コラム 写真エッセイ 思いつき 雑記

春爛漫の花の色

投稿日:2020年3月29日 更新日:

春爛漫これしか言葉がない。

こう言う言葉を創った人って凄いね。

子供の頃、大人たちが宴会でよく歌っていた、

春爛漫(らんまん)の花の色
紫匂う雲間(くもま)より…

という、うる覚えの歌が、つい口から溢れる。

いいね、春
ポカポカ暖かくて、
気持ちがいい春

思いっ切り空気を吸い込めば、スーッ と 身体が浮き上がりそう…

僕は春生まれだから、身体が特別感じるのかも知れない。

昨日、仕事帰りの夕方、新宿駅で電車を降りたところに電話がかかってきた。

見ると、昨年、仕事先を紹介した、元出版社の社長の息子

「どうしたと聞くと」
「今、グリーントマトに来たんですけど、時間があったら来ませんか」と。

ここのマスターは、僕が25歳の頃からの知り合い。

そのマスターの前からの電話なのだから、行かない分けにはいかないよね…

お腹も空いてたし、何か作ってもらえば、そう思って顔を覗けると、コロナの影響で、他に客はなし。
とりあえず
「お互い、落ちる処まで落ちたな」
そう言って、ビールで乾杯。

 

飲むとやっぱり歌だよね

マスターの奥さんが作ってくてた料理を食べながらひとしきり喋ると、やっぱり歌。

エッ 上手い…

聞いているうちに、俺もとなって、
最近、覚えようとしていると言っても古い曲なんだけど、演歌ではない歌に挑戦。
全然だめだ。

よし、こうなったら、行くしかないな…
「マスター ウイスキーをロックで」

それをグイといくと、いい気分になって、歌い慣れた裕次郎を数曲
「やっぱり歌は、少し酔って、慣れた歌がいいよね」
そう言いながら、さらに数曲。

大きな声で思いっ切り歌うと、やっぱり気持ちがいい。

マスターの奥さん、
僕のブログを読んでくれていて、写真や文章を褒めてくてるから、益々もって、調子に乗ってしまうのである。

こういうお店があると、本当にくつろげる。
「いつまでもやってよね」
そういうと
「どうやって終わらせるかを、毎日考えながらやってるんだよ。始めるのは簡単だけど、終わらせるのは難しいね」と。
「そうだよね」
と、言うしかなかった。
馴染みの店がだんだんと少なくなっているのは、やっぱり寂しい

-コラム, 写真エッセイ, 思いつき, 雑記

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

カントリー歌手 山下直子さんのライブを楽しむ

目次カントリー歌手、山下直子さんのライブを楽しむタブレットでプロフィールお検索すると透き通った声が耳に気持ちがいいやっぱりナマはいいね カントリー歌手、山下直子さんのライブを楽しむ 友達に誘われて、 …

アラ、ここでもラブシーン 

目次これこそまさに濃厚接触なのでは…街中で、人間がこんなことをしていたら、なんとか警察、怒るのかなぁマスク忘れて、何度とりに帰ったことかなんだか今日は、心の鬱憤を吐き出す、そんな話になってしまった。 …

イロハモミジはなんでいろはなの…

目次最近覚えた、タブレットの検索が便利でとても素晴らしい タブレットで写真を撮ればなんでも教えてくれる 片方で便利さを享受しながら、片方で、その便利さを酷評している。 自分でも可笑しいと思うが、そうな …

紫陽花は梅雨時の花 雨がよく似合う 開花時期は6月から7月

目次アジサイ、なぜ紫の陽の花 もともと日本には「あづさヰ」(あづさい)という言葉があって、それが変化して「あじさいになった」という説も。日本で、あじさいを「紫陽花」と表記するようになったのは、平安時代 …

久々に電脳文書体ではない、本気の記事を書くことになりそうで、ちょっと緊張している

目次降ってわいた執筆依頼喜び 不安 ゆれ動く気持ちの不思議な感覚気力、体力を整えて、全ての気持ちをそこに集中させなければなるから大変だ。このことを友達に話したらやるとなると、人の助けも必用なので、大変 …

広告


 

名前:クボッチ

写真好き トレンドを中心に書いていきます