コラム 写真エッセイ

等々力渓谷で自然を満喫

投稿日:2019年7月27日 更新日:

今日は,久保雅督です。
「撮って書いてワヤで笑える人生日記」
にお越しいただき、ありがとうございます。

今回は、東京23区内に残る唯一の渓谷
「等々力渓谷」の紹介です。

不動明王の写真が必要になって、
都内で写真の撮れるところと検索をかけると、

「等々力渓谷の不動の滝」
と出てきたので、今日、そこに。

私の居る、新宿御苑前からのアクセスを調べると

丸ノ内線で新宿3丁目に出て、副都心線に乗り換えて、田園調布へ。

そこからバスで、環八の等々力駅入り口へ。

東京都では、70歳になると、
申請すれば、都営線とバス乗り放題のシルバーパスが貰えるので、
とても助かる。

環状8号線「等々力駅入口」でバスを降り

スマホのナビで方向を確認し、2分程歩いて、
「等々力渓谷入り口」とある看板のところの階段を下りると、

ウッソー ここは大都会東京のど真ん中やで…

「ウッソー」
という位 
緑の豊富な異次元の世界が…

切り立った大地の間を渓谷が…

立て札に書かれた説明を読んでいると、ここは古墳で、横穴住居(お墓)などもあったと。

それにしても、とても立派な景色なのに、川の両岸を、コンクリートで固めたりしているのは、なんとも無粋。

わざわざなぜ、こういうことうをするかねぇ 疑ってしまった。

鬱蒼とした森を抜け、川沿いを歩いていくと、
不動の滝と書かれたのぼりが。
その横に祠がある。
「オー これだ」
ポジション(ディスタンス)を決めて、シャッターを切る。

不動明王 これこれ、これを撮りに来たのだ

その横に、ちょっとショボイが滝がある。
獅子の口から、水が出ている。
それが面白くて、パシャンと一枚

今日の目的は、不動明王の写真を撮ること。
目的が達成されたので、
「やれやれ」
そう思って振り返ると、雑木林の中に、藁葺きのような茅葺きのような屋根があって、その下に緋毛氈の椅子が、バランスよく配置してある。

なんとお洒落、まるで京都の嵐山辺りにいる感じ。

写真を一枚撮らせてもらって、休憩。

冷たいおしるこ、食べたかったが、糖尿なのでグットと我慢して、トコロテンを。

「ウーン」冷たくて美味しい。

食べ終わってフッと見ると、川の流れと、灯篭のバランスがとてもよく
「まるで京都。でも京都じゃないよ」と心の中でつぶやきながら、パチリと一枚。

やっぱり、ここまで来たら、渓谷らしい写真が欲しいよね、

コンクリートで細工していない、天然の渓谷、それを求めて、等々力駅方面と書かれた川沿いをトコトコと。

天然の渓谷そんな場所を求めて

ウーン、こんな感じかな。
そういう場所があったので、パチリと。

このスポット、外国の人にも人気で、
結構、みかけた。
私も知らなかったのに、よく知っているよね、外国の人。

帰り、大井町線で自由が丘に行き、副都心線で新宿3丁目まで。

それにしても、環八(環状8号線)のすぐ下に、こんな渓谷があったとは…

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

-コラム, 写真エッセイ

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

サギソウ 

目次知り合いの作品に触発されて西荻窪の画廊で知り合いの絵と対話、これも楽しいヘー手書きでシュール 凄いねぇ花が小さいので、手製のルーペで 知り合いの作品に触発されて サギソウ、花を見た瞬間、 シラサギ …

デジタル時代にあって、極めて役立つアナログのコンパス。これさえあれば、方向を間違えることはない

目次何となんとなんと、アナログのコンパスがとっても便利なの地図を読むのが苦手なぼく針に色がついているのは、そういうことだったのかコンピュータもそうだけど、分かるまでが大変なんだけれど、分かってしまえば …

欄って本当に面白い。今日の写真は怪傑紫頭巾、僕が勝手に命名した

目次写真のタイトルは紫頭巾頭巾をつけた侍映画が多かったのは、僕の記憶だけ?事が終わると、とぼけた顔で二枚目が、いつも、そういうパターンだった 付録の人生をこうして楽しめる環境にいることに感謝して 写真 …

写真を撮る時には思い込みが大切、言葉を変えれば、作家はいかに見るかということ

目次写真はラ・フランス果物を撮って遊んで見たかつての偉大な写真家が作品を通して教えてくれたことおれはこう見た、そういう思い込み、これが大切なんだフェイスブックは、眠っているデータを形にするのに丁度いい …

悟りは開けたか。うん開けたよ、ハハハ、悟れませんと…

目次断崖の女王も、僕にかかったら、形無しだなところで、悟りって何 願望を達成しようとする努力ほど素晴らしい修行はないと僕は思うまさに浮草、流れのままに、それが僕の人生だった。ベンチに座って、自分の人生 …

広告


 

名前:クボッチ

写真好き トレンドを中心に書いていきます