コラム 写真エッセイ 雑記

秋を感じようと、好きな散歩道をちょっと歩いてみた。これ、大都会新宿の風景なんですけど

投稿日:

ここ、新宿御苑の脇道 ここを僕は勝手に哲学の道としているのである

旧甲州街道に沿って、玉川上水が流れているの。
写真のような雰囲気の道が、一キロ (そんなにあるかな)くらい…あって、
ちょっと、考え事や物思いにふけりたい時、ここを歩くの。
だから僕は、ここを勝手に、「哲学の道」と言っているのだけどね。

実は先日、仕事仲間が凄いヘッドフォンをくれたので、ユーチューブで懐かしいフォークソングを聴いていたら、どうしょうもない、情けない中年男が母親のお墓詣りに行って、その心情を歌にしてるのがあって
「こいつ、僕より情けない奴だな」と思いながらも、その曲調が心に響いて、その歌、スッカリハマってしまったの。
「吾亦紅」というのだけれど、イヤホンで聴きながら、撮影してたら、こんな写真に。

歌を聴きながら、情けない奴と思いながら、なぜか聴いている僕もおかしい

エッ 何が情けないかって、
だって、白髪が混ざってきた中年のおじさんが、
「あなたに威張れることがある」と
で、何を言うのかと思ったら、
「俺、来月離婚するの。初めて人生を自分で生きるの。それを見守っていてね」
甘ったれるのもいい加減にしろよと、いいたくなるんだけど、曲調がいいからつい聴いてしまうんだよね、
思うにこれは、「離婚する」のではなく、「される」んだね、
だってこんなどうしようもない男じゃ、ねぇ…

僕も人のことは言えないけれど、もうちょっとはマシだった、そんな気がするんだけどね…

ヒンヤリと冷たい黄昏の秋の風の中で、非日常的な土の道を歩ていたら、やっぱり気持ちはセンチになるよね

それにしても、ここ数年で、バタバタと、寂しいね…
皆、いなくなってしまった。
人生って、いったい、何だったんだろうねぇ…
考えてもしょうがないんだけど、つい考えてしまう。
懐かしいねぇ、皆の笑顔が、あの声が…
僕もそろそろ、そういうことを意識して生きなければと思うのだが、3歩、歩くと、忘れてしまうのが、僕の性格…
自分の性格ながら、困ったもんだ━と、つい思ってしまうこの頃なのである

-コラム, 写真エッセイ, 雑記

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

冬の陽の光がつくるアートが素晴らしい

目次いいよね、575、何はなくても、それらしくしてくれる文章で大切なのはリズム…書き出しこそ文章の命 だって書き出しが悪かったら誰も読んでくれないもの文章、あれは麻雀と一緒なの いいよね、575、何は …

OHなんとも神秘的… スイレン

目次何とも言えないね、この神秘的な輝き、美しさ 神秘とは行きつくところは、やっぱりタオ(思想)タオとは「道」のこと。ロードではない。茶道、弓道という道のこと 何とも言えないね、この神秘的な輝き、美しさ …

新宿駆け込み寺 玄秀盛さんを取材して

目次新宿駆け込み寺 そして玄秀盛さん新宿歌舞伎町 日本駆け込み寺とは私も何度か行った、刑務所出所者の働く居酒屋取材してから掲載までに随分時間をくってしまった言い訳なぜ駆け込み寺を… 今日は、久保雅督で …

易占 乾為天は、龍が天に昇る様子で、勢い盛んな時と 卦辞こそまさに自然の法則

目次目覚めた龍が天に昇っている そんな感じ。今の私は、自然に例えれば、どういう状態宇宙はすべて 陰と陽のバランスで成り立っている それを見るのが、易占なのであるこの易占をヨーロッパに広めたのはユング( …

ダリア エンゼルヒップ 天使のお尻、エンゼルならば、お尻も可愛いんだ

目次ウーン可愛い、とっても可愛い、色がいいよね…何も考えなくてもいい。ダリアが日本に来たのは江戸時代展示されていた植物園の資料によると、その頃江戸は、園芸ブームだったらしい。 ウーン可愛い、とっても可 …

広告


 

名前:クボッチ

写真好き トレンドを中心に書いていきます