コラム 雑記

ウワーッと感動させてくれるんだけど、どこか淋しい冬の夕暮れ

投稿日:

ウワッ なんだこれは…夕陽がとっても美しい

午後3時過ぎに天然温泉のお風呂にゆき、4時過ぎ、笹塚駅の階段を上がってホームに出たら、
なんと、ホームが燃えるように真っ赤…
前を歩いていた女性二人が、いきなり駆け出して、ホームの端に行って、スマホで写真を撮り始めた。
気が付けば、僕も引っ張られるように走っていた。
そう、たまたまこの日は、首に一眼レフをぶら下げていたの。
こういう場面では、構図がどうのこうのなんて、言ってられない。

パッと構えてパッと撮る。モニターを見る。露出オーバーで真っ白。

感度を下げ、絞りを思いっきり絞って、シャッター速度を上げる。
真っ暗な画面の中に赤い太陽がかすかに…
もう一度絞りを調整して撮ったのがこの写真。
偶然、電車が入ってきったので形になった。
どこか淋しくて、郷愁をそそる…
そんな感じの絵になったのが、かえって良かったと思っているのである。

逆光の撮影本当に難しい

逆光、しかも、つるべ落としの太陽を撮っているのだから、本当に難しい
時間とともにというのもあるからね…
線路が赤く光っているのも良かったね…
自分では、そう思っているのである(偶然だけど)

沙漠で撮った時もそうだった

大きな真っ赤な太陽が沈んでいくの…
随分撮っているが、毎回、絞りを変えながら何枚か撮って、その中から、これかなというのを探すしか方法がないのだ。
本当は、空にもうちょっと、透明感が欲しいのだけれど、僕にはこれが精いっぱい…(笑い)

写真をみながら思った

やっぱり人は、落ち行く姿、滅びゆく情景に美学を感じるのだと…
そう言えば、ハウツーものだったと思うけど、本のタイトルも、誰が描いたのかも忘れたが
「事業というのは、夕陽を見て美しいと思う人はやるべきではない。夕陽を見ても、それがどうしたとい人でなければ成功しない」
そんなフレーズがあって、
僕は事業家ではないな━と、妙に納得したのを覚えている。
若い頃には、お金、たしかに魅力だったけどね、今は、凌げればそれでいいと達観(諦め)している(笑い)。
そう、贅沢よりも自分の時間を楽しめる方が余程魅力的と思っているのに、楽して儲かる話があれば、つい身を乗り出してしまうのは、悲しい性だね…(笑い)
今日も仕事、
今日は歩いて行けるところだから朝が少しゆっくりできる、
そんなささいなことに幸せが感じられる暮らしも悪くないと思っているのは慰めか…

-コラム, 雑記

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

面白い 都会ならではの風景だね、

目次ジャンクショップでみつけた堀だし物気になったら、とりあえず、手元においとく(取材しておく) それは、近い将来に起こる予兆だから… これ、川喜田二郎氏の「創造と伝統(祥伝社)から学んだもの癖のあるレ …

情熱の花は恋の花 赤い花を見て思い出した、ザッピーナツという双子の歌手

目次情熱の花は恋の花この花を見て思い出した、ザッ ピーナツ昭和30年40年代は日本のエポックメーキングの時代ブログは僕の回顧セラピーか 情熱の花は恋の花 ハイビスカスというと、 「ああ、ハイビスカスか …

額縁って面白いね、なんでもいい、あるものに額縁をつければ作品として成立するんだもの

目次写真、それは自惚れの世界だと思うしかし、自由というのは幻想で、ある意味、とてつもなく不自由なことなのである僕も自由に憧れてフリーランサーになったのだけれど…マン・レイの作品に学ぶ 写真、それは自惚 …

この写真 秋というよりオータムといった方が相応しい、そんな気がする

目次秋かオータムか、言葉って、本当に難しい。イヤホンで枯葉を聴きながら写真を撮るブルーノートとは、アッ、また話が脱線しちゃった。 秋かオータムか、言葉って、本当に難しい。 英語で言うか日本語でいうか、 …

トリコグロッチス 蘭 「私のことエンゼルランちゃんと呼んで」

目次この花勝手に「エンゼルランちゃん」と呼ぶことにしたのトリコグロッッチス一応調べてみた今、僕の興味は、花の中のサムシンエルスを見つけること この花勝手に「エンゼルランちゃん」と呼ぶことにしたの 「ウ …

広告


 

名前:クボッチ

写真好き トレンドを中心に書いていきます