コラム 写真エッセイ 思いつき 雑記

花と言ってしまえばそれまでだが、よくみると、花の中にはいろんな物語がある

投稿日:2020年4月3日 更新日:

救命士、僕には、そのように見える。

この姿、1人で、怪我をした人を運ぶ姿にそっくり…

蘭は本当に、エンターテナー。
いろんな物語を演じてくれる。

★    ★

いつも行く安売り屋
コロナの情報で、段々と商品が少なくなってきているんだけど…

そういうのを見ると、
ちょっと不安になって、お餅、2袋も買ってしまった。

お腹を空かして耐えること僕にはできないから

何はなくても、お餅とご飯、海苔と漬物
(これは先日、新宿のイベント広場の九州物産展で買った高菜、これがとっても美味しいの)
それに梅干があれば、空腹は満たせるからね…

こういう状態になってくると
タイタニックのあの場面を思い出す。

究極、命かお金かといえば、やっぱり命でしょう

あの場面とは、最後の最後、もう、船が沈むという時に、お金持ちが、
救命ボートに乗れる権利を譲れと言って、大金を渡そうとする。のだが、

「こんなもの、何の役にも立たねぇ」
そう言って、お金をつっ返すシーン。

最近、マスク、チラホラ見られるようになった。が、1枚が300円から500円。

凄いね…

僕は、マスクの効果なんか、何にも期待していない。が、

自分が咳
(花粉症だから)
をした時、睨まれるのが嫌だから、パホーマンスでしているだけ。

だから、最終的には、ハンカチさえ持っていればいいと思っているので、

そんな高いマスクを、僕は買わない。

しかし、
やっぱり体内にマスクをしておく必要があるから、

免疫を上げるサプリメント
(お気に入りの酵素)
は、毎日飲むようにしている。

そう、酵素自身には栄養も何もないのだけれど、ビタミンは補酵素で、酵素がなければ力が発揮されないから…

酵素、海藻、緑茶、梅干し、納豆、みそ汁…
日本の食文化って、本当に凄いと思う。

当たり前のことだが、自分の健康は自分で守るしかないから。この際、いいと言われるものは、ドンドンやっていこうと思っているのだ。

-コラム, 写真エッセイ, 思いつき, 雑記

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

写真が上手いというのと良い写真というのは同義語ではない

目次上手い写真の条件は 雑誌の仕事では上手い写真はいらない。画面がどうあれ、いい写真 (簡単に言えばインパクのある写真)がいるのだ 時間にゆとりができたので、カメラ持って公園に。 すでに寒桜が満開で、 …

葉っぱコレクション 女の子の発想って面白いね、そう思った瞬間に撮らせてと声をかけていた

目次葉っぱコレクション「エッ どういうこと」心で思ったことが現実になればいいよね熟慮とかよく言うけどね、動く時には、何も考えないのがいいみたい「創造と伝統」という本の中にもそういうことが書いてある 葉 …

僕に詩が書けたら…詩を書くことに憧れはあるけれど、詩はやっぱり難しい

目次秋ですねぇ詩っていいよね…憧れるよね詩とは何か、だったら、そりゃ無理だね、それだけの語彙が僕にはないもの…メモ帳 いっぱ買ってあるのだけれどね 秋ですねぇ 緑の芝生の上に金色に輝く枯葉が、風に吹か …

吾は菊也、そんな感じ

目次結構、主張してるよね、この花カメラマンと写真作家、何が違うのでは、写真作家というのは、どういう人ということで、通常は、 プロとして写真を撮って口を糊しながら、同時に作家としてという方法を取るのであ …

自然は最高のアーチスト。欅の木の肌の模様が面白い。そこにはいろんな物語が

目次良寛さんいいね。最近は空手を習う女性が多いのだそう女を見くびったらアカンでよう用事を済ませて帰り道「振られっちまったぜ」ナンチャッテ クリムト濃厚接触とは?お風呂屋さん、入り口だけ、人との距離を2 …

広告


 

名前:クボッチ

写真好き トレンドを中心に書いていきます