コラム 写真エッセイ 思いつき 雑記

花にもいろんな個性がある。その個性を凝視すれば、表面では見えない何かが見えてくる

投稿日:

 

もしかしてこれ、宇宙人

面白い花を見つけたので今回は、それを紹介。

これ、どうみても、宇宙人だよね。
蘭の一種なんだけど…

宇宙人とは、地球外生物で知性をもったものの総称

「宇宙人」とは、地球外生物で、
知性を持つものの総称なのだそうだ。が、
子供の頃から作りあげたイメージがあるから、この花を見た瞬間、
「宇宙人」と思ったのである。

しかし、よく考えたら、
宇宙人の姿は、こういう形(人間に近い形)に統一されたものではないだろう━ということに気づき、

宇宙人は自然の中に同化して、地球の情報収集をしているのかもしれない

もしかしたら、花の中や、自然、いろんな処で同化して生きていて、地球の情報を収集しているのかも知れないと、思い始めたのである。

そう、花や自然の中で時々出会う、色んな形(物語を感じるもの)を、意識して写真にするようになってから、そんな風に感じるようになってきたのだ。

こんなことを人に話すと、
ついに、アイツの頭はいかれてきたのか…
そう言われて笑われそうなので黙っていたのだが、
こんな花と遭遇すると、もう、喋らずにはいられなくなったというわけ。アハハハ…

一人で写真を撮っていると、いろんなことが頭の中に浮かんで来て、もう、大変なのだ

最近、そんなどうしょうもないことを考える
(思いをめぐらせる)
ことが多くなったのは、変だとは思う。けど、
そういうことを思いめぐらせていると、結構楽しいのだ。

フェイスブックて、頭の中に浮かんできたものを記録するのに、とてもいい

フェイスブックって、そんなどうしょうないことでも、記録として残してくれるからいいよね

後になって読み返してみて、
「あの時は、相当狂っていたな」
なんて思ったりするのも、また、楽しからずや…
そんな風に思っているのである。

これも花。

蘭の一種で、
「プレウロタリス・タランチュラ」というのだそう。

葉っぱの陰に隠れて咲くのだそう。

隠れて咲かなくても、堂々と、咲けばいいのにねぇ

そう言うと、
お花が答えました。
「だって、私たち、見た目がよくないし…」
「そんなことないよ可愛いよ」
「そんなの言われたの初めて」
「皆んな、ひどいんだから…」
「どんな風に」
「キャー虫 気持ち悪いとか…」
「そんなことないよ、愛嬌あるし…」
「アリガトウ 今日はなんか嬉しいワ、また来てね」
「…」

可愛いよねこの花
確かに、この花、
花という概念で見ると、
可憐とかキレイという表現にはならないけれど、キャラクターとして見ると、とっても可愛い。

心に強くインプットされた花だった。

-コラム, 写真エッセイ, 思いつき, 雑記

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

ブルーキャッツアイ 青い瞳の中に遠い昔の思い出が甦ってきた

目次イスタンブル、 初めて行った外国。今回の連休は、とても有意義だった銭湯に行くのに電車を乗り継いで、結構高いお風呂代だよね。これが僕の思考法。こうしていろんなアイディアをひねり出してきた図を作って眺 …

額縁って面白いね、なんでもいい、あるものに額縁をつければ作品として成立するんだもの

目次写真、それは自惚れの世界だと思うしかし、自由というのは幻想で、ある意味、とてつもなく不自由なことなのである僕も自由に憧れてフリーランサーになったのだけれど…マン・レイの作品に学ぶ 写真、それは自惚 …

秋ですなー 深まりゆく秋…

目次秋ですなぁ北、寒さには、特別の何かがある そんな気がする昨日、ある人からインタビューを受けた。 秋ですなぁ 「深まりゆく秋」 そんなタイトルが似合いそう。 枯葉、銀杏、紅葉… 風景が美しくなるにつ …

花を花として見るのではなく、そこに描かれた物語を見るのも結構楽しい

目次花の中に隠された物語を見るのも結構、楽しい。 今日の物語は、宇宙の探索艇を利用してのボートレースお花の合唱団 歌っている姿が、楽しくて気持ちがいい  曲は人気の「心の瞳」 愉しんで写真を撮るように …

なんということのない風景なんだけど、

目次平凡な風景もたまにはいいかそして自分で新聞を作って例えば 平凡な風景もたまにはいいか なんていうことのない風景なのだけれど、前面の木の枝と、黄色い葉っぱが何かを感じさせたんだね なんちゃって、まる …

広告


 

名前:クボッチ

写真好き トレンドを中心に書いていきます