コラム 雑記

ウワーッと感動させてくれるんだけど、どこか淋しい冬の夕暮れ

投稿日:

ウワッ なんだこれは…夕陽がとっても美しい

午後3時過ぎに天然温泉のお風呂にゆき、4時過ぎ、笹塚駅の階段を上がってホームに出たら、
なんと、ホームが燃えるように真っ赤…
前を歩いていた女性二人が、いきなり駆け出して、ホームの端に行って、スマホで写真を撮り始めた。
気が付けば、僕も引っ張られるように走っていた。
そう、たまたまこの日は、首に一眼レフをぶら下げていたの。
こういう場面では、構図がどうのこうのなんて、言ってられない。

パッと構えてパッと撮る。モニターを見る。露出オーバーで真っ白。

感度を下げ、絞りを思いっきり絞って、シャッター速度を上げる。
真っ暗な画面の中に赤い太陽がかすかに…
もう一度絞りを調整して撮ったのがこの写真。
偶然、電車が入ってきったので形になった。
どこか淋しくて、郷愁をそそる…
そんな感じの絵になったのが、かえって良かったと思っているのである。

逆光の撮影本当に難しい

逆光、しかも、つるべ落としの太陽を撮っているのだから、本当に難しい
時間とともにというのもあるからね…
線路が赤く光っているのも良かったね…
自分では、そう思っているのである(偶然だけど)

沙漠で撮った時もそうだった

大きな真っ赤な太陽が沈んでいくの…
随分撮っているが、毎回、絞りを変えながら何枚か撮って、その中から、これかなというのを探すしか方法がないのだ。
本当は、空にもうちょっと、透明感が欲しいのだけれど、僕にはこれが精いっぱい…(笑い)

写真をみながら思った

やっぱり人は、落ち行く姿、滅びゆく情景に美学を感じるのだと…
そう言えば、ハウツーものだったと思うけど、本のタイトルも、誰が描いたのかも忘れたが
「事業というのは、夕陽を見て美しいと思う人はやるべきではない。夕陽を見ても、それがどうしたとい人でなければ成功しない」
そんなフレーズがあって、
僕は事業家ではないな━と、妙に納得したのを覚えている。
若い頃には、お金、たしかに魅力だったけどね、今は、凌げればそれでいいと達観(諦め)している(笑い)。
そう、贅沢よりも自分の時間を楽しめる方が余程魅力的と思っているのに、楽して儲かる話があれば、つい身を乗り出してしまうのは、悲しい性だね…(笑い)
今日も仕事、
今日は歩いて行けるところだから朝が少しゆっくりできる、
そんなささいなことに幸せが感じられる暮らしも悪くないと思っているのは慰めか…

-コラム, 雑記

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

電子書籍写真集。いいね、撮ったらやっぱり本だよね。

目次電子書籍 中々いいよね。写真はキレイに見えるし。本作りほど楽しい遊びはない 3冊目の電子書籍写真集 「そら 空 宇宙」 (感じる心を育むために) がアマゾンで販売された。 電子書籍も本なので、グー …

ムクドリ

目次やっぱり、鳥には梢がよく似合う。ぼくらが子供の頃に覚えたのは確か、数量を表したりする時には「つ」に点だった。むくどり、なぜ椋鳥?野川公園 野鳥ウォッチングする人の間では有名な公園なのだとか やっぱ …

写真で絵本を作ってみようと思ってね、絵本、なんとなく楽しいじゃない

目次アクシデントで予定変更、中途半端な時間つぶしの遊びとしてやってみたの今は自分で作った本が世界のマーケットで売れる時代だからやっぱり純正でなければいけないのかねぇ アクシデントで予定変更、中途半端な …

秋陽(しゅうよう)に照らされ キラリと光る カラスウリ

目次しゅうよう(秋陽)か、いい言葉だな郷愁とは、多分、そういうのを言うんだろうね…思い出というのは、もしかしたら、頭の中で編集された記憶…いつまでも忘れられないおばちゃんとの別れ しゅうよう(秋陽)か …

まるで挿花

目次華道、生け花、挿花今回、「挿花」をタイトルに使ったのは、そういうイメージがあってのことなのだけど、写真は読むもの。アッ これはまるで挿花の世界うん、やっぱり写真はムード、雰囲気、アトモスフィアとあ …

広告


 

名前:クボッチ

写真好き トレンドを中心に書いていきます