コラム 写真エッセイ 雑記

秋を感じようと、好きな散歩道をちょっと歩いてみた。これ、大都会新宿の風景なんですけど

投稿日:

ここ、新宿御苑の脇道 ここを僕は勝手に哲学の道としているのである

旧甲州街道に沿って、玉川上水が流れているの。
写真のような雰囲気の道が、一キロ (そんなにあるかな)くらい…あって、
ちょっと、考え事や物思いにふけりたい時、ここを歩くの。
だから僕は、ここを勝手に、「哲学の道」と言っているのだけどね。

実は先日、仕事仲間が凄いヘッドフォンをくれたので、ユーチューブで懐かしいフォークソングを聴いていたら、どうしょうもない、情けない中年男が母親のお墓詣りに行って、その心情を歌にしてるのがあって
「こいつ、僕より情けない奴だな」と思いながらも、その曲調が心に響いて、その歌、スッカリハマってしまったの。
「吾亦紅」というのだけれど、イヤホンで聴きながら、撮影してたら、こんな写真に。

歌を聴きながら、情けない奴と思いながら、なぜか聴いている僕もおかしい

エッ 何が情けないかって、
だって、白髪が混ざってきた中年のおじさんが、
「あなたに威張れることがある」と
で、何を言うのかと思ったら、
「俺、来月離婚するの。初めて人生を自分で生きるの。それを見守っていてね」
甘ったれるのもいい加減にしろよと、いいたくなるんだけど、曲調がいいからつい聴いてしまうんだよね、
思うにこれは、「離婚する」のではなく、「される」んだね、
だってこんなどうしようもない男じゃ、ねぇ…

僕も人のことは言えないけれど、もうちょっとはマシだった、そんな気がするんだけどね…

ヒンヤリと冷たい黄昏の秋の風の中で、非日常的な土の道を歩ていたら、やっぱり気持ちはセンチになるよね

それにしても、ここ数年で、バタバタと、寂しいね…
皆、いなくなってしまった。
人生って、いったい、何だったんだろうねぇ…
考えてもしょうがないんだけど、つい考えてしまう。
懐かしいねぇ、皆の笑顔が、あの声が…
僕もそろそろ、そういうことを意識して生きなければと思うのだが、3歩、歩くと、忘れてしまうのが、僕の性格…
自分の性格ながら、困ったもんだ━と、つい思ってしまうこの頃なのである

-コラム, 写真エッセイ, 雑記

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

南洋ソテツの実

目次ワッツ ターコイズがいっぱい指輪に凝った時期もあったなぁ心の中にある好きが、表面からは見ることは難しい世界を見せてくれた知れば知る程面白い植物の世界(宇宙)今日植物園に来たのは、現場でなければわか …

この写真 秋というよりオータムといった方が相応しい、そんな気がする

目次秋かオータムか、言葉って、本当に難しい。イヤホンで枯葉を聴きながら写真を撮るブルーノートとは、アッ、また話が脱線しちゃった。 秋かオータムか、言葉って、本当に難しい。 英語で言うか日本語でいうか、 …

デジタル時代にあって、極めて役立つアナログのコンパス。これさえあれば、方向を間違えることはない

目次何となんとなんと、アナログのコンパスがとっても便利なの地図を読むのが苦手なぼく針に色がついているのは、そういうことだったのかコンピュータもそうだけど、分かるまでが大変なんだけれど、分かってしまえば …

なんとなく、そう、なんとなく魅力的な花、クロホウシ

目次黒魔術師というオカルト集団を連想するという、若い男性1960年代から1970年代に流行った女性の流行現象 その時代に僕は、写真を始めたのだが、その頃は、写真と言えば スナップ写真が主流だった雨の日 …

黄金の木

目次凄い、派手、華やか、そして美しい…風景はまさに、一期一会の世界である取材、利用できるものは、なんでも利用する。それが僕のテクニック書いていると、いろんなことが思いでが蘇ってくる 凄い、派手、華やか …

広告


 

名前:クボッチ

写真好き トレンドを中心に書いていきます