discover essei event phone

スマホカメラを楽しむ 生垣に咲くモッコウバラが美しい 

投稿日:

今の季節 洒落た家の生垣に咲くモッコウバラが美しい

モッコウバラ 漢字で書くと「木香薔薇」
てっきり「蒙古」かと思っていたから「モウコバラ」で検索をかけたところ
「一致する項目がみつかりません」というメッセージが
で、
写真をスマホのLens(花の名前を調べるアプリ)で撮影するとモッコウバラ
「モウコ」と「モッコウ」
全然違うよね…
ということで改めて「モッコウバラ」と検索窓に打ち込むと
バラ科のツル植物でが学名をRosa banksiae Aitonというらしい

(日本大百科全書(ニッポニカ)「モッコウバラ」の解説)
中国南西部に分布するバラで、
江戸時代から庭園樹として用いられているのだと。

モッコウバラ

名前の由来は
花の香りがモッコウ(キク科の多年草)に似るかららしい。
さらにこんな説明もあった
「灌園(いわさきかんえん)の『本草図譜』(1830)には「すだれいばら」として出ている」と
しかし
そんな細かいことまでは僕には関心がないのでこのへんにしとこう
モッコウバラには白と黄色の種類があるのだそうだが
よく見るのは黄色いモッコウバラ
垣根の作り方によって印象は変わるのだけれど、
写真(アップした写真)のように木製の垣根がいいと僕は思ったの…
朝方は少し肌寒いが太陽が出てくると、
上着が邪魔になるそんな陽気の中をフラフラと歩いていると、

青空の中で目を惹きつけるモッコウバラ

洒落た生垣に黄色いツル性のこのバラがウエーブを描きながら咲き誇っている
そんな姿を見ると
つい嗚呼と思ってね…
スマホ本当に楽しい

偲ぶ会 挨拶攻めにはちょっとうんざり…
他にやりようはないのかねぇ…

昨日は「世界一木を植えた男 生態学者の宮脇昭先生の「偲ぶ会」に参加させていただいたの。
会費12000円で全国から約120人が参加
今のこの時世にしては凄い集まりだったと思う。
その中には知った顔も何人かいて それはそれでよかったのだが
約3時間
挨拶ばかりを聞かされたのにはちょっとね…
なんで挨拶がそんなに重要なのかねぇ…

かつてあるスポーツクラブが行った実験的パーティあれは面白かった

タイトルだけあって、
司会も進行もなく
フリードリンクで 軽食はあったかな…
集まる時間と解散の時間は決まっているのだが、
いつ来ていつ帰るかは自由
知った顔があるとそこに行って
「ヤーヤー」となり 
お互いが知り合いを紹介したりしてね…
斬新だったがあれは結構面白かったね…
服飾デザイナーの石津謙介氏が実験としてやっていたホテルでのお葬式というのも、
参列者が口々に思い出
エピソードを披露し合ったりしてね…
そいうのも面白いね…
せっかく人が集まる会なのに、
挨拶攻めというのは…と思ったのは僕だけだろうか…

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 
 

-discover, essei, event, phone

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

アデニューム・オスベス砂漠に咲く赤い花、沙漠のバラが美しい

僕の行ったたクブチ沙漠は沙の粒子が細かくて、まさしくそれは、極めて女性的だった。
僕が行ったクブチ沙漠は粒子が細かいキレイな沙漠で、
風に吹かれていろんな山が出来ているのだが、
その姿は、裸の女性がズラと横たわっているようで、それを素直に撮った僕の写真を見た詩人の高橋順子さんは、
本の前書きで
「久保雅督さんの写真は、神秘とエロスの沙漠への、そしてそこに生きる勁くてけなげな植物への賛歌です」と書かれれしまった。
そして僕の知る多くの人が、「沙漠の木」を見て、エロスの世界と受け止めてしまったのである(笑い)

カブト虫 見るからに精悍 ウイ・ウイル・ロック・ユー そんな曲が聞こえてきそう

夏休み 
竹竿の先に、
ハエ捕り紙(ネットリとした糊みたのがついた長い紙)を巻き付けて
それでセミを捕るの、
竹竿持って、
高い所にいるセミを捕ろうとすると、
「チャッ」と鳴いて、
オシッコして飛んで行くの、
よく顔にかけられたよ…(笑い)
だってそんな遊びしかなかったんだから…

スマホカメラで遊ぶ 今日のテーマは大和撫子 凛として優しくてしなやかな女性… 

アレっと思ったらとにかく撮る
面白いね、
どこかの家の庭先に咲いてた花を
「可愛い」
そう思ってスマホで撮らしてもらって、
「Lese」アプリで名前をしらべ、
疑問に思ったことを次々に調べてゆくの
するとその度に
「オヤ」
「マー」
「ヘー」
というのがあって、
それを記事にするの…

調べもの本当に楽しい

真竹の筍 レンチン簡単料理だけど、柔らかくて、とっても美味しい

簡単筍ご飯と筍をおかずのお茶づけ最高

午前中にこうして煮ておいて、
夜、
筍の煮つけを小さく刻んで、
ベーコンを小さく刻んで
ご飯と混ぜて、
そこに酒(少し)
ミリン少し、
醤油を少し
麺つゆを少し挿して、
ご飯と馴染ませ、
3分程チンすると、
美味しい筍ご飯が出来るのでそれをやり、

煮た筍をおかずに食べたのだけれど、
とってもとってもとっても美味しかった…(笑い)
僕は高齢であから、
沢山はいらない
美味しいものが少しあればそれでいいのだ…
温かいご飯に、
ちょっといいお茶をかけ、
筍の煮つけをおかずに食べるお茶漬けも最高…
お茶漬けは僕の究極の食べ物なのである

スマホカメラを愉しむ、今日のテーマはビョウヤナギ、オトギリソウ

「オトギリソウ」の薬効成分
かつて、
メラトニン、セラトニンという睡眠誘導のサプリメントが人気になったことがあるが、
その材料がオトギリソウだったという話を、
ある製薬会社の人から聞いて覚えているから、
以来僕は、
この花を
「ビョウヤナギ」と呼ぶことにしているのだが
「ビョウヤナギ」とはどういう字をかくのかと
気になったので調べてみると
「未央柳」「美女柳」「美容柳」の字が充てられていた。
なる程
やっぱり僕には
こちらの方が相応しい…(笑い)
そう言えばこの花
なんとなく艶めかしいよね…(笑い)

広告


 

名前:クボッチ

写真好き トレンドを中心に書いていきます