つれづれ コラム フォトエッセイ 写真エッセイ 雑記

カワセミ

投稿日:

エー 公園まで取り上げられたら、どこで遊ぶんだよ…

写真を撮り行こうと思っても、国営、都営の公園が閉鎖になっているから、何処にも行けない。
電車、参拝はOKで、なんで公園がダメなの…
理屈に合わないんだけれど、
自分たちは何をやってもOKで庶民はダメ、それで何かの手を打ったつもり…
「いいかげんにしろよな」と声をあげたくなるけれど、そこはグッとこらえて、行けそうなところを探す。
で、「あそこなら」と、いうところを思い出して行ったら、なんとなんとなんと、カワセミが出迎えてくれたの。

こういう時には、とりあえずシャッターを切る。これ鉄則

そうしてから、ディスタンスを変えてもう一枚。
だけど、ちょっと遠い。
コンバータを着けなければ━とリュックを降ろし、手を入れて探すが、それらしき感触がない。
鳥を気にしながらリュックの蓋を全開にして探すがない。
「しまった」
忘れてきたんだと諦めて、カメラを構えたところで、鳥さん、ヒューと飛び立ってしまった。
一度飛び立つと、なかなか帰ってこない。
諦めて、モニターを確認すると、そんなにバカデカイ画像にする分けではないし、大丈夫、そう思って、その場所を離れたのだった。

本当にバカだな、大事なところで大事なものを忘れている。よくそれで仕事ができてたよと(笑い)

そう言えば、フイルムを忘れて、ラボに電話して届けてもらったことがあった。
レンズを忘れて、カメラ屋に飛び込んだら、スタンダードのレンズはあるのだけれど、サイフを見たら、お金が足りない。カードは扱ってないという店で、名刺を出し、事情を説明して、後でお金を送ったこともあった。

正気ではなかなか出来ないことも、必死になると、なんとかなるから不思議だよね。真剣さは、やっぱり伝わるらしい、本当に本当に本当に、いろんな経験をさせてもらったよ(笑い)。

青島では、マッサージに行って、飛行機のチケットを落とし、飛行場に行き、クレジットカードでチケットを購入し、サインをするためにボールペンを持ったところに電話が来て、出ると、
エアーチケットあったよという知らせ。
あの時は、本当に驚いた。

そんなことを書きだすと、あまりにも沢山ありすぎて、「よく生きてこれたよな」と言われそうだけど、本当にそうなのである。

正月からまた、嫌なことを思い出したね(笑い)
でも、大丈夫、こんな僕でも、ちゃんと生きてこれたんだから…
そう言えば、鷺宮の蕎麦屋
(店のつくりは大したことないんだけどね、肴も酒も、ここ、とっても美味しいの。まさに蕎麦屋の酒だね)
に知り合いと行って、支払いをしようかと思ったら、ゼンゼン足りないの。
カードは使えるかと言ったら、カードは扱ってないと。
「じゃあ、この人、人質に置いてセブンイレブンまで行ってくるから」
そういうのもやったことがある。
懐かしいねぇ…

なんだか今回は、嘆きの壁のレポートみたいになっちゃった。

しかし、そういうのも僕にとっては、貴重な思いで。
先日、阿佐ヶ谷の「茶とあん」(同郷の人がしているお店)で、居合わせた若い女性と意気投合してブログなど見せていたら
「物を書くって、恥ずかしくないんですか…私、なんか恥かしくて」と。
「ハハハ、そんな感覚、とっくになくなっちゃった。でも、考えてみたらそうだよね…余程の厚顔でなきゃ、こんなことできないよね、カラオケだってそうだよね、余程の厚顔でなきゃ、人前で歌なんか歌えないよね…」
不意をつかれた質問で、狼狽えてしまった(笑い)

 

-つれづれ, コラム, フォトエッセイ, 写真エッセイ, 雑記

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

あつもり「あつまれ森の動物たち」ゲームがなぜ人気なのかについて調べて分かったことは

目次自然はいいなといいながら、やっぱり文化的生活がいいんだね特に、今のようなコロナ禍で動けない状態になると、気持ちの切り替にゲームは理想写真は、白黒エリマキザル、なんかちょっとコワイ感じだけど、なんと …

菊 仮寝の夢 

目次なんで今頃 菊時の動きって、それ程速いということを、身にしみて感じるよ。この菊、「仮り寝の夢」というタイトルがついているのところで、「仮寝の夢」とは、どういう夢なんだろうとタブレットに打ってみたら …

ぼくのアロマセラピーハッカが喉を刺激する感触と香りの清涼感で最高のリフレッシュを味わう

目次香り アロマセラピー そんなの気持ちの問題よ。そう思っていたのだが、気持ち、とっても大事だった年をとると、思考も似合うものも変わってくるんだね自分のスタイルというのができると、それが自信につばがっ …

サンゴアナナス まるで海の中にいるみたい

目次サンゴアナナス「海の中…」うん、あれはねぇ、アナザーワールド、 もう一つ別の世界だね。ボルネオで、海底の地形を改めて認識サンゴは、海の中で撮れる宝石(?)サンゴアナナスは、パイナップル科の植物 サ …

美しく老いる、そんなタイトルをつけてみた

目次老いを美しく…ワンウエイの人生では、老いていくのは、当然のこと「おいくつですか」「ハハハ 幾つにみえますか」昨日、団子屋であった女性も明るくて素敵なひとだった気持ちも大切だけど、ケアも大事を知る …

広告


 

名前:クボッチ

写真好き トレンドを中心に書いていきます