つれづれ コラム フォトエッセイ

サイレントナイトを楽しむ

投稿日:

静かに夜は更けてゆく

「オッ 今日はおとなしい舞台設定だね」
「クリスマスってね、毎年、お店が暇なのよ」
「クリスマスだから、賑やかと思っていたら違うんだ」
「だって、この日は、家族でしょ」
「そうなんだ、みんな家庭があるものね…」
「サンタクロースやらなきゃいけないものね…」
「なる程、だから“サイレントナイト”なんだハハハ…」
「じゃぁ、もう、お店閉めて寿司でも食いにいこうか」
「そうしようか」

僕が遊んでいた頃の歌舞伎町(僕が行っていたクラブだ)はこんな感じだった。

ボーリング、カラオケ、占い師がやっていた高田馬場のスナック…
夜中になんと焼肉、よく行ったよね(笑い)
そんな生活を続けていれば、そりゃ、心筋梗塞にもなるわね。
両方の瞼の上に出ていたコレステロールの塊、大きな高脂血症、今は手術で取り除いているが直っているわけではない。

おい いい高脂血症の標本がここにあるぞ

倒れて入院した時には、院長回診で
「みんな集まれ、これが高脂血症、いい見本がここにあるよ」
なんて言われたりしてね。
しかし、あれからもう10年以上になるが、薬も飲んでないのに、なんの問題もない。
「エッ なんで薬やめたか」
「だって、あれ飲むと返って調子悪いんだもの… だけど今は、糖尿の薬飲んでいるけどね…」

クリスマスの話からとんでもないところに流れているね(笑い)

そう言えば、昔、ホテルの支配人をやっていた女性(アゲインシングル)がよく言っていた。
「離婚してから、いろんな人と知り合いができて本当に楽しいんだけど、クリスマスとお正月はダメなの。だって家族のある人は、みんなそちらに行くから、誰も遊んでくれないんだもいの」
確かに、今、一人でいると、その気持ちがよくわかる。
孤独は嫌いじゃない。
むしろ好きだが、時折フット、誰かと話したくなる時がある。
友達がよく
「おい、行くか」
そう言って誘ってきていた気持ちがよくわかる。
「なんで、2万も3万も使ってお前を呼び出しているかといえば、やっぱり、寂しいんだよ。しかし、一緒に飲めれば誰でもいいと思うんだけどね、それが、そうはいかないんだ。お前って、本当に不思議な奴だな…」
そう言って、よくご馳走してくれた。
懐かしいね。

昨日が僕の仕事納め

しかし、時間が来れば、つい、起きてしまう。
習慣って凄いと、つくづく思う、
来年に対しての期待、
そんなものは何もないけれど、もう暫くは、元気で、自遊を満喫できればと思うだけ。

はは、今日もまた、何を書いているのか分からなくなってしまった。ハハハと笑ってごまかそう。

-つれづれ, コラム, フォトエッセイ

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

ドラゴンフルーツ

目次外見からは想像できない美味しい果実だった話が横道にそれてしまうのは、僕の悪いくせ、元に戻そう。まさか、東京でドラゴンフルーツの写真が撮れるとは なぜなら僕は写真コレクターだから…そう、失われた光景 …

一枚の写真には、数万語におよぶ記憶が書き込まれている

目次ビギナーズラックカメラを持ったのは、この時が初めて、その時 撮った写真でいきなり受賞コンテンポラリフォトグラフィーの時代今まさにこの瞬間を「私は写真家の久保と結婚したのであって、ビジネスマンの久保 …

電子書籍写真集。いいね、撮ったらやっぱり本だよね。

目次電子書籍 中々いいよね。写真はキレイに見えるし。本作りほど楽しい遊びはない 3冊目の電子書籍写真集 「そら 空 宇宙」 (感じる心を育むために) がアマゾンで販売された。 電子書籍も本なので、グー …

オオムラサキ、日本の国蝶、理由は発見したのが、日本が最初だったから

目次発見されたのが日本だったということで、日本の国蝶に。発表する場があるということは、それだけで楽しいことなんだよね働きながら、自由を愉しむ環境に居られることの幸せ 夏の一時期しか見られない蝶々なのだ …

冬の夕暮れの光線がつくり出した風景

目次冬は、光線が美しい光と一口に言うが、いろんな種類の光があるのだ風景も瞬間を狙うと、本当に忙しい撮影なのだ沙漠の太陽はなかなか沈まない 冬は、光線が美しい 夕方の午後3時頃かな、 ちょっと低い位置か …

広告


 

名前:クボッチ

写真好き トレンドを中心に書いていきます