コラム 写真エッセイ 雑記

映画 新聞記者ジム・ウンギョン×松坂桃李主演の映画を見ての感想  

投稿日:2019年7月20日 更新日:

今日は、久保雅督です。

「撮って書いてワヤで笑える人生日記」

にお越しいただきありがとうございます。

今日は映画「新聞記者」(藤井道人監督)を見たので、その感想を書きます。

とっても素晴らしい映画でした。

内容は、政府の内幕を描いたもの。

フィクションとしながらも、テーマは現実の社会問題

フィクションとしながら、内容は、現実に起きた社会問題を取り上げており、

権力とはどういうものなのかにスポットを当て、

上から言ってくる無理難題(不条理)に、
「そんなことをやっちゃ駄目だろう」

と、心の中で思いなががらも、生活
(生きるために 家族を守るために)

背けない、組織の構造を、一人の女性記者(ジム・ウンギョン)が追いかけて、スクープ記事を書くというもの。

だが、そういう記事が表に出ると、権力によって、
「あれは誤報」
というでっち上げの記事で、真実を隠すという卑劣なやりかたが行われているということを描いた映画。

あまりにもリアルで恐くなった

日頃、私たちが関心を持っている闇をテーマに、
リアルに描いているので、とても迫力がある。

私の知り会いもこの映画を見たようで、

「あまりのリアリティに 私たちは、そんな社会で生きているのと思うと、恐くなった」と言っていた。

 

民主主義は形だけでいいという台詞が強烈

組織を守るためには、人の命など、どうでもいい。

悪事がバレれば、責任を取らせて殺せばいい。
そう、あの担当者は、
例えば キャバクラに通い、良からぬ遊びをしていたというような情報をつくりあげ、リークして(マスコムを使って)、追い詰めるというやりかた…

「民主主義、そんなものは形だけでいいんだ」
映画の中で語られる重要な台詞。
心に突き刺さってきた。

どんな組織の中にも ひとり二人は…

しかし、そういう組織の中の人間にも、
「許せないない問題を黙って見ているわけにはいかない」と、
立ち上がる人もいる。

映画では、その官僚(松坂桃李)が、
「自分の実名を出して、記事の裏付けを」
という約束のもとに、女性記者は、記事を書く。

輪転機が廻る。

新聞が配られる。

やっぱり自分が可愛いか

そして、最後、
「いよいよ実名を明かしての記事になるがOKか」
とい確認を取りに役所に向かう。

官僚は、上司から希望部署への転属を餌に、
告発をやめるよう促され
「約束を撤回するのは恥ではない」
とい言葉を背中で聞きながら、役所を出てきたところの路上で、道路を挟んで、女性記者と対峙・

信号で立ち止まっている女性記者の姿を認めた官僚の口が、
○○○と つぶやく映像が…

ネットで調べると、
「あの言葉 なんていったのという質問」が多く寄せられている。

私はその映像を見て

{やっぱりな」と、判断した。

だって、子供が生まれたばかりだから…

この映画は、東京新聞記者の望月衣塑子さんが書いた本
「新聞記者」(ノンフィクション)を原案にしたサスペンスで、映画の中に、望月衣塑子氏 前川喜平(元文部科学官僚)氏なども登場して解説をという場面もある。

映画は6月28日に全国で公開され、すでに3週間。連日満員で、なかなか切符が買えないという盛況ぶり。

私は、7月15日に行ったが、この日はどの時間帯も満席で、翌 16日の11時25分のチケットでやっと。

個人的な感想として、とても素晴らしい映画だったと思っている。

こういう映画、これからも、どんどん作るべきと思った。

最後まで読んでいただきありがとうございました。

 

-コラム, 写真エッセイ, 雑記

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

雨 忙しい時はともかくとして、ノンビリ過ごせる時間のある時にはいいよね、この風情

目次晴れた日には晴れを愉しみ 雨の日には雨を愉しむやっぱり言葉は心に響かなければ…夜が明ければ、夏の光がサンサンと自分でいうのもなんだが、僕には、サングラスがよく似合うのだ。雨って、風情があって、なか …

吾は菊也、そんな感じ

目次結構、主張してるよね、この花カメラマンと写真作家、何が違うのでは、写真作家というのは、どういう人ということで、通常は、 プロとして写真を撮って口を糊しながら、同時に作家としてという方法を取るのであ …

情熱の花は恋の花 赤い花を見て思い出した、ザッピーナツという双子の歌手

目次情熱の花は恋の花この花を見て思い出した、ザッ ピーナツ昭和30年40年代は日本のエポックメーキングの時代ブログは僕の回顧セラピーか 情熱の花は恋の花 ハイビスカスというと、 「ああ、ハイビスカスか …

なんとなく、そう、なんとなく魅力的な花、クロホウシ

目次黒魔術師というオカルト集団を連想するという、若い男性1960年代から1970年代に流行った女性の流行現象 その時代に僕は、写真を始めたのだが、その頃は、写真と言えば スナップ写真が主流だった雨の日 …

オッツ ミュージカル いい声だねぇ なんだか嬉しくなっちゃうねぇ

目次とっても 気持ちよさそう上手いのかって、それにしても、お花の合唱隊、おもい切り声だして、気持ちよさそうだよねぇ「かーなーしみの 向こうに なにーが あるの」 とっても 気持ちよさそう 腹の底から、 …

広告


 

名前:クボッチ

写真好き トレンドを中心に書いていきます