コラム 写真エッセイ 思いつき 雑記

チキンラーメン ぶっこみ飯を思いっきり美味しく食べる方法

投稿日:

懐かしいねチキンラーメン でも、食べ方は新らしいんだ

昔ながらのチキンラーメンとそのスープを利用したぶっこみ飯。
ブルーチーズ。

なんなのこの組み合わせはーーと思われるかもしれない。が、
これが案外いけるのである。

ブルーチーズは万能の調味料

ブルーチーズは最高の調味料で、
例えばチキンラーメンが一個100円とすると、 ブルーチーズを入れるだけで、 その価値(味)が一気に跳ね上がって1000円のラーメンの味になるのだ。

それに野沢菜があれば小さく刻んで入れると、さらに500円はアップする。

テレビって凄いね。一過性のブームだけれど

実はこの記事、もっと早く書こうと思っていたのだが、ある日を堺にして、ブルーチーズが急に品薄になり、買えなかったので、延びてしまったというわけ。

お店の人になんでブルーチーズが入らないのと尋ねると、
「テレビの健康番組で紹介されて、どこに行っても売り切れ状態、それがずっと続いているんです」

茄子がいいと言えば茄子がなくなる。
ブームってすごいね‥

私のぶっこみ飯のつくり方

ぶっこみ飯を食べる時には、私はさらにお餅を入れる。
するとネバネバが増して最高のリゾットができるのである。

この食べ方、若い女性に言うと、えっ それいいね、私もやって見ようとバカウケなのだ

この味を覚えてから、
例えばコンビニのお姉さんたちに、こうして食べるとおいしいよーーと教えてあげると、
「エッ それ、美味しそう。私もやってみよう」
と、えらく受けるのである。

食べに出るのが億劫な時にはこれ

あまり食欲がない時
食べに行くのが面倒な時
買い置きしておくと重宝する。

お餅を入れるときには、
別々に作るのが面倒なので、
カップの蓋を開け、お水を入れ、お餅を入れブルーチーズを適当に入れて、レンジで数分チンすれば、それでもう出来上がり。

青物として野沢菜、広島菜、 セロリやパセリ、 香菜を入れてもいいと思う。

高齢一人暮らし。
食べに行くのが億劫な時には、これ。

スッカリお気に入りの食事になっているのだ。

で、 思ったのである。
自分で食べてみて美味しかったら、
アゲインシングルの高齢者に 勧める手抜き料理として紹介するブログがあってもいいのではと。
こういう記事もこれから、少しづつ増やしていきます。
そう、体験談として。

これ知っておくと、スワという時の食事としてもいいよ

今は、気象条件なども随分変わって、予測できない震災が結構おおい。
先日、東京を襲った台風、名前は忘れたが、あの時には、階下のコンビニも臨時休業。
食べ物がなくて大変な思いをさせられた。
だから、こういうの、用意してた方がいいと思った。
で、どうせなら、美味しい食べ方知っていた方がいいものね‥

なんか記事を書くのに張りが出てきた。そんな気がする

 

-コラム, 写真エッセイ, 思いつき, 雑記

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

知り合いと雑談していて、「それ企画としていけるんじゃない」と言われたことがヒントで生まれた目的

目次写真を撮りながらしている心の会話心の声、聞こえるんだ…そうか、そういう考え方もあるなぁ狙いはやっぱり広げた羽の美しさだよね翌日も頑張ったが、なかなか難しい 写真を撮りながらしている心の会話 本当の …

蕎麦と花と登山靴

目次レンゲショウマ 花言葉は「伝統美」あ〜っ 靴の裏が剥がれた、どうしよう…退化劣化した靴底は接着剤が着かないんだって備えあれば憂いなしで 先に予防措置を施す丹三郎蕎麦屋をちょっとだけ紹介蕎麦がきを肴 …

一瞬にして、ネットが使えなくなってしまった どうしよう

目次インターネットに接続されていません。みると、ルーターのランプがついてない震災の対応で、NTTの故障係り、大変らしい今やインターネットは、なくてはならない重要なものタブレットのカメラにも、慣れておく …

「バーターソース」(ケンコーマヨネーズ)が手軽で美味というので買ってみた。これはいい

目次バターソース なんだこれとりあえあず、ジャガイモをチーンしてバターソースをかけて食べてみたこれは便利がいい、一人暮らしには最高だなと、検索結果から 退屈しのぎ、暇つぶし、気分転換に顔をのぞけるてっ …

大人の休日倶楽部を利用して旅行を愉しむ

目次とってもお得、そして便利な大人の休日倶楽部大人の休日倶楽部とは、津軽鉄道ストーブ列車特典のケーススタディー秋田の観光きりたんぽ鍋には地酒「じょんがら」がよく似合う五能線は日本海の景色が美しい鰺ヶ沢 …

広告


 

名前:クボッチ

写真好き トレンドを中心に書いていきます