つれづれ コラム フォトエッセイ 写真エッセイ 雑記

カワセミ

投稿日:

エー 公園まで取り上げられたら、どこで遊ぶんだよ…

写真を撮り行こうと思っても、国営、都営の公園が閉鎖になっているから、何処にも行けない。
電車、参拝はOKで、なんで公園がダメなの…
理屈に合わないんだけれど、
自分たちは何をやってもOKで庶民はダメ、それで何かの手を打ったつもり…
「いいかげんにしろよな」と声をあげたくなるけれど、そこはグッとこらえて、行けそうなところを探す。
で、「あそこなら」と、いうところを思い出して行ったら、なんとなんとなんと、カワセミが出迎えてくれたの。

こういう時には、とりあえずシャッターを切る。これ鉄則

そうしてから、ディスタンスを変えてもう一枚。
だけど、ちょっと遠い。
コンバータを着けなければ━とリュックを降ろし、手を入れて探すが、それらしき感触がない。
鳥を気にしながらリュックの蓋を全開にして探すがない。
「しまった」
忘れてきたんだと諦めて、カメラを構えたところで、鳥さん、ヒューと飛び立ってしまった。
一度飛び立つと、なかなか帰ってこない。
諦めて、モニターを確認すると、そんなにバカデカイ画像にする分けではないし、大丈夫、そう思って、その場所を離れたのだった。

本当にバカだな、大事なところで大事なものを忘れている。よくそれで仕事ができてたよと(笑い)

そう言えば、フイルムを忘れて、ラボに電話して届けてもらったことがあった。
レンズを忘れて、カメラ屋に飛び込んだら、スタンダードのレンズはあるのだけれど、サイフを見たら、お金が足りない。カードは扱ってないという店で、名刺を出し、事情を説明して、後でお金を送ったこともあった。

正気ではなかなか出来ないことも、必死になると、なんとかなるから不思議だよね。真剣さは、やっぱり伝わるらしい、本当に本当に本当に、いろんな経験をさせてもらったよ(笑い)。

青島では、マッサージに行って、飛行機のチケットを落とし、飛行場に行き、クレジットカードでチケットを購入し、サインをするためにボールペンを持ったところに電話が来て、出ると、
エアーチケットあったよという知らせ。
あの時は、本当に驚いた。

そんなことを書きだすと、あまりにも沢山ありすぎて、「よく生きてこれたよな」と言われそうだけど、本当にそうなのである。

正月からまた、嫌なことを思い出したね(笑い)
でも、大丈夫、こんな僕でも、ちゃんと生きてこれたんだから…
そう言えば、鷺宮の蕎麦屋
(店のつくりは大したことないんだけどね、肴も酒も、ここ、とっても美味しいの。まさに蕎麦屋の酒だね)
に知り合いと行って、支払いをしようかと思ったら、ゼンゼン足りないの。
カードは使えるかと言ったら、カードは扱ってないと。
「じゃあ、この人、人質に置いてセブンイレブンまで行ってくるから」
そういうのもやったことがある。
懐かしいねぇ…

なんだか今回は、嘆きの壁のレポートみたいになっちゃった。

しかし、そういうのも僕にとっては、貴重な思いで。
先日、阿佐ヶ谷の「茶とあん」(同郷の人がしているお店)で、居合わせた若い女性と意気投合してブログなど見せていたら
「物を書くって、恥ずかしくないんですか…私、なんか恥かしくて」と。
「ハハハ、そんな感覚、とっくになくなっちゃった。でも、考えてみたらそうだよね…余程の厚顔でなきゃ、こんなことできないよね、カラオケだってそうだよね、余程の厚顔でなきゃ、人前で歌なんか歌えないよね…」
不意をつかれた質問で、狼狽えてしまった(笑い)

 

-つれづれ, コラム, フォトエッセイ, 写真エッセイ, 雑記

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

東に鳥と書いてツグミ(鶫)冬に日本にきて春に去っていく渡り鳥、古くは跳馬とも呼ばれていたらしい

目次ツグミ「冬にきて春に去っていく…」(渡り鳥)コロナで公園に行けないから、すっかり鳥の写真にハマってしまった。 ツグミ 名前の由来は、冬、鳴かない、口をつぐむというのでついたネーミングとか。 かつて …

脳にも休養必用なんだってね、君にはいらないと言われそうだけどね

普通の人は、休みというと、寝る、ボーとするという人が多いようだが、スポーツ選手の休日は、積極的休日といって、例えば、マラソン選手であれば、タイムを設定しないで、リラックスして走るを楽しむなどして、ノンビリと過ごすのである。
だって、経験あるでしょう、グッと休んでしまうと、休み明けの出勤がきつくてつらいよね、あれと一緒。だから、出来る限り僕も、積極的休日という形をとることにしているの。

レッドジンジャーからまた次次といろいろな思いでが…

目次なんか、子供むけのアニメのタイトルみたい。じゃあ、レッドジンジャーっていったい、何なの。「一日だけの恋」というのが、花言葉。ロマンチックという言葉に触発されて「君は何をしてきたか…」 「レッドジン …

シャムの舞姫、グロッパ・ウイニティーショウガ科の花らしい

目次「シャムの舞姫」江戸時代末期、この国で活躍した日本人がいるひとつの花から、思わぬ歴史の話が、面白いね 「シャムの舞姫」 これといって特徴はないのだけれど、なんとなく惹かれると思ったら、そうなんだ、 …

冬の陽の光がつくるアートが素晴らしい

目次いいよね、575、何はなくても、それらしくしてくれる文章で大切なのはリズム…書き出しこそ文章の命 だって書き出しが悪かったら誰も読んでくれないもの文章、あれは麻雀と一緒なの いいよね、575、何は …

広告


 

名前:クボッチ

写真好き トレンドを中心に書いていきます