つれづれ コラム フォトエッセイ 写真エッセイ 雑記

お地蔵さん 

投稿日:2020年12月31日 更新日:

なんとなく、なんとなく、なんとなくで撮らされた写真。

何か、感じたんだろうねぇ…
だけどそれが何なのかよく分からないのだけれど…
でも、こうしてキチンと仕上げすると、OHと思う。
そういう感覚って、一体、何なんだろうね…

「一体、何を言ってんだ、お前、大丈夫か」

「だよね、だって、僕も何を言っているのか、何がいいたいのか分からないのだから(笑い)」
でも、何かがはあるんだ、心の底の底に…
だけど、捕まえられないから困っているのだ…
実はこの写真、
深大寺植物園の裏というか、植物園が休園だったので、あてもなく歩いていて遭遇した風景なんだけど、気になってシャッターをきったの。
写真をじっと見ていると、
「お地蔵さんが行列して、こちらに来ている」
こちらと言うのは、深大寺がある方向で、もう目と鼻の先。
「そうか、お正月だから、来たんだねきっと」
そう考えると、なんとなく納得できる、そのように思うのである。

明日はお正月で新年なのだ。

アラマァー で、調べると、来年は丑年、
エッ ということは、僕は年男。
なんと、6回転、
昔で言えば長寿じゃん。
振り返ってみれば、
いい人生だったと自分では思うが…(まだ終わってはないけど笑い)
「…」

そんなことを考えていたら、賑やかだった、子供の頃の正月が思いだされた。

懐かしいねぇ、12月31日大晦日、そして正月、親戚が皆あつまって、叔父貴の友達などもいっぱい来て、俄かに宴会が始まるの。
こうなると、居間では間に合わなくなるから、座敷の襖をパット開けて大宴会。
歌あり踊りあり、みんな遊び人ばっかり…
そして興がのると爺さん(母の父)も、ズボンを裏返しに履きなおして、日本手ぬぐいでほっかむりをしてどじょうすくいだ。
今思うと、あの腰つき、相当場数を踏んでなければできない踊りだったなと(笑い)…
そして、誰かが、即興で上の句を詠む。
それに対して、用意された紙にそれぞれが下の句をつけ、その下の句を誰が詠んだかを当てっこする、そんな遊びなども記憶に残っている。
だから、正月というのは、楽しいものだという風に思っていたのだけれど、僕が大人になるにつれて、だんだんとそういう遊びがなくなっていった。
なぜなんだろう…

理由はやっぱり、家を支える大黒柱の存在、爺さん、それほどは大きな存在だったと、つくづく思う。

そんなことを思い出しながら、一人部屋に籠って、暇つぶしに、こうしてブログを書いている…
何とも寂しい大晦日だな━と、思うと、懐かしさと寂しさが混同して、涙がポロリと流れてしまった。
父親を早くに亡くして、母親の実家で僕は育ったのだけれど、
「あの家で大きくなって良かった」と、姉に言うと、
「私もそう思う」と。
その家も、平地にするらしい。
淋しいね…
淋しいけれど仕方がないね…
僕たちの家ではないけれど、あの家があったから…という、いろんな思いでのつまった家…
そういうことを意識しながら撮ってまとめた写真エッセイ集、
「ノスタルジックジャーニー」(電子書籍)が年明けには発刊できるという知らせが「まめしば書房」さんから来た。
この本は、僕にとってはかけがえのないもの。
こうして本にしておけば、記録として残るから…
出来上がりを楽しみにしているのである。

-つれづれ, コラム, フォトエッセイ, 写真エッセイ, 雑記

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

グミの実 不思議な果実 ちょっと酸っぱくて甘くておいしいのに販売用栽培はないらしい

目次なんとなく郷愁を誘う果実グミ赤い実を見ると思いだす甘くて酸っぱくてちょっと渋い独特のあの味昨日は元スタッフの女性にきてもらって、久々の喧々諤々 なんとなく郷愁を誘う果実グミ 梅雨時に赤い実が目に飛 …

アンデスメロン 冷凍しただけでとっても美味しいメロンシャーベットに

目次外はカチカチだけど、中は美味しいメロンシャーベット冷凍って、カチカチにして保存するだけだと思っていたら、おいしさが増すんだ冷凍すると、なぜ美味しくなるそう言えば焼き芋、冷凍して食べたことがあったア …

メラストマ ノボタンと言われても、アッそうと言うしかないんだけれど、色がいいよね

思うに、帯とは、動くシルクのキャンバスで、帯こそ芸術と僕は思っているのである。
着物を着るというのは、職人が精魂込めて作った芸術を、よりよく見せるためのモデルとなるわけだから、そりゃ覚悟がいるよね。
こういう人にお酌をされながら、
「信州信濃の新蕎麦よりも わたしゃあなたのそばがいい」なんて言われたりすると、そりゃもう黙っていられなうなるよねぇ(笑い)

茄子・南瓜の煮物といっても、チンで作る簡単料理だけど美味しい

それにしても、料理って、たまに作るととっても楽しい。
これこそクリエイティブの世界、物作りの楽しさだなと、いつも思うのである。
だって料理を作っていると、いつのまにか「無の境地」に入り込んでいて、気持ちがいいんだもの。
何かに集中していると、いつの間にか全てを忘れて無の境地へ。
これを「三昧」というのだそうだが、体験から言葉の意味を考えると、
「ああ、そういうことか」と、よく分る

ナマハゲムーン 秋田県で開発されたダリアらしい

目次ナマハゲとは月の写真随分撮った。でも今のように簡単ではなかった赤から黄色にそして透明になって天高くに舞い上がるのである ナマハゲムーンというのだそう。 調べて見ると、秋田県で作られたダリアで、平成 …

広告


 

名前:クボッチ

写真好き トレンドを中心に書いていきます