discover essei photo

写真を愉しむ 気が付けば 光線がガラリ変わって秋陽射し

投稿日:

季節の変わり目を、あなたはなんで知りますか…

やっぱり彼氏、彼女の心…
気温…
野菜や果物…
いろいろあるけれど、
僕はやっぱり光線
秋の日差しは独特で、低い位置からピっと斜めに差し込んでくる鋭い光…
まさにそれはスポットライト…

秋の日差しは詩心誘う

華やかなんだけど、ちょっと憂いを感じさせる黄昏の黄色い光は、
できもしないのに、
つい心を詩人の心にしてしまう
「秋の日のヴィオロンのためいきの 身にしみて ひたぶるに うら悲し」(ベルレーヌ 上田微敏訳)
いいよねぇこの詩つい思い出す青春時代…
…イメージを抱きながら…

昨日、早朝にに知り合いの素敵な女性からlineに電話が

今はブラジル(サンパウロ)の裏千家センターを夫婦で…
電話に出ると
「今 私、日本に来ているの半蔵門のホテルに泊まっているの、夕方会えるかなぁ」と、
勿論OKを出して、昨日、久しぶりに…
ちっとも変ってなかった
相変わらず素敵だった、

僕は彼女からいろんなことを学んだの

彼女は才女
文章もうまいし、好奇心旺盛で、その頃から
「外国に日本の文化を紹介する」という夢をもっていた
ジャズが好きで、
吉祥寺のファンキー(ジャズ喫茶)よく行った
物の見方
考え方…
いろんな刺激を彼女から学んだ
ブラジルには僕は2回行っているのだけれど、
その時も随分とお世話になった。
パンタナルの撮影でも随分お世話になった。
今回はJAICAの関係の会議で来たらしい…
それでも僕のことを忘れずに…
嬉しいねぇ…
昨日は2時間くらいの短い時間だったが、楽しかったし、嬉しかったし…
いいねぇ懐かしい友達
嬉しいねぇ…
本当に本当に本当に…
断片的だけれど、50年以上…
「写真集般若心経」「そら空宇宙」(編集発行まめしば書房 Kindle Amazon)2冊もってくれているのだけれど、
「あれは素晴らしい」と
本当に嬉しい
素晴らしき友達 
素晴らしき仲間 
そして素晴らしき先生
そして今もなお憧れの人
本当に本当に本当に素晴らしい再会だった…

-discover, essei, photo

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

秋の光り、秋光(しゅうこう)、秋の日差しを楽しむ

秋の黄昏時、何も考えないで、光(秋光の)写りゆく様子を楽しんでいるの、好きなのである。
同じ夕暮れでも、春には春の風情があり、夏には夏の強烈な風景があり、秋には秋の印象的風景の演出というのがあって心に沁みる。

バラが今は旬なんだね 花はなぜ美しいのか 気になったので調べてみた

「植物にとってのデザインとは色や形、
匂いを含め他者を誘惑するためのものなのだ。
しかも花と虫の関係を見ると、
両者は牧歌的な共存関係を築いているようだ。
うらやましい話だが、
そのあたりに「美」の本質はあるのかもしれない」

うつ病と森の関係、人間が健康な生活を営む上で森は極めて重要

森林浴、ドンドンやらなければ
僕も、「地球の緑を育てる会」のメンバーとして、中国の沙漠の緑化活動、さらにはアマゾン(ブラジルベレンの宮脇の森」ボルネオの森などいろんな所の森を見て歩き、森づくりをするボランティアの人たちの写真を撮った。
地球の肺と言われるアマゾンの森の減少、ボルネオの森も縮小され、中国では砂漠化がドンドン進んでいる。
調査報告を見るまでもなく、森、緑の大切さは知っていたが、人間の精神にこれほど影響しているとがと、改めて驚かずにはいられない報告。
森林欲、やっぱり意識しているという報告は、驚かずにはいられなかった。
近年のこうした研究により、
自然の中で過ごすことは脳卒中での生存率が上がったり糖尿病のリスクが下がったりといった健康面でのメリットや、幸福度を向上させる効果があると判明しているらしい。

なんか変 やっぱり見慣れた風景が望ましい

見慣れた雰囲気というのが無難
そのように思っているから
このケチャップのボトルには違和感を感じるのである。
もしかしたら
使う人の立場になって
冷蔵庫に格納するのに、
読みやすくしていた方がいい…
そういう配慮があってのことなのかも知れないけれど、
「いらないお節介」と
僕は思ってしまったのである(僕個人としってはだけど)
しかし しかし しかし
考え方だから
「アイディアだよね 助かったわ」という人もいるかもしれないので、なんとも言えないけれどね…

スマホカメラで撮影、道具として十分使えるということが分かった

高齢者の楽しみとして、経験(写真を上手く見せるコツ)を文字にする
スマホカメラを使いながら、写真を始めた頃のことを思い出しながら、写真をうまく見せるコツ(気が付いたこと)を少しづつ書いていくのもまた楽しい。
高齢になると、何をやっても楽しいのはまさに子供、
こうして書いたことが、一言でも、「ああ、そうか」と、受け止めてもらえれば、とても嬉しい。
いつまで続けられるか分からない連載だけど、とにかくやって見よう、楽しみとして

広告


 

名前:クボッチ

写真好き トレンドを中心に書いていきます