discover essei phone photo

スマホカメラを愉しむ、今日の花はザクロ(柘榴)

投稿日:

嗚呼 ザクロ そう思った時にはもう撮っていた

目を惹くよねぇ、
この花…
色が華やかで、
緑の葉っぱのところどころに、
クリスマスツリーにつけた飾りのように咲いている、
朱い花…

「あっと思ったら撮っておく」

それが僕の流儀(コレクション術)なの
スマホ 
いつでも持ってるから
本当に便利…

仕事の余禄(副産物)これがいい

昨日仕事(警備)に行った現場の近くに咲いていたんだけれど、
こういう所(場所)
仕事でなければ行く(来る)ことはない所…
警備の仕事
言われたところへは何処へでも行かないなければならない分けだから、
どこへでも行く
僕の場合は、
そこに一つの楽しみがあるわけで
目を惹く何かと遭遇することを期待して歩くのだけれど、
「久保さんは仕事に来ているのか 
写真を撮りに来ているのか
どちらがメインなのか分らない…」
そう言って揶揄(からかう)われるのだが、
仕事はちゃんとしてるよ(笑い)
ただラッキーなことに、
仕事が早く終わることが多いから、
その余った時間で写真を撮っていることはちゃんと書いおかなけれね…ね(笑い)
だから僕は
取材費、ギャラつきで撮影させてもらっていると思っているの
(考え方だよね)

以外と知らないスマホカメラの使い方

昨日はラッキーで午前中に仕事は終わったので
仲間と一緒に駅まで歩く道すがらにこの花(アップした写真)と遭遇して撮ったのだが
撮った写真を
「ホラ」と言って見せると
「エッこれがあれなの…」
「一体、どういう目をしてるんだよ」と
そして
「俺のスマホ、そういう風には大きく撮れないんだけど」と言うので
借りてやって見ると、
なる程、
指で広げると、
大きくはなるがボケてしまう
で、
カメラアプリをインストールしてあげたのだが
「これ凄い これで俺も久保さんに負けない写真が撮れる」
そう言って喜んでいた。
しかし しかし しかし…
「そのアプリを入れたからと言って、
すぐに僕のような写真が撮れると思うなよ…」
「感性が違うんだから…」
なんてね(笑い)

でもね、
写真は
「グッと迫って 力を抜いて軽くポンと押せば
今のカメラは性能がいいからすぐに撮れるよ」と
そんなことを時折やっていると、
だんだんと、
スマホカメラを愉しむ人が増えてきているのは楽しいねぇ…
アッイケネェ…
今日は何を書くんだっけ…

そうそう 今日のテーマはザクロだったね…

緑の葉っぱの中でひと際目を惹く朱い花ザクロの花…
日本には平安時代に渡来したと言うことが分かった
「インド仏教の伝説で、
人の子を取って食べる女神がいて、
子供の代わりに血の味がするザクロを与えたと言うのがあります」という書き込みが…
どうやらそれは
鬼子母神のこと。
「鬼子母神像が右手にザクロを持っているのはそのためで、子福と豊穣を願ったものだとか」
そんな説明をしていた。
ヘー
鬼子母神とは、
そういう神様なんだ…

写真があればいろんな勉強ができる…それが楽しい

ザクロの花の開花時期は6月から8月で秋には大きな実になる
原産地はペルシア湾東方の「ザグロス山脈」
名前はどうやら、
その由来にちなんだものらしい。

「紅一点」その出所は

男子グループの中に女性が一人という意味の言葉
「中国の王安石が、
石榴の林の中に咲く花を 詠んだ詩から出た言葉」というのも載っていた。
ザクロの実の花言葉は
「愚かしさ」「結合」
愚かしさは
「うっかりザクロを食べてしまったギリシア神話」からで
「結合」は、
ザクロの果実は
粒が集まっている、その様子からということらしい

子規の詠んだ俳句に

はちわれて 
実をこぼしたる
柘榴哉
というのがある。
情景が伝わってくる
秋が待ち遠しい

 

 

 

-discover, essei, phone, photo

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

桃のスイーツ 岡山の白桃を丸ごと使ったおしるこ 最高の贅沢 季節限定

昨日
鷺宮で人と会い、
その後バスで阿佐ヶ谷へ
少し酔っていたのだけれど、
フラリと立ち寄ると、
カウンターに知り合いがいて、
その向こうに桃の箱が置かれているのが見えたので、
「桃が来たの」と僕
「ウン清水白桃ではないが白桃きたよ」とママ
「じゃぁ それ」
いつも行っている店だから、
それで話は通じるの
隣にいた知り合いの女性に
「食べた」と聞くと
「食べました 美味しかった 幸せデース」と
知合いだと便利がいいよね
多くを語らなくても
それで通じるのだから(笑い)

薩摩芋とレモンをポンポンと切ってチンするだけの簡単スイーツ

「冷えますねぇ」
「秋ですねぇ」
「紅茶なんてどう」
「いいですね」
「はいこれ」
「あら、これ何」
「レモンのいい香り」
「サツマイモ、美味しそうだったから、レンジで簡単に」
「いいね、紅茶に合いますねぇ…」

スマホカメラで楽しむ「茶とあん」もうひとつの顔 絵と詩と音楽と朗読とで素敵な宇宙空間を

日常の空間を一瞬にして非日常の空間に変え
あっという間に創り出すアナザーワールド…
表現
芸術
音楽

朗読
いいねぇ…
イベント本当に楽しい…

桃太郎伝説の桃太郎は吉備津神社の吉備津彦の尊らしい

鬼ノ城では鉄を精製していた。
鉄を精製するのには水がいる。
熱した鉄を冷やすために使っていた水を(廃液)を近くの川に流していた。

上流で、汚れた水を流せば、下流では作物などができなくなる。

困った村人は、その交渉を吉備津彦の尊にお願いした。
吉備津彦の尊は「よし」と引き受けて交渉に行った。
で、吉備津彦の交渉に、ズラズラとついて行った村人たちが見た光景は、鉄の精製で顔は赤やら青に焼けただれて変色していた。それが、赤鬼、青鬼に見えたという話。

インゲン豆 見た目の美しさを狙って作った 思いつき料理 結構いけた

料理
何を作ろうかと考えながら
材料を買い
そのプロセスのひとつひとつが全て楽しい
クリエイティブという感じがするよねぇ…
しかし、
包丁さばき,
難しいね
これがうまくならないと、
見た目美味しい料理にはならないんだよね…(笑い)
昨日は買ってきた卵、
割ったら温泉卵だったなんてハプニングもあったりして、
大変なドタバタ…
それでも楽しい(笑い)

広告


 

名前:クボッチ

写真好き トレンドを中心に書いていきます