愉しむ なんとなくどこか切ない人の顔 ペルソナ 

顔 
カメラマンは「顔に始まって顔で終わる」と言われていたの
(僕が写真を始めた頃はそう言われていたの)
実際、
仕事では随分と顔写真撮った
「宇宙の渚で生きる」
(省エネルギーセンター編 海象社)は、
そういう写真の一部だが、
やっぱり人物
好きだな…
でも、
いろんな表情を表現するには
人間よりも寧ろ落ち葉とかを観察している方が
僕が撮りたい表情を見せてくれるので、
今はもっぱら…なのである
アップした写真もその一つ
「なんとなく、
どこか切ない人の顔
化粧しても隠せない心…」というのを感じて…
本当に本当に本当に愉しい

スマホカメラを愉しむ なんとなく 心静まる初夏の川 草のにおいと頬なでる風の気持ちよさ

誰に聞いたのか
忘れたけれど、
足し算から引き算へ…
そして最後は墨染めの衣一枚
それでいいのだ
そして
雲が行くように
水が流れるように
自然の流れに従って生きるのがいいと…
さすがに
そこまではなれないけれど、
捨てるものは捨て
身軽にならなければならないのは確か…
連休になって
掃除しながら
いつの間にかそんなことを考えていた

広告


 

名前:クボッチ

写真好き トレンドを中心に書いていきます