コラム 写真エッセイ 思いつき 雑記

チキンラーメン ぶっこみ飯を思いっきり美味しく食べる方法

投稿日:

懐かしいねチキンラーメン でも、食べ方は新らしいんだ

昔ながらのチキンラーメンとそのスープを利用したぶっこみ飯。
ブルーチーズ。

なんなのこの組み合わせはーーと思われるかもしれない。が、
これが案外いけるのである。

ブルーチーズは万能の調味料

ブルーチーズは最高の調味料で、
例えばチキンラーメンが一個100円とすると、 ブルーチーズを入れるだけで、 その価値(味)が一気に跳ね上がって1000円のラーメンの味になるのだ。

それに野沢菜があれば小さく刻んで入れると、さらに500円はアップする。

テレビって凄いね。一過性のブームだけれど

実はこの記事、もっと早く書こうと思っていたのだが、ある日を堺にして、ブルーチーズが急に品薄になり、買えなかったので、延びてしまったというわけ。

お店の人になんでブルーチーズが入らないのと尋ねると、
「テレビの健康番組で紹介されて、どこに行っても売り切れ状態、それがずっと続いているんです」

茄子がいいと言えば茄子がなくなる。
ブームってすごいね‥

私のぶっこみ飯のつくり方

ぶっこみ飯を食べる時には、私はさらにお餅を入れる。
するとネバネバが増して最高のリゾットができるのである。

この食べ方、若い女性に言うと、えっ それいいね、私もやって見ようとバカウケなのだ

この味を覚えてから、
例えばコンビニのお姉さんたちに、こうして食べるとおいしいよーーと教えてあげると、
「エッ それ、美味しそう。私もやってみよう」
と、えらく受けるのである。

食べに出るのが億劫な時にはこれ

あまり食欲がない時
食べに行くのが面倒な時
買い置きしておくと重宝する。

お餅を入れるときには、
別々に作るのが面倒なので、
カップの蓋を開け、お水を入れ、お餅を入れブルーチーズを適当に入れて、レンジで数分チンすれば、それでもう出来上がり。

青物として野沢菜、広島菜、 セロリやパセリ、 香菜を入れてもいいと思う。

高齢一人暮らし。
食べに行くのが億劫な時には、これ。

スッカリお気に入りの食事になっているのだ。

で、 思ったのである。
自分で食べてみて美味しかったら、
アゲインシングルの高齢者に 勧める手抜き料理として紹介するブログがあってもいいのではと。
こういう記事もこれから、少しづつ増やしていきます。
そう、体験談として。

これ知っておくと、スワという時の食事としてもいいよ

今は、気象条件なども随分変わって、予測できない震災が結構おおい。
先日、東京を襲った台風、名前は忘れたが、あの時には、階下のコンビニも臨時休業。
食べ物がなくて大変な思いをさせられた。
だから、こういうの、用意してた方がいいと思った。
で、どうせなら、美味しい食べ方知っていた方がいいものね‥

なんか記事を書くのに張りが出てきた。そんな気がする

 

-コラム, 写真エッセイ, 思いつき, 雑記

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

ムクゲパイプという花なんだけどね、どう見てもこれ、スタイル画だよね

目次これからの季節に、いいよね 自然はまさに生きた博物館だね、ウマノスズクサという名前の由来 これからの季節に、いいよね  色の組み合わせもいいし、涼しそうだし素敵じゃない  スカートはこれサラサかな …

マレーバク 獏と、漢字を使いたくなるが、バクと獏は違うんだ

目次マレーバク 絶滅危惧種らしい。僕もまさに獏だったお金のない生活いやだったねなんだか今日は恥をさらしてしまった マレーバク 絶滅危惧種らしい。 獏と聞くと、 つい「夢を食べる動物」と思うが、調べて見 …

薔薇の花言葉 本数や色によって変わるって、知ってた

目次エッ何、ソフトクリームみたい、そんな花言葉はない薔薇は薔薇でいいじゃんねぇ、薔薇(ソウビ)と書くのは、和名で、トゲのある総称である「いばら(茨)」が転訛したものらしい。アッ 芥川龍之介が使っている …

おやっという発見が楽しい散歩写真

目次今日は、何に見えるシリーズの企画の企画発表ムーミンは想像でつくられたキャラクター何となく愛嬌があって、どことなく可愛くて、憎めないもの…発見って、結構楽しんだよね目的が出来れば、散歩も楽しくなって …

あつもり「あつまれ森の動物たち」ゲームがなぜ人気なのかについて調べて分かったことは

目次自然はいいなといいながら、やっぱり文化的生活がいいんだね特に、今のようなコロナ禍で動けない状態になると、気持ちの切り替にゲームは理想写真は、白黒エリマキザル、なんかちょっとコワイ感じだけど、なんと …

広告


 

名前:クボッチ

写真好き トレンドを中心に書いていきます