コラム フォトエッセイ 写真エッセイ 雑記

パイナップルの葉っぱ、情熱的やなぁ、まるでサンバのカーニバル

投稿日:

パイナップルの花? 
どう見てもこれは葉っぱ。花はまだ咲いてないよね。
それにしても情熱的やなぁ、まるでリオのカーニバル

もの凄い熱狂的なお祭り。
見てるだけで、興奮してくる。
僕が見たのは、ショーで、しかもサンパウロ。本格的なお祭りではなかった。が、とってもとっても、とっても楽しかった。

だって、スタイルのいい美女がこういうスタイルで、目の前で情熱的に踊るんだもの…

写真を撮りながら、つい一緒に踊ってしまった。

リオのカーニバル

もともとは、西ヨーロッパのキリスト教徒のカーニバルなのだそうだが、実際は、キリスト教徒とは関係のない、古代ローマ、古代ギリャの異教徒の春のお祭りに由来しているのだとか。
お祭りの期間は何日かあって、飲んで、食べて踊る無礼講の収穫祭。
この時だけは、何をやっても自由なのでとても楽しいのだ。
やっぱりね、一年のうちの何日かは、すべての縛りを解き放ち、自由を楽しむことが大切なんだよね人間は…

ブエナビスタソシアルクラブ あれいいね

これで思い出した、ブエナビスタソシアルクラブ
あの映画は良かった。
この映画は、同名のアルバムが大ヒットしてできた映画。
キューバ以外ではほとんど知られていなかった、老ミュージシャンが、この曲によって、スポットライトを浴るというもの。
ストーリー性はないが、曲が見せる映画だった。
探せば、CDもどこかにあるはず。

知らない町、言葉も通じないのに、彷徨って友人を訪ねる

サンパウロには友人がいて(茶道の先生)、住所だけを頼りに尋ねて行ったことがある。
言葉も何にも分からないのに、よく行ったなぁと、感心している。
どこをどのように歩いたのか、サッパリ分からない。が、「Ochanomizu」という公園みたいなところを通って日本人街に行ったのだけは覚えている。
だって、御茶ノ水だもの。
日本人街には、大阪橋というのもあったな。

カメラを隠せ

カメラを首にぶら下げむき出しで歩いていると、いたるところにいるポリスがいて
「カメラを隠せ」
と何度も言ってきた。

ここは、犯罪が多いらしく、レストランに行くと、荷物にカギをかけて椅子にしばりつけるのである。で、財布も、盗られてもいいように、それ用のサイフを用意しておくのが常識、そういう環境なのだ。

飛行場に入った瞬間にブラジルの通貨は使えなくなってしまった

二回目行った時は、サンパウロで飛行場に入ると、ブラジルの通貨は使えなくて、一緒に行った仲間が持っていたお札を集めて、売店の女性にプレェントしたら、飛びあがって、大声を出して喜んだ、その姿を今も覚えている。
サンパウロ、ベレン、アマゾン、ブラジリア、マットグロソ、パンタナル…
目を瞑れば、いろんなことが映像となって、思い出される

 

 

 

 

-コラム, フォトエッセイ, 写真エッセイ, 雑記

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

ヒヨドリさん、英語ではブルブル 日本ではどこでもいるが、そういうの、珍しいんだってね

目次書くことがない時の検索頼み いいよね、タブレット、なんでもすぐに出てくるんだから… 本当に助かる。説明によると、鵯の左の偏は卑しいではありません 書くことがない時の検索頼み ヒヨドリ(英語でブルブ …

お米の花の神秘 お米が命を繋ぐ瞬間(とき)

目次お米の花、見たことありますか。8月丁度今頃の晴れた日の午前9時から11時の二時間だけ見られる神聖なる儀式撮ったのはフイルムカメラ、今ならスマホで簡単なのにねなぜ、お米の花の写真を撮ったか愛情を注げ …

白藤 シロフジ 、花言葉は、決して離れられない。それって良いことなの? 

目次藤は春の花の代表花藤の名所で有名なのは、紫色の藤は、確かに美しいが、 この花(写真の白藤)を見て以来、藤は白がいいと、僕は思い込んでしまっているのだ(笑い) 今も時々歌う「女学生」という歌 &nb …

この葉っぱを見た瞬間に、ペルソナと勝手に命名してしまった

目次モンステラ(マドカズラ4号)というのだそう初めて体験したカルチャーショックウン、僕の好きなのはベルイマン…なんちゃってね当時は、芸術論を熱く語る人が多かった先日、友人の画伯に頼まれて、絵の複写をし …

ムクドリかわいいのに今や街の嫌われ者 群れる習性が原因らしい

かつて農家でじゃムクドリは有難い存在だった。
ところが環境が変わって、今は害鳥
環境問題難しいね

広告


 

名前:クボッチ

写真好き トレンドを中心に書いていきます