discover essei phone photo

スマホカメラを愉しむ 花を贈る 愛を気持ちを花に託してラッピング

投稿日:

明日何時に取りに来るから…

今日は休みなんだけどね、頼まれるとそんなこと言ってられないし…
休みを返上して制作
「出来上がったので帰ります」
ナナミさんはそういって帰っていった。

ナナミさんには小学生のファンもいて…

その後にランドセルを背負った可愛い子供が5来て
「ナナミちゃんは」
「ああ、今日は休みなの」(社長)
「エーナナミちゃんいないの、お花買いにきたのに」
「お花買ってどうするの」(僕)
「私のママ 今日、お誕生日なの…」(女の子 小学校3年位か)
ナナミさん子供にも人気なのだ…

ここは花屋でギャラリーでワインも飲める 素晴らしい空間

新宿御苑前花園通り商店街にある、僕のお気に入りの空間
先日はワインセミナーがあったらしい
素敵な女性の話すワインのお話、とっても楽しかったと…
10人位を対象にして、ここで教室やるのもいいよね…
集客力があれば、素敵だよね…
音楽家ならここでミニ演奏会やってもいいよね…
何、僕…
僕はダメダメ…ハハハ…
写真展 絵画展…朗読…
だんだんと知られてきて、知名度もあがって、人気のスポットになってきた
アイディアだね、
目のつけどころだね…
お洒落で、気軽には入れて、絵や写真を見て、花を見て誰かれとなくスーとお喋りのできるそんな素敵なところ…
こういうところがあると、
徘徊も楽しくなってくる…(笑い)

何かと忙しい日曜日

今日は10時に新宿西口交番前で友達と会い ちょっとお茶したして
僕は八幡山の友人宅へ行く予定…
なんだかんだとすること多くて……
それもまた楽しだね…(笑い)
花とセロファンとリボンで、こんな素敵な贈りものができるなんて、
素敵な言葉を内包した愛の賛歌
素敵なメッセージ…
誰かに僕も…
でも相手がいない…(笑い)

 

-discover, essei, phone, photo

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

失敗失敗大失敗、ワイドのレンズをつけたままそのまま撮ってしまった

これは推測だが、作品が飾られた位置関係から考えて、
「入選だけど、これは高い評価を得たな」と、思わないわけにはいかない場所だった。
なのに、写真、失敗して申し訳なくて(トホホ…)

スマホで撮影、アメ横にて、スマホ、スナップには理想のカメラ

靴磨きか、新宿駅前の路上とか、よく磨いてもらったなぁ…
トレンチを肩に羽織って、小さな椅子に座って、タバコ燻らしながら…懐かしいねぇ…
くつ磨いてもらうのとても好きだったの、なんか、映画撮ってるみたいで(笑い)
なんか、オイルみたいなのをチョンチョンとつけて、何種類もの布をとっかえひっかえして丁寧に…
普通の革靴がエナメルのようにピカピカに輝きだすの…
値段は確か500円位だったかな…
そんなのを見ると、
「お金をとる、お金がとれる」技術って、凄いと思ったよ…
何につけても、プロはまさにプロフェッショナルだった…
それがいつのまにか、その図式が壊れてしまって…ねぇ…
まぁ、それも時代のながれ…なんだよね
スマホカメラにスッカリはまってしまった、最近の僕、しばらく、それを書いてみようかと思ってるのだけど、続けられるかなぁ…

富士山、キレイだねぇ…やっぱり霊峰

富士山には、「カイ(甲斐)でみるよりスルガ(駿河)いい」という言葉があるんだけれど、これは、駿河方面から見た富士山。
真ん中が窪んでいるのですぐ分る。
この窪みは、宝永大噴火の時にできたものらしい。
宝永大噴火(ほうえいだいふんか)は、江戸時代中期の1707年(宝永4年)に起きた富士山の噴火で、富士山の噴火としては最も新しいものでとか。

スマホカメラを愉しむ 井の頭公園の中に こんな風景があるなんて知らなかった

恋愛だってそうだよね
「今はもう通わない心と心と心…」
「あの素晴らしい愛をもう一度…」
そんな歌を聴いていたら、
同僚の女性
「そんなの無茶苦茶だよって」(笑い)
遠い昔の話だけど、面白いね…

スマホカメラを愉しむ 孫のドラムの発表会 驚いたね 習うということは凄いことなんだ

今朝 
どれどれと写真を見て
この子 
僕の子供の頃にそっくりじゃんと…
結構わがままで甘えん坊らしいけど
それも僕そっくり…
思わず
「将来大丈夫か」と、
心配してしまった…

広告


 

名前:クボッチ

写真好き トレンドを中心に書いていきます