コラム 人物紹介 写真エッセイ 思いつき 雑記

花を花として見るのではなく、そこに描かれた物語を見るのも結構楽しい

投稿日:

花の中に隠された物語を見るのも結構、楽しい。

今日はミュージカル
「ドナドナ」

僕ら(団塊世代)は、この歌、反戦歌として歌ったのだけれど、
最近は、若い女性たちの間で、

行きたくないところに誘われたりしていることを、

「今日、私、ドナドナなされてるの」
と言うような使い方をするのだと
知り合いから聞いた。

僕がこの歌を覚えたのは高校の頃。

ジョン・バイズの歌で、今でも、英語で歌える。

曲調は爽やかだが、売られていく仔牛の心情を歌った、悲しい歌…

カミューの「異邦人」なども、この頃の思い出。

不条理というものについて教えてくれたのは、この小説だった。
そう、僕が、大人になる直前のこと。

そういうのを思い出すと、つい、
「遠くに来たなぁ」と思ってしまう。

人生は、まさに旅だね…

僕の場合は、地図もコンパスも持たない旅立ちだったから、時間の無駄使いを随分してしまった。が、

今は、その時々の経験 体験で、誰とでも、楽しい一時が持てるので、それで良かったと思っているのである。

今日の物語は、宇宙の探索艇を利用してのボートレース

この花はオンシジューム

この花、楽しいね。
見る度に、新しい物語を提供してくれる。

今回は宇宙の小型探索艇に乗って、ボートレース

「各艇、一斉にスタートしました」
「第一コーナーを回ったところで、インコースがややリード」
「オット外枠から、フルスロットルで一気にせめこんでくる艇は誰」
「インコースもさらにスピードを上げて、お先にと、余裕のポーズを見せています」
僕には、そんなような場面に見えるんだけど…

いつも、心の中で、こんなことを思いながら、写真を撮っている僕ってヘン?

自分では極めてノーマルと思ってるんだけど…

ちょっと心配になったので、知り合の何人かに、聞いてみたところ
どの人からも
「十分ヘンです」
と言われてしまった。

「そうかなぁ 納得できない」

お花の合唱団 歌っている姿が、楽しくて気持ちがいい 
曲は人気の「心の瞳」

「心の瞳」という歌

坂本九氏が1回だけラジオで歌ったのだそうだが、とってもいい‥
今、それが、合唱の歌として人気になっているらしい。

愉しんで写真を撮るようになって、物の見方が少し変わってきた

最近、物の見方が段々、変わってきているのは、何なんだろうね…

若い時から、こういう見方ができていれば、もしかしたら、自分の世界がつくれたかもね…

ハハ、
これこそまさにナルシスト、自己陶酔だね。

しかし、これも、考えて見れば、電子カメラができたおかげ。
その場で画像が確認できることのメリットだね、
まさに文明のおかげ、そういうのが使えていることを幸せと思わなければね…

「気をつけてみる」と、自然の中には、物語がいっぱい隠されているのだ。
最近は、そういうものを発見、発掘(記録に残す)することに、楽しさを見出しているのである。

 

 

-コラム, 人物紹介, 写真エッセイ, 思いつき, 雑記

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

なんとも大胆な色の組み合わせだね、でも違和感はない。色って本当に面白ね

目次普通は考えられないよね、この配色。自分の基本の色は?わざわざなんで、その組み合わせという人も結構めだつ決めたら、それで通す、どうやらそれがいいらしい   普通は考えられないよね、この配色。 でも、 …

ネット社会は、自分のメディアを気軽に持てるから楽しい。写真や文章、作品を発表していれば、そこから何かが起きてくる

目次実ものを見ると、なぜだか写真を撮りたくなってくる隣の家の庭の片隅にあった。ユスラウメの木随筆、エッセイいいよね。でも単体では売れないから、やっぱり電子書籍だな 実ものを見ると、なぜだか写真を撮りた …

独り身、調理器具もないのに、旬の筍を見ると、つい買ってしまった。

目次筍にはなぜか郷愁があるおくど、お釜、麦わらで炊くご飯の味は最高だった。美味しいご飯をたく秘訣 昔ながらの農法に拘った友人のつくるお米は本当においしい峠の釜めしの焼き物の器は。一人分のお粥をたくのに …

紅葉と書くともみじのこと。では黄色い葉っぱは、黄葉(おうよう)でも、これももみじのこと、ウーン、難しい

目次紅葉と書くと もみじ 黄色い葉っぱは…紅が好きか黄色が好きか…そうか、骨組み、やっぱり大事なんだやっぱり、本物、一味違う 紅葉と書くと もみじ 黄色い葉っぱは… 黄色い葉っぱが鮮やかで美しい。 で …

誘惑する薔薇

目次誘惑というタイトルはどうだろうか?妖しの雰囲気をもつ女性大人になると分かる、もう一つの世界の存在もしかして、こういうのを「恍惚の人」というのだろうか。 誘惑というタイトルはどうだろうか? なんとな …

広告


 

名前:クボッチ

写真好き トレンドを中心に書いていきます