コラム 写真エッセイ 雑記

コンテンポラリフォトグラフィーの頃

投稿日:

 

今日は 久保雅督です。
「撮って書いてワヤで笑える人生日記」にお越しいただきありがとうございます。

今日はショートエッセイで、若い頃の思いで
「コンテンポラリフォトグラフィの頃」
というテーマで書いてみました。

一枚の写真の中には何万語にも及ぶ記憶が

23歳頃の作品(今70歳)
確か天満屋(岡山)の地下街だった。
サンノーゼ
確か喫茶店だった。

頭で考えない 感じた瞬間を記録に残す。それがコンポラと思っていた

頭で考えない
アッと思った瞬間に、ノーファインダーでシャッターをきっている。
そこに写った、瞬間の影像に意味がある。

だから、写真がいつでも撮れるように、カメラには、28ミリのレンズを着け、
トライX(ASA400)という高感度のフイルムを入れ、
人差し指を常にシャッターに添えて、カメラを持ち歩いていた。

荒れ ブレ、ボケ… 写ってないのも、感じれば、それが作品なのだから、写るメカニズムむなんか、考えなくていいのだ

シャッタースピード、絞り、そんなものは関係ない。
そうして写した写真を、D76という現像液(通常は20度)の温度を高くして、長時間現像をするのだから、ネガはもう無茶苦茶。

ある時、そうして撮った写真で、仲間と展覧会をすることになり、先生の知り合いの写真屋さんに、プリントをお願いした。

その写真屋さん ネガを見て、先生のところに
「もう、無茶苦茶なネガですよ」
そう言って電話をしたらしい。

それを聞い先生は
「だから面白いんだ、やってくれ」と。

私が23歳位の頃で先生は70歳を超えていたが、感覚は、私などより、はるかに若かった

アルスカメラ(後のフォトアート)の編集長をやり、多くの有名写真家を育てた石津良介先生にそう言われると、写真屋もイヤと言うわけには行かない…

結果、写真屋さん
「へー驚いたなぁ こんな写真になるんだ いいねぇ」
そう言って感心してくれた。

私が発表した作品は、
確か全倍(畳一畳位の大きさ)を10点位だった。
それに、親父が日記帳に書いていた

「情熱のままに」という文書を添えた。

         ☆    ☆

私の心臓は情熱の炎に、希望の炎に燃えたぎっている。

私はー情熱を以て誠実と名付く。人は誠実が一番いいや

私はー情熱の動きのままに動いてきたり、亦、動きつつあり、そして亦動いていくのだ。

私はー 人、皆、自分んの心よりしたがること何なるかを知らず。即ち情熱の動きにつきて知らざると思うなり。

私はー斯く人々を哀れと思う。そして亦、私自身、それがために苦しむなり。されど私は主義を変えず、主張を捨てず斯くのごとき愚論の後にほろにがき莨くゆらしつつ
ああ、またしても私はー放浪と思い出の涙にむせぶなり
という文章を、同僚の女性に、竹筆のようなもので、
写真と同じ大きさの大きなパネルに、緑のインクで書いてもらい展示した。

会場では、何人かの女性が、この文章を手帳に書き写していたのを、今もハッキリと覚えている。

親父は私が1歳の時、36歳で亡くなっているので、恐らく、展覧会をした私と同じ年齢の頃に書いたたもの。
親父の書き残した一文を添えたことによって、
顔も知らない親父と一緒に、
しかも、同じような感性で発表できたということに、この上ない喜びと感じたことを、昨日のことのように思い出した。
写真って、本当にいいね。

後に友人が、
「直接お父さんを知らなくても、書き残された文章を通じて、心の交流をしている。素晴らしい」と、手紙をくれた。

とても嬉しくて、涙が溢れた。

「コンテンポラリフォトグラフィーの頃」

最後まで読んでいただきありがとうございました。

-コラム, 写真エッセイ, 雑記

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

おやっという発見が楽しい散歩写真

目次今日は、何に見えるシリーズの企画の企画発表ムーミンは想像でつくられたキャラクター何となく愛嬌があって、どことなく可愛くて、憎めないもの…発見って、結構楽しんだよね目的が出来れば、散歩も楽しくなって …

ネェネェ 僕と遊ぼうよ ワタシ 今 忙しいのよ 交信はテレパシー

目次チョウチョもやっぱり、ナンパするんだ でも、ナンパ 恋愛面白いね…だって、頭ピーマンでも、恰好はつけたいもの。大事な仕事、手紙が僕の常套手段だった チョウチョもやっぱり、ナンパするんだ だけど、ど …

あつもり「あつまれ森の動物たち」ゲームがなぜ人気なのかについて調べて分かったことは

目次自然はいいなといいながら、やっぱり文化的生活がいいんだね特に、今のようなコロナ禍で動けない状態になると、気持ちの切り替にゲームは理想写真は、白黒エリマキザル、なんかちょっとコワイ感じだけど、なんと …

椿の実を見て、連想された思いで

目次ヘー 自然は天才芸術家あるがままにがいいね思い出された子供の頃の行事お袋の祭り寿司最高だった 今日は久保雅督です。 「撮って書いてワヤで笑える人生日記」 にお越しいただきありがとうございます。 今 …

こういう秋もあるんだ 地味だけど好きだな、こういう雰囲気

目次地味な風景だが、なんとなく心を惹かれる知り合いに誘われて、ムリムリのお付き合い休みだから、タップリ寝ようと思ったんだけど、習慣って… 地味な風景だが、なんとなく心を惹かれる モミジ(紅葉)のような …

広告


 

名前:クボッチ

写真好き トレンドを中心に書いていきます